よくある質問

プロテーゼを抜去して新たに挿入しない場合、鼻は自然な形に戻りますか?

谷 奈保紀 医師

大きな問題が起きていなければ、プロテーゼを抜去した後、新たなプロテーゼを入れない場合、ほぼ元通りの鼻に戻ります。尚、再び少しでも高くしたくなった場合は、ヒアルロン酸で手軽に高くすることも可能です。抜去時に特に感染症を起こしているなどの問題がなければ、ヒアルロン酸注入を同時に行うこともできます。詳しくは、カウンセリング時に医師にご相談ください。

プロテーゼの入れ替えは同時に行えますか?

高須 幹弥 医師

はい、多くの場合は可能です。但し、感染症を起こしている場合やプロテーゼが飛び出してしまっている場合は、一旦抜いた後、1ヶ月以上空けて症状が落ち着いてから入れることが多くなります。その方の状態やご希望を考慮し、鼻に負担のない適切な方法をご提案いたしますので、詳しくはカウンセリング時に医師にご相談ください。

触った時に、不自然な硬さはないでしょうか?

高須 幹弥 医師

シリコンプロテーゼは人工軟骨と呼ばれ、鼻の軟骨とほぼ同じ硬さで、触った感じは非常に自然ですので、心配はありません。また当院では、より自然な状態となるよう、鼻に負担をかけないI型プロテーゼを採用しております。素材にも形にもこだわり、美しく自然な鼻となるプロテーゼを採用しておりますので、安心しておまかせください。

ブラックライトに光ると言われていますが、本当ですか?

森本 剛 医師

通常、ありません。鼻だけでなく、プロテーゼを挿入する施術や、糸を挿入する施術などは、よくこのようなことがまことしやかな噂になって流布しています。粗悪な素材や未熟な技術の場合、考えられなくもありませんが、当院では高品質のプロテーゼを熟練した医師が挿入いたします。まずあり得ないことなので、ご心配なくおまかせください。

術後、年数が経過して、再びプロテーゼを入れ替える必要はありますか?

高須 幹弥 医師

通常はありません。プロテーゼによる隆鼻術は、一度受けると半永久的に効果のある手術です。プロテーゼの劣化などによる入れ替えは、まず心配しなくていいでしょう。ただし、高須クリニックではありえませんが適切ではない素材や形状、また未熟な医師による手術などによってプロテーゼがずれたり、飛び出したりした場合は、抜去や入れ替えが必要となることもあります。

入れたプロテーゼは術後にずれたりすることがありますか?

森本 剛 医師

まず、ありません。当院では術後にずれないI型プロテーゼを使用しております。L型プロテーゼを使用した場合は、術後にずれたり飛び出したりする可能性があります。このため、当院ではI型を採用しているのです。また、もともとの鼻の形や皮膚の状態なども考慮し、しっかりとフィットする形状にしたものを確かな技術で挿入いたします。

鼻の穴を小さくしたいのですが、どんな手術がありますか?

森本 剛 医師

鼻の穴の大きさは、色々な方法で改善することが可能です。例えば、小鼻縮小手術をすると、鼻の穴も小さく目立たなくなります。もともとの鼻の形にもよりますが、鼻のプチ整形(ヒアルロン酸注射)や鼻筋を高くする手術(プロテーゼ隆鼻術)で鼻の穴を目立たない印象にすることもできます。その方の状態やご希望に合せて、適切な方法をご提案いたします。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大