よくある質問

インプラント治療に掛かる期間は?

鈴木 博也 歯科 医師

骨の硬さなど個人差も大きいのですが、通常、インプラントを骨の中に埋めてから最短6週間~数ヶ月放置します。インプラントが完全に骨と癒着したのを確認した後、上部セラミック作製となります。早ければ、インプラント埋入からセラミックをセットするまで2ヶ月以内で終了します。ほとんどの方が、このくらいの期間となっております。

歯槽膿漏(歯周病)がひどく、歯がぼろぼろの状態ですがインプラント治療は可能でしょうか?

鈴木 博也 歯科 医師

歯周病がひどい場合にはインプラント治療はできません。歯周病とは、骨が溶けて痩せていってしまう病気ですので、インプラントを植え込むだけの骨の量が確保できない場合も多くなります。歯周病治療が終了した段階で、骨の少ないところに骨を増やす手術を行ったうえでインプラント治療が行える場合もありますので是非一度ご来院ください。

インプラント治療終了後他の歯科医院で受診は可能ですか?

鈴木 博也 歯科 医師

はい、可能です。通常の虫歯治療等、一般の歯科医院を受診していただくことにはなんの問題もございません。ですが、当院以外の第三者が、当院施術のインプラントやセラミックインレー等を破損しますと、当院の無料保障が無くなり、破損した人の責任となりますのでご注意ください。他院での治療時に、事前にこの旨をお伝えください。

歯茎が痩せてしまい、歯に隙間もあるため、笑うことにとても抵抗があります。歯を入れ替えることなんてできるでしょうか?

鈴木 博也 歯科 医師

歯を入れる治療には、インプラントだけではなく、セラミックや義歯等、様々な方法があります。現在の状態によって適切な治療方法は異なり、それによって通院回数や費用も違ってきます。笑った時にキレイな笑顔を取り戻すために、丁寧な診察の上でその方に合った最適な方法と治療計画をご提案いたしますので、一度ご来院ください。

インプラント治療をしたいのですが費用はいくらかかりますか?

鈴木 博也 歯科 医師

通常、1本のインプラントに対し1本のセラミックの歯、ということになりますが、大きく歯を失ったスペースに対し、骨の状態が良い場合に2本のインプラントを埋入して、そこに3本のセラミックブリッジを作製するような場合もあります。これら治療のプランは、その症状によってまったく異なりますので、詳細はご来院いただいた際のカウンセリング時にご相談ください。

6ヶ月定期検診は必ず受けなければいけませんか?

鈴木 博也 歯科 医師

もちろん、6ヶ月(3ヶ月)検診は強制的なものではありませんが、歯は毎日使うものですので、噛み合わせや歯ぎしりによる破折等のチェックが必要です。また、最近ではインプラント治療後のメンテナンスを怠ると、インプラント周囲炎といって天然の歯が歯周病になるのとまったく同じような症状が出ることが知られています。からだの病気と同じで早期発見が後々のためには良いので、当院では、定期的な検診を強くおすすめいたします。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • 歯科専用フリーダイヤル 0120-4180-86 電話受付時間 9:30~19:00(歯科直通:東京 03-3583-9244/大阪 06-6372-5518)
文字サイズ
小 中 大