特徴

パイプカットの特徴

妊娠する可能性のないセックスライフを望むなら、非常に有効なのが『パイプカット』。射精時に精子を送り込む精管を遮断する施術で、睾丸の左右両方を合わせてもわずか30分程で終了します。
パイプカットをすると、射精できなくなって感覚にも影響するのでは?と思われがちですが、施術前と同じように精液は出ます。精液に精子が含まれていないだけで、感覚にも変化はありません。
睾丸では施術後も精子が生産されますが、これは精子貧食細胞や抗精子抗体によって抹消されるため、体への問題はありません。

施術前の注意点 ・既婚の方は、配偶者の承認が必要です。 ・元に戻す施術もありますが、妊娠の可能性はかなり低くなります。施術のご決断は慎重に。 施術後の注意点 ・施術で精管は断絶されても、しばらくはまだ精嚢に精子が残っている可能性があります。施術後も15回程度は避妊が必要です。

ページトップへ戻る

他の避妊方法との比較

  メリット デメリット
パイプカット
  • 短時間でできる比較的簡単な手術。
  • 手術を受けた男性は、コンドームを着けずに膣内で射精することができるため、男女共にSEXのときの感度が高まる。
  • 効果は永久的である。
  • 男性ホルモン(テストステロンなど)が低下することはない。
  • 性欲が低下することはない
  • 一度手術すると、普通のsexで子供が作れなくなる
  • パイプカットした後、子供が欲しくなった場合、切除した精管を再吻合する手術はあるが、再吻合できないことがある。また、仮に再吻合できたとしても、精子産生機能が退化して、妊娠させることができないことがある。
  • コンドームのように、性病(性感染症)を予防する効果はない
コンドーム
  • いつでも誰でも気軽に使用することができる。
  • 正しく使えば避妊効果は100%に近い。
  • 相手の女性から性病をうつされたり、自分が持っている性病を相手にうつさないように予防ができる。
    ※ただし、ケジラミなどの感染予防効果はなく、オーラルsexなどをすれば、他の性病も感染する可能性がある。
  • ペニスと膣が直接接触できないため、感度、快感が非常に低下する(特に男性)。
  • 挿入する直前に装着するのが煩わしい。
  • 装着するときにムードがなくなり、冷めてしまうことがある。
  • ED気味の人は、装着のときに、勃起していたペニスが萎えてしまい、再び勃起させることができなくなり、結局SEXすることができなくなって、全てが台無しになってしまうことがある。
  • コンドームを付けて膣内射精した後、直ぐにペニスを抜かないと、勃起したペニスが萎縮して、精液が漏れ、妊娠してしまうことがある。
  • コンドームに穴を空けられて、妊娠させてしまうことがある。
  • 男女共に、ラテックスアレルギーの人は使うことができない。
経口避妊薬(ピル、低用量ピル)
  • コンドームを着けずに膣内射精することができる。
  • 月経(生理)が規則正しくくるようになる。
  • 月経の痛みや出血が少なくなる。
  • 身体に脂肪が付きやすくなり、太りやすくなる。
  • 顔に肝斑などのシミができやすくなる。
  • 人によっては、吐き気がしたり、気持ち悪くなることがある。
  • 血栓症を起こすことがある。
  • 女性の性欲が落ちることがある。
  • ほぼ毎日薬を飲むのが煩わしい。薬を飲み忘れることがある。
  • 性病予防効果はない。
膣外射精
  • お金が一切かからない。
  • 何も準備する必要がない。
  • 射精する前に分泌されるカウパー腺液にも精子が含まれているため、効果が不確実。
  • 失敗して、膣内で射精してしまうことがある。
  • 性病を予防する効果はない。

※膣外射精は、膣内射精に比べ、確かに妊娠する確率は格段に低くなりますが、確実な方法ではないため、推奨しません。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 簡単な方法で避妊治療がしたい
  • もう子供を作ることはない
  • コンドームの着用が嫌い
  • 半永久的な効果を望んでいる

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 なし
術後の腫れ 強い腫れは約1週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能
性交渉 腫れが少なければ約1週間後より可能
■術後の抜糸について

手術をする場合、私(高須幹弥)に関しては、溶ける吸収糸で縫合します。

吸収糸で縫合しますが、2週間後くらいに抜糸に来ていただくことをおすすめしています。

何故なら、抜糸をしたほうが、傷が綺麗に治るし、清潔だからです。

吸収糸で縫合した場合、抜糸しないで糸を放置しておくと、2~8週間くらいかけて、糸の一部が吸収されて、糸は脱落し、自然にポロポロと取れていきます。

2~8週間くらいかけて、徐々に糸が取れていくのですが、糸が長期間残っているほど、傷跡に縫合した糸の痕(縫合糸痕、スーチャーマークといいます)が残りやすいです。

また、傷跡に長期間糸がついていると、糸に雑菌がついて不潔になりやすいです。

そのため、傷がくっつく2週間後くらいに抜糸来ていただくのが望ましいです。

吸収糸で縫合してある抜糸、抜糸に来ていただく2~3週間後の頃には、既にある程度糸が無くなっていることが多いし、残っている糸も半分溶けているので、抜糸の痛みはごくわずかです。

どうしても抜糸にお越しいただけない場合は、自然に糸が取れるまで待つしかありません。

その場合、傷跡に縫合糸の痕が残りやすいです(パイプカット手術の場合は、傷跡は陰嚢に小さくつくだけなので、あまり気にならない人も多いです)。

(※吸収糸で縫合するか、非吸収糸で縫合するかは、手術する医者や手術術式によって異なることがあるので、詳しくはカウンセリングのときに担当医にお聞きください)

■術後の運動について

男性器の手術をした後、2週間くらいの間は、長時間走ったりすると、腫れが出やすい状態であるため、サッカー、野球、陸上などのスポーツは2週間はやめていただきます。

性器は心臓より下に付いているため、手術をしてしばらくの間は、長時間立っていたり、歩いたり、走ったりすると、重力の影響もあり、手術部位が腫れやすい状態になります。

立った状態で行わない運動、例えば、ベンチプレス、クランチ(寝た状態で行う腹筋運動)などは、手術後1週間くらい経過すれば、無理しない程度に、徐々に始めていただいて大丈夫です。

ただし、あまり激しく運動すると、全身の血流が良くなることにより、手術部位が腫れてくることがあるので、自分の身体と相談しながら、無理しない範囲内で運動を始めてください。

長時間走ったりするスポーツは、手術後2週間経過すれば、徐々に始めていただいて大丈夫ですが、激しい運動をすれば、血流が良くなることにより、手術部位が腫れてくることもありうるし、パンツの中で傷跡が擦れて痛みが出てくることもあるので、自分の身体と相談しながら、無理しない範囲内で運動してください。

手術後4週間経過すれば、傷跡も腫れも落ち着いているので、普段通りの運動、激しい運動をしていただいてもまず大丈夫です。

■術後の性交渉について

手術は、ぺニスのシャフトの皮膚を切開し、糸で縫合する手術です。

傷がしっかりとくっついて、多少引っ張っても傷口が開かないようになるまで3週間くらいかかることが多いので、手術後3週間は、セックス(通常の性交渉はもちろん、オーラルセックスなども含む)やオナニー(自分の手で行う自慰行為、マスターベーションはもちろん、テンガやラブドールを用いた自慰行為も含む)はしないようにしていただきます。

人間の膣の中や口の中は雑菌だらけであり、皆さんが想像している以上に不潔なので、傷がしっかりくっついて治っていない状態で性交渉するのは、衛生的によくありません。

また、傷がしっかりと治っていない状態で性交渉すると、もし相手が性病を持っていたら、自分も感染する確率が非常に高くなります。

自分の手でオナニーするのも、皮を引っ張って傷に負担がかかるのはよくないので、3週間はやめていただきます。

手術後3週間経過して、傷がしっかりとくっついて治っていれば、通常通りの性交渉やオナニーをして大丈夫です。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■術後の腫れについて

小陰唇縮小手術、クリトリス包茎手術、膣縮小手術、包茎手術、男性器脂肪注入手術、シリコンボールやシリコンリング挿入手術、長茎手術、パイプカットなどの女性器、男性器の手術は、術後に多少の腫れを伴う手術です。
当たり前ですが、性器は下半身に付いており、心臓より低い位置にあります。
そのため、術後に長時間立っていたり、歩き回ったりすると、腫れが強く出やすいです。
特に手術当日は腫れやすく、出血もしやすいため、手術の後、帰りに遊びに行ったり、寄り道したりせず、真っ直ぐ家に帰って安静にするのが良いです。
また、手術当日は血行が良くならないように、お酒を飲むことは避け、創部が濡れないように軽くシャワーを浴びるくらいにするのが良いです。
手術翌日~3日後くらいまでも、手術当日ほどではありませんが、腫れやすい状態であるので、長時間歩き回ったりしないほうが腫れが出にくいし、早く腫れがひきます。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

服部良光医師

卵管を結紮(けっさつ)するなど、どうしても大掛かりになってしまう女性の避妊施術に比べ、パイプカットは非常に簡単。パートナーに負担をかけたくない方で、コンドームの着用が嫌いだったり面倒だと感じている方におススメです。わずか30分で妊娠の不安から解消されるので、ぜひ検討してみてください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大