よくある質問

年齢制限などはあるのでしょうか?

清水 弘己 医師

包茎の手術は60歳以上の方でもお受けいただいております。ご予約の状況から10代~70歳代の方をお受けしております。早ければ15,6才で、20代、30代の方が一番多いかと思います。お歳を召されてからもお悩みは消えないようですので気になった時にお気軽にお越しください。医師の診察で充分にご説明をお聞き頂いた上で慎重に日程を決め、手術をされると良いと思います。カウンセリング日当日の手術も可能です。

日帰りで手術は可能でしょうか?

服部 良光 医師

30分位の手術ですのでもちろん当日にお帰り頂けます。
溶ける糸を使いますのでお忙しい方は再来院は不要です。3週間経っても糸がそのままでしたら抜糸にお越しいただくのが良いです。年中無休で夜は22時まで(日曜・祝日は21時まで)お電話が通じますので、少しでも心配な事があればお気軽にお電話頂ければ対応可能です。ご安心くださいませ。

ペニスの手術を受けた後、勃起力(硬さや持続力)が前より弱くなることはありますでしょうか?

奥田 裕章 医師

ペニスの手術を受けた後、勃起力(硬さや持続力)が弱まるなどというようなことは一切ありませんので、ご安心ください。むしろ、これまでの包茎などの悩みが解消されて自信がつくことにより、勃起力がアップする方が多くなります。一日でも早く手術を受けて悩みを解消し、自信の持てるセックスライフを楽しんでください。

脂肪注入後、勃起時は固くなるのですか?

高須 幹弥 医師

勃起は、海綿体の血流が増加することによって起こる状態です。脂肪注入を行うことでペニスは太くなりますが、あくまでも注入するのは脂肪のため、勃起しても注入部位はやわらかい感触のままとなります。陰茎脂肪注入は、ペニスを太くたくましく見せるための方法です。自身がつくことで、勃起力がアップされる場合も多くあります。

性行為はいつから可能ですか?

奥田 裕章 医師

経過にもよりますが、基本的には術後3~4週間後から可能です。性器は大変デリケートな部分です。手術によって悩みが解消されたり、自信がついたのだから早くしたいと思われる方が多いのですが、必ず手術後3~4週間は性交渉もマスターベーションも控えていただくようお願い申し上げます。トラブルを防ぎ、仕上がりをきれいにするためにもとても大切なことです。

傷は残りますか?

日下志 厳 医師

脂肪注入は、極細の針で注射して脂肪を注入するだけの治療ですので、傷は残りません。注射は目立たないところに打ちますので、注射跡についてもご安心ください。ただし、術後2週間前後は麻酔などの影響で腫れることがあります。経過には個人差がありますが、3~4週間程度は性交渉やマスターベーションをお控えくださいますようお願いします。

包茎ですが脂肪注入は可能ですか?

高須 幹弥 医師

可能です。ただし包茎治療を行ってからがよいです。
脂肪注入は皮膚下に脂肪を注入すため、包茎の場合は余った皮膚部分にも脂肪が注入されます。
そのためその部分が膨らんでしまい、不自然な仕上がりとなり、包茎を悪化させてしまうことも考えられます。
包茎の方には、先に包茎手術をお勧めし、術後の経過を診て、状態が落ち着く1ヶ月程度あければ脂肪注入可能となります。

亀頭増大と陰茎増大ではどちらの方法がよいですか?

服部 良光 医師

亀頭増大を行うほうが施術後も大きくご満足いただくため、どちらかといえばこの方法をお勧めしてます。
亀頭増大はヒアルロン酸注入によって改善を行いますが、脂肪注入の場合はあくまでも脂肪となるため、見た目は太くすることができても、勃起時にはやはりやわらかい状態のままとなってしまいます。
そのため仕上がりにハリや固さがでるヒアルロン酸注入となる亀頭増大をお勧めしています。

長茎術と陰茎脂肪注入を同時に行うことは可能ですか?

日下志 厳 医師

その方の状態や注入する脂肪の量などによって、同時に行えるかとうがかが違ってきます。ふたつの手術を同時に行うことで、腫れやむくみが大きく出て、ペニスに負担がかかりすぎる場合があります。同時に行うか、2度に分けたほうがよいかは、診察で医師が判断させていただきます。ご来院のうえ、ご希望を詳しくお伝えください。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大