二重まぶた・埋没法

メスを使わず、理想の二重に
美しい仕上がりをキープするなら、高須式

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

埋没法で幅広い平行型二重を作った後、2回目の埋没法で更に幅を広げた症例写真

ビフォー・アフター

Before2回目の埋没法の術前
(以前に埋没法で二重を作っている)
After(2回目の埋没法の術後)
After(2回目の埋没法術後の目を閉じた状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、過去に埋没法で幅広い平行型二重を作っていましたが、更に埋没法で幅を広げたいというご要望でした。
埋没法で幅広い二重を作ると糸が緩みやすく、だんだん幅が狭くなっていき、二重のラインが浅くなって元に戻ってしまうので、本当は切開法が望ましいのですが、まずはご要望通り埋没法で行うことになりました。
前回、目を閉じた状態で約9mmの位置で固定して、目を開けた状態で約2.5mmの幅が見えていたので、今回は目を閉じた状態で約12mmの位置で固定して、目を開けた状態で約4mmの幅が見えるようにしました。
1回目の埋没法後の二重と、2回目の埋没法後の二重とでは、どちらの二重が良いかは好みが分かれますが(私は個人的に1回目の後のほうが良いと思います)、患者様には満足していただきました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る