義歯・入れ歯

審美性と機能性を兼ね備えたデンチャーで
快適な毎日を

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

施術の流れ

1型どり

お口の中を精査したのち、シリコン印象材を用いて精密な歯型をとります。

保存不可能で抜去しなければならない歯がある場合等には、カウンセリング時にとった歯型を用いて、あらかじめ、抜歯後すぐに使用可能な、即時義歯とよばれる仮の入れ歯を準備しておき、お使いいただきます。抜歯した部分の歯ぐきがキレイに治った後に精密な型取りを行います。

2かみ合わせの位置(高さ)を決めます

古い入れ歯を使用していた際の噛み合わせの高さを参考にしたりすることにより、噛み合わせの高さを決定します。

3試適

人工歯が、ある程度自由に調節可能な、完成一歩手前の義歯を用いて、噛み合わせの状態や、歯の大きさ・色等を確認していただき、必要であれば、調整や修正を行います。

4完成

完成した義歯をお口の中で合わせてみて、あたって痛いところなどを微調整して終了です。