よくある質問

エラのどの位置に注射するのですか?

服部 良光 医師

奥歯を強く噛み締めた時、耳の下あたりに出来る「ふくらみ(咬筋)」部分に直接注入します。この咬筋が発達しすぎていることがエラの原因になっている場合に効果的なのがボトックス・ボツリヌストキシン注射です。そして、患者様により咬筋の発達具合や発達している位置などは異なります。その方の状態に合せて、適切な位置を見極めて注射します。

「半永久的な効果が得られる」とは、どういう意味でしょうか?

高須 幹弥 医師

人間の筋肉は動かさないでいると弱くなったり小さくなったりする性質(筋萎縮)があり、継続的なボトックス・ボツリヌストキシン注射によって咬筋が萎縮し、結果的にエラが張った顔が改善され小顔にすることが可能です。
個人差はありますが、繰り返しボトックス・ボツリヌストキシン注射を打つことでボトックス・ボツリヌストキシンの持続期間が長くなったり、やがて半永久的な小顔効果が得られることとなります。
※4~6ヶ月おきに5回程度注射すると、半永久的に戻らなくなることが多いです。

ボトックス・ボツリヌストキシン注射は、身体に安全な物ですか?

服部 良光 医師

当院のボトックス・ボツリヌストキシンは上質な製品を使用しておりますので、ご安心ください。尚、ボトックス・ボツリヌストキシンは、しわやエラを目立たなくするなど様々なトラブル改善に使用され、多くの臨床例があります。また、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の方に注射することは健康保険の適用もあり、厚生労働省にも認可を受けております。

エラの場合、ボトックス・ボツリヌストキシンの効果はいつごろから出てきますか?またどの位の期間持続しますか?

服部 良光 医師

注入位置や注入量、個人差などによって多少の違いはありますが、効果が出てくるのは注射後2週間頃からで、日毎に効果が現われてくるのを実感していただけます。

ボトックス・ボツリヌストキシンは副作用などありますか?

服部 良光 医師

重症筋無力症の方など、特殊な体質以外の方は心配するような副作用が起こることは考えにくいです。妊娠中や授乳中の方に関しては当院では注射しないようにしております。これまで妊娠・授乳中の方にボトックス・ボツリヌストキシンを注射して特別何か障害が出たという報告はないのですが、より安全に配慮し、当院では行っていません。

エラが張っているので、治療を受けたいと思うのですが、その場合はどういった方法がいいのでしょうか?

清水 弘己 医師

エラの改善法には二つの方法があります。
まず一つにエラの筋肉に筋肉弛緩剤(ボトックス・ボツリヌストキシン注射)を投与し小顔にする方法です。こちらは持続期間が1回の注射で半年~1年位となります。5~6回の注射をくり返し行うことによって半永久的な効果となります。もう一つの方法はエラの骨を削る方法です。4日間の入院が必要になる事があります(入院費用は別途申し受けます。)骨を削る手術ですと2週間は強い腫れが続きます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大