特徴

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。


リフトの手術診察風景

ミニリフト(頬のたるみ取り)の特徴

頬やこめかみ、口もとなどの「部分的なしわやたるみが気になる!」という人におススメなのが『ミニリフト』。通常のフェイスリフトよりも傷口が小さく、術後の腫れも少ないのが特徴です。
手術は、傷跡がちょうど髪の毛に隠れる部分(耳の前の軟骨に沿った部分)を3~4cm切開し、後ろに引っ張ってしわとたるみを伸ばすというコンパクトな方法。結合させる部分を丁寧に縫い縮めた後、残った皮膚を切り取って縫合します。施術時間は約1時間。傷跡は髪の毛に隠れるので、周りに気づかれる心配もありません。


耳の前の目立たない部分に小さな切開をし、頬のたるみを引き上げます。
傷跡はほとんど分からなくなります。

今までのフェイスリフトから、さらに効果をアップする「リガメント法」


上の図の×印がリガメント(靭帯)

もともと、顔の皮膚は、顔の靭帯であるリガメントという強固な繊維組織により固定されています。それは耳下腺の前縁と咬筋の前縁、頬骨の前方外側の限られた部分にあり、このリガメントのある部分は、リガメントが骨に皮膚を強く固定しているため、たるみにくいのですが、リガメントのない部分の皮膚は土台となる組織との癒着が弱く、垂れ下がりやすくなります。

フェイスリフトにもさまざまな種類がありますが、中でもリガメントを支えに引き上げるリガメント法は効果的です。従来のSMAS法などのフェイスリフトに比べ、持続期間が長くなったほか、これまで難しかった法令線や鼻、口もとの横のシワやたるみに確実な効果をもたらします。
耳前部で余った皮膚を切断することで、目尻の皺を解消し、目尻で眼輪筋を処理。また眼輪筋を引き上げることで、下瞼などのたるみに対処。さらに頬の咬筋前縁や頬骨に付着するリガメントを切断することで、頬、顎のライン、首のたるみを引き上げることができます。

リガメント法のメカニズム
  • 皮膚がたるむと凹みも発生
    老化で皮膚がたるむことで、リガメントで固定されている皮膚が凹みます。
    リガメント法では、耳前部で皮膚を切り取り、頬のたるみを引き上げることで、皮膚の凹みを解消します。
    しかし、ただ皮膚や筋膜(SMAS)を引っ張るだけでは、リガメントが抵抗になってたるみを引きのばすことができません。
  • 引き上げ効果を高める
    フェイスリフト効果を高めるためには、リガメントを切断する必要があります。
    リガメントを切断することで、口角や法令線にまで引き上げる力が届くようになります。
  • 後戻りの心配もなし
    皮膚や筋膜(SMAS)は、のびやすい分、後戻りもしやすい組織です。
    しかし、リガメントは皮膚や筋膜(SMAS)とは比べ物にならないほどしっかりした硬い組織なので、リガメントを利用して、たるみを引き上げると、後戻りがありません。
  • リガメントを利用して、広範囲のたるみを一気に解消
    強固なリガメントを利用するリガメント法では、皮膚を骨に固定しているリガメントをはずし、そのリガメントをリフトのアンカーとすることで、広範囲の皮膚を引き上げられます。
    また、従来のフェイスリフトのように、耳前部で皮膚を強く引き上げる必要がないので、傷の治りがきれいで、耳の変形が起こりません。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 部分的なしわやたるみを改善したい
  • 切開部をなるべく少なくしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

ミニリフト(頬のたるみ取り)


(1ヶ月後)

高須幹弥医師からのコメント
60代女性の患者様で、若返りビューティー目的で来院され、特に法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみを気にされてました。
この方は、「変わりすぎてバレてもいいので、しっかりと若返りビューティーたい」「切ることに抵抗はない」「1週間くらい腫れても大丈夫」ということだったので、ウルセラやサーマクールなどの照射系治療やイタリアンリフトやゴールデンリフトなどの糸のリフトではなく、切るリフト手術を希望されていました。
頬のたるみに対する切るリフト手術は、ミニリフト、ミディアムリフト、フルフェイスリフトの3種類ありますが、一番マイルドで腫れが少ないミニリフトをすることになりました。
術後は、法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみが改善し、フェイスラインがすっきりしたのがわかっていただけると思います。
私はいつもミニリフト、ミディアムリフト、フルフェイスリフトをするときは、ただ単に皮膚を引っ張るだけでなく、リテイニングリガメントという靭帯を外して再固定し、合わせてSMASの引き上げ固定をするので、最大限の若返りビューティー効果があり、効果も半永久的に持続します。

ページトップへ戻る

フェイスリフト系手術の比較

ミニリフト、ミディアムリフト、フルフェイスリフトでは、切開する範囲と、効果のある範囲が異なります。
たるみの状態や範囲、お悩みなどを専門医が丁寧にカウンセリングしたうえで、施術を決定します。

  ミニリフト ミディアムリフト フルフェイスリフト
施術時間 60分 約90分 約120分
麻酔 局所麻酔
(静脈注射か全身麻酔)
局所麻酔
(静脈注射か全身麻酔)
局所麻酔
(静脈注射か全身麻酔)
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり) 強い腫れは約1週間
(個人差あり)
強い腫れは約1週間
(個人差あり)
効果のでる範囲 (+)
こめかみ、頬、口もとなどに
ピンポイントに効果あり
(++)
こめかみ、頬、口もとの
広い範囲に効果あり
(+++)
こめかみ、頬、口もと、
首にかけての、ほぼ顔全体の
たるみに効果あり
リフトアップ効果 部分的なしわやたるみが
解消され、効果あり
顔全体の肌が引き締まり、
効果あり
顔全体の広い範囲の肌が
引き締まり、高い効果がある
効果の持続 半永久的に効果あり 半永久的に効果あり 半永久的に効果あり
料金 ¥600,000 ¥900,000 頬・アゴ/¥1,200,000
額/¥1,000,000
顔全体/¥2,200,000

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 60分
術後の通院 1回
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能
■術後の包帯について

私(高須幹弥)の手術に関しては、ミニリフト、ミディアムリフトは、手術した当日、耳の前の傷跡に軽くガーゼ当てておくだけで、フルフェイスリフト、額リフトは、手術当日、ガーメント(包帯のようなもの)でフェイスラインを圧迫していただきます。
ミニリフト、ミディアムリフトは、術後に強い圧迫は必要ないため、包帯でぐるぐる巻きにしたり、ガーメントをする必要はなく、耳の前の傷跡に軽くガーゼを当ててテープで留めておくだけになります。1日ガーゼを当てておき、翌日には外していただいて大丈夫です。
フルフェイスリフトは、手術後24時間は、側頭部~耳の前~耳の後ろの傷跡を軽く圧迫しておいたほうが、腫れが早く引き、回復も早いため、ガーメントを装着していただきます。
翌日にはガーメントを外していただいて大丈夫ですが、手術後数日は、ガーメントはしておいたほうが腫れが早く引きます(24時間ずっとつけっぱなしにしなくても良いので、家にいる間、つけれるときにつけていただくとよいです)。
額リフトは、手術当日は額の傷跡にガーゼを当て、ガーメントもしていただきますが、翌日にはガーゼもガーメントも外していただきます。
ミニリフト、ミディアム、フルフェイスリフト、額リフトでも、術後は、帽子やスカーフなどでガーゼやガーメントを隠してお帰りいただくことが多いです。帽子やスカーフなどは、ご自分で準備していただいてもよろしいですが、クリニックでも準備しているので、必要があればお貸しさせていただきます。
ちなみに、こめかみリフト、ポニーテールリフト、イタリアンリフト、イタリアンリフトファイン、ゴールデンリフト、ウルトラVリフト、バッカルファット除去などの手術の後は、ガーゼを当てたり、包帯でぐるぐる巻きにしたり、ガーメントをする必要はありませんので、ご安心ください。

■術後のダウンタイム、メイク、洗顔について

ミニリフト、ミディアムリフトに関しては、術後に腫れるのは主に耳の前であり、目、鼻、口などの顔の真ん中はさほど腫れません。
また、メイクは、耳の前の傷以外の部分は、手術翌日には可能です(手術当日でも、アイメイクや口紅などはできなくはありません)。
洗顔に関しては、手術当日、手術翌日、手術後2日目の3日間は、なるべく傷跡は濡らさないようにしていただけば、洗顔フォームや石鹸を使ってしていただいても大丈夫です(手術後3日目からは傷跡を含め、洗っていただいても大丈夫です)。
そのため、耳の前の傷の辺りを髪で軽く隠せば、手術翌日でも人前に出ることは可能です(サイドを刈り上げている髪型の場合は傷を髪で隠せないこともあります)。
ただし、術後1週間くらいは、顔が少し突っ張っている印象があるので、至近距離(2m以内)で人と顔を合わせると、「この人、顔が突っ張っていて、なんか不自然だな?」と思われる可能性があります。
そのため、仕事に復帰するのは、抜糸が終わった1週間後くらいが無難です。
ただし、人とあまり顔を合わせない仕事の場合や、手術したことが周りの人にバレていい場合、手術することをカミングアウトしていた場合などは、激しい肉体労働でなければ、手術後2日目(手術翌々日)くらいに職場復帰しても大丈夫です。
フルフェイスリフトに関しても、顔の真ん中はほとんど腫れず、主に腫れるのは耳の前と耳の後ろです(メイクや洗顔に関しても、ミニリフトやミディアムリフトと同様です)。
ミニリフトやミディアムリフトに比べると、多少腫れが強いですが、手術したことが周りの人にバレていい場合は、激しい肉体労働でなければ、手術後3~4日目くらいには職場復帰しても問題ないことが多いです。
私(高須幹弥)に関しては、術後1週間で全て抜糸するため、激しい肉体労働でなければ、1週間後には普通に職場復帰しても大丈夫です。

■術後の洗髪について

リフトアップ手術は、全て、皮膚を切開する手術です。
この手術をした後は、抜糸するまでの間、縫合した糸が傷跡についています。
私(高須幹弥)に関しては、どの手術も、1週間程度で全て抜糸しますが、手術する医者や手術術式によって抜糸するまでの期間が異なることがあるので、詳しくはカウンセリングのときにお聞きください。
手術当日、手術翌日、手術後2日目の3日間は、首から下のシャワーを浴びる際や入浴をする際、なるべく傷跡は濡らさないようにしていたただきます。
絶対に濡らしてはいけないとか、濡らすと取り返しのつかないことになるというわけではないので、もし、傷跡が濡れてしまったら、タオルで軽く水気をとって乾かしてもらえば大丈夫です。
手術後3日目からは、シャンプーを使って洗髪していただいて大丈夫です。
ただし、傷跡をゴシゴシ強く擦ると、創部に負担がかかり、痛みや腫れが出てくることがあるので、傷跡は軽く指で撫でてすすぐくらいにしておいてください。
抜糸後は、抜糸した当日からシャンプーを使って洗髪していただいて大丈夫ですが、傷跡を強く擦るのは、念のため手術後1ヶ月くらいは避け、指で優しく撫でるように洗ってください。
手術後1ヶ月経過すれば、傷跡も含め、普段通りに洗髪していただいて大丈夫です。

■術後の入浴について

切開する手術であるため、術後早期に身体が温まると、血流が良くなり過ぎて、腫れが強く出ることがあります。特に手術を受けて24時間の間は、血流が良くなると、傷口から出血してくることもあるので、注意が必要です(もし出血してきたら、軽くガーゼで抑えるか、氷やアイスノンなどの氷嚢をガーゼでくるんだもので軽く抑えれば止まるので心配ありません)。
そのため、手術を受けた当日の夜は、湯船に浸からず、軽く首から下にシャワーを浴びるくらいにしておくのが無難です。どうしても湯船に浸かりたい場合は、身体が温まらない程度のぬるま湯にし、首から下あるいは下半身浴で、短時間(1~3分程度)に済ませるのが無難です。
手術後1日目(手術翌日)になると、血流が良くなることによって傷口から出血するリスクは低くなりますが、それでも血流が良くなれば腫れが強く出てしまうことがあるので、やはり、手術後2日目くらいまでの間は、手術当日と同じように、首から下のシャワーだけにするか短時間のぬるま湯の首から下入浴か下半身浴にするのが良いです。
手術後3日目くらいになると、腫れが引き始め、血流が良くなることによって更に腫れるリスクは低くなりますが、それでも極端に身体が温まって血流が良くなれば腫れが強く出てくることはあるので、やはり、ぬるま湯での首から下入浴か下半身浴程度にし、熱いお湯に浸かるのは手術後6日目くらいまではやめましょう。
手術後7日目にもなると、血流が良くなることにより更に腫れが強く出ることはまずないので、もう普通に入浴していただいて大丈夫です。
サウナや岩盤浴に関しても、手術後7日目からある程度可能ではありますが、あまりにも身体が温まり過ぎると、痛みや腫れが強くなることがあるので、異常を感じるようでしたら、無理しないで中止してください。
手術後28日目以降になると、創部はかなり落ち着いているため、普段通りにサウナ浴や岩盤浴をしても問題ない可能性が高いですが、やはり、創部に異常を感じるようでしたら無理をしないでください。

■術後の運動について

切開する手術であるため、術後早期に激しい運動をすると、血流が良くなりすぎて、腫れが強く出ることがあります。
特に手術後24時間の間は、身体が温まって血流が良くなることによって腫れが強く出やすいため、必要以上に身体を動かさないようにしましょう。
手術後1日目(手術翌日)から手術後3日目くらいまでの間は、家から駅まで歩いたり、コンビニに買い物に行くくらいのことは問題がない可能性が高いですが、無理して必要以上に身体を動かすと、血流が良くなることによって腫れが強く出ることがあるので、やめてください。
手術後4日目~6日目くらいになると、血流が良くなることによって腫れが強く出るリスクは低くなりますが、それでも念のために、積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
手術後7日目以降になると、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、筋力トレーニングなどの運動は徐々に始めていっても大丈夫ですが、身体を動かすことによって、創部に痛みを感じたり、違和感を感じるようでしたら、無理をせず、運動を中止してください。
手術後14日目以降になると、かなり創部の状態は落ち着いているため、激しい筋力トレーニングやエアロビクスをしたり、プールで激しく泳いだりしても問題がないことが多いですが、それでも創部に痛みを感じたり違和感を感じるならば、無理をしないでください。
手術後28日目以降になると、更に創部の状態は落ち着いているため、激しい運動をしても創部に異常を感じることはほとんどないことが多いです。

■術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点

念のため、1ヶ月間は手術部位のマッサージを避けてください。
1ヶ月経過して、腫れや傷みがなければ、手術部位もマッサージしていただいて大丈夫です。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■術後の腫れについて

ミニリフト、ミディアムリフト、フルフェイスリフト、額リフトなどの切開するリフト手術のリスク、副作用、合併症に、術後の腫れがあります。腫れるといっても、顔全体がパンパンに腫れるわけではなく、ほとんど切開した周囲だけが腫れます。
ミニリフト、ミディアムリフト、フルフェイスリフトであれば耳の周囲が腫れるので、術後2日目には傷にガーゼをあてる必要もないので、髪の毛を下ろしてしまえば腫れはあまり目立ちません。額リフトは額の髪の生え際あるいは頭髪内で切開するので、それほど腫れは目立ちません。
生え際で切開する場合でも、前髪を下ろしてしまえば傷も隠れてしまいます。目元や鼻などの手術が顔の真ん中が腫れるのに対し、ミニリフト、ミディアムリフト、フルフェイスリフト、額リフトは耳の周囲や髪の生え際が腫れるので、術後の腫れはむしろ目元や鼻の手術より目立たないことが多いです。耳の周囲や髪の生え際の腫れは1週間ほどで大部分が引きます。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須克弥医師

顔全体のしわやたるみを取りたい場合に一番有効なのはフルフェイスリフトですが、切開部をなるべく少なくという方や、部分的なケアで十分という場合は、このミニリフト。頬の周りを少し引き上げるだけでも、ぐっと若返った美しくなった実感が得られます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大