パイプカット

女性の避妊手術より断然簡単
妊娠の不安や避妊のわずらわしさから開放

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

施術の流れ

1カウンセリング

カウンセリング

手術前には、担当する医師がじっくりとカウンセリングを行います。
カウンセリングでは、手術後の注意事項、手術の流れ、術後のアフターケアなどについても詳細に説明しますので、わからないことがあったら何でも質問してください。

2局所麻酔

手術中にあまり痛みを感じることがないように局所麻酔をします。
麻酔は注射で行いますが、極細の針を使用するので、痛みはわずかです。

3手術(約30分)

手術風景

麻酔がかかったら手術を開始します。
手術では、射精時に精子を送り込む精管を遮断します。手術にかかる時間は、睾丸の左右両方を合わせてもわずか30分程度です。
麻酔がかかっているので、手術中の痛みはありません。

4手術後

術後の帰宅

そのまま歩いてお帰りいただけます。
痛みも腫れも少ないので、周囲の目も気になりません。普段と同じ日常生活をお過ごしいただけます。
縫合には溶ける糸を使用するため、2週間〜4週間ほどで糸は自然に取れます。
ただし、2週間以上経過しても、糸がたくさん残っている場合は、抜糸に来ていただいたほうが傷がきれいに治ります。抜糸は無料です。

5精液検査

手術後1週間経ち、腫れや痛みがなければ性交やマスターベーションは可能です。しかし、手術後はまだ精管に精子が含まれている場合がありますので、精液検査をさせていただきます。
精液を入れる容器をお渡ししますので、精液を取った後、直接ご持参下さい。(名古屋院は郵送もOK)
検査の結果、精液に精子が含まれていなければ、今後避妊の必要はありません。

6アフターケア

アフターケア

手術後に気になることがあれば、お電話などでお気軽にご相談ください。お話をうかがい、必要があるようでしたら、術後検診に来院いただきます。