鼻尖形成
(鼻尖縮小・だんご鼻修正)

すっきりした鼻先に整えて
生まれ変わったような上品さに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)の特徴

だんご鼻になってしまうのは、軟骨の発達や皮膚の発達など、色々な原因があります。軟骨が発達している場合に適しているのが、この鼻尖形成による『だんご鼻修正』。余分な軟骨を切り取ることで、すっきりと細い鼻先に生まれ変わります。
手術は、鼻の穴の内側を2cmほど切開し、余分な軟骨を切除して縫合。その後、1週間ほどギブスで固定して、軟骨の状態を安定させます。強い痛みや後遺症の心配はなく、効果は半永久的に続くのが特徴。また、切開や縫合は鼻の内側から行うので、傷跡も目立ちません。

鼻の手術診察風景

鼻筋すっきり(正面)

鼻尖縮小(鼻尖形成)手術の術式について

鼻尖縮小(鼻尖形成)手術の術式について解説させていただきます。

鼻尖縮小手術は、主に鼻先を細くするのが目的の手術です。

正面から見て、鼻先の横幅が広い、いわゆる団子鼻を解消し、細くすっきりとした鼻先にするのが目的です。

しかし、一言で団子鼻といっても、団子鼻の原因には色々なものがあります。

鼻先は、大鼻翼軟骨、外側鼻軟骨、鼻中隔軟骨などの軟骨により土台が形成されており、軟骨の上に脂肪や結合組織などの軟部組織がのり、その上を皮膚が被さります。

団子鼻の原因には、軟骨の形によるもの、脂肪によるもの、皮膚の厚みによるものなどがありますが、ほとんどの場合は、単独の原因によるのではなく、これらの原因が複雑に絡み合っています。

そのため、鼻尖縮小手術は、その人その人に応じて術式を選択し、最も適した手術をすることになります。

100人の団子鼻患者様がいれば、100通りの鼻尖縮小手術があります。

以下に、大まかに分類した術式について詳しく説明させていただきます。

〈鼻の解剖〉

①大きく横に張っている大鼻翼軟骨や脂肪を切除する術式

大鼻翼軟骨が大きく横に張っており、鼻先が横に広がっているタイプの団子鼻に対して行う術式です。

オープン法で行う必要はないため、クローズ法で行います。

両側の鼻の穴の中を切開し、横に張り出している部分の大鼻翼軟骨を切除し、取り出します。

必要に応じて、大鼻翼軟骨の上に脂肪や結合組織を付けて切除します。

切除した大鼻翼軟骨は、耳介軟骨や鼻中隔軟骨などとは異なり、支持力が弱いため、鼻先や鼻柱に移植するのはあまり向いていません。

オープン法で行わず、鼻尖の中央部の操作も行わないため、鼻尖の中央部の軟骨、結合組織、皮膚の連続性が保たれ、パロットノーズ変形※が起こらないというメリットがあります。

大鼻翼軟骨が横に張り出していて、尚且つ、左右の大鼻翼軟骨が中央で離れている場合は、この術式に合わせて、軟骨を中央で寄せる手技も行うことがあります。

②開いた大鼻翼軟骨を中央で縫合する術式

必要に応じて脂肪や結合組織を切除します。

鼻先の部分の大鼻翼軟骨が中央で離れているタイプの団子鼻に行う術式です。

左右の大鼻翼軟骨の間の軟部組織を上に持ち上げ、軟骨間縫合を行い、中央に寄せます。

必要に応じて軟骨と皮膚の間の脂肪や結合組織を切除することができます。

クローズ法で行うことができますが、より繊細で緻密な手術を行う場合は、直視下に全体像を見て手術する必要があるため、オープン法で行います。

脂肪や結合組織を大量に切除して皮膚が中央で盛り上がるように細くしてしまうとパロットノーズ変形※が生じることがあるので、微妙な匙加減が重要な術式になります。

また、軟骨間縫合を鼻先だけでなく、上の方(頭側)まで行ってしまうと、パロットノーズ変形を来すので、鼻尖の解剖や仕組みが分かっていない医者の手術を受けると、良くない結果になるリスクがあります(高須クリニックの医者は経験豊富なベテランの医者しか手術しないので大丈夫です)。

大鼻翼軟骨の先端が開いていない人にこの術式を行っても全く意味はありません。

③大鼻翼軟骨を分離し、中央で縫合する術式

左右の大鼻翼軟骨を分離し、内側の部分を中央で縫合する方法です。

分離した軟骨を縫合することによって、鼻先を前に出したり下に出したりできるといわれていますが、実際には鼻先を出す効果はほとんどない場合が多いです。

日本人の鼻特有の柔らかい大鼻翼軟骨をいくら繊細に操作しても、日本人の鼻特有の分厚い鼻先の皮膚が覆い被さるため、期待する効果が現れないことが多いです。

必要に応じて軟骨と皮膚の間の脂肪や結合組織を切除することができます。

クローズ法で行うことができますが、より繊細で緻密な手術を行う場合は、直視下に全体像を見て手術する必要があるため、オープン法で行います。

脂肪や結合組織を大量に切除して皮膚が中央で盛り上がるように細くしてしまうとパロットノーズ変形※が生じることがあるので、微妙な匙加減が重要な術式になります。

※パロットノーズ変形

鼻尖縮小をした際、余った鼻先の皮膚が中央で盛り上がる変形のこと。

正面から見ると細くなったが、横から見ると丸く盛り上がって鼻先が上に上がったようになってしまうパラドックスが生じます。

パロットノーズ変形が起きてしまった場合、中央の盛り上がった皮膚を切除して縫合すれば解消することがあります。

しかし、鼻先の中央に縦の一本の傷が残ることになります。

人によってはこの傷跡がかなり目立つことがあるので、細かいことに拘らない人や、理想の鼻になれば傷跡は気にしないタイプの人は、皮膚切除によるパロットノーズ変形の修正をしても良いと思いますが、それ以外の人にはお勧めしません。

パロットノーズ変形は、鼻尖縮小手術のときに起こさないことが最も重要ですが、どうしても起きてしまうことが予想される場合は、同時にシリコンプロテーゼを入れて、パロットノーズ変形で盛り上がった部分より上を高くすることや、同時あるいは後日(1ヶ月くらいは空けて行うことが多いです)ヒアルロン酸注射をすることなどを考慮する必要があります。

鼻尖縮小手術には、この3つの術式以外にも様々な種類の術式があり、患者様の鼻の状態と患者様の希望を勘案して、その人に合った術式を選択させていただきます。

この3つのスタンダードな手術のどれかを選択するか、これらの手術のやる度合いを調節して行うか、これらの手術を組み合わせて行うか、別の術式で行うか、様々な選択肢があり、患者様にとって最適な方法で手術させていただきます。

施術料金

鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)
¥500,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

こんな方にオススメ!
  • だんご鼻を治したい
  • 鼻を小さくしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる。

症例のご紹例介

鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)

Before

After

高須幹弥医師

軟骨が発達していて鼻先が広がり、だんご鼻だった女性です。鼻先以外は高さも形も整っており、だんご鼻でさえなければと長年思い続けていました。こういう方は、軟骨を少し削るだけで全体的にすっきりバランスのとれた鼻に。簡単に美人度をアップすることができます。鼻の穴から行う手術なので、傷跡は隠れてしまいますよ。

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約60分
術後の通院 1回
術後の腫れ 約1週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
術後のダウンタイムについて

鼻尖縮小手術は、両側の鼻の穴の中から切開してクローズ法で、あるいは、両側の鼻の穴の中の切開と鼻柱の表面の切開を繋げてオープン法で行い、鼻先の軟骨や脂肪を操作して、太い鼻先や団子鼻を細くする手術です。
手術後は、手術内容や状態に応じて、3〜7日間程度、ギプス固定やテーピング固定をします(何日間固定するかは、担当する医者の手術術式などによるので、詳しくはカウンセリングのときに担当医に聞いてください)。ギプスやテーピングをしている状態で人に会えば、手術したことがわかってしまいます。
ただし、この手術は、術後に腫れるのは、ほとんど手術操作をした鼻先だけであり、他の部位が大きく腫れるということはまずないので、ギプスやテーピングをしていても、マスクをして隠してしまえば、手術した後ということはわかりません。そのため、仕事場でずっとマスクをしていい職場の方は、手術翌日から出勤することがあります(ただし、工事現場などの激しい肉体労働は1週間くらいはやめてください)。
学生の方も、学校でずっとマスクをしていいのであるならば、手術翌日から登校することもできなくはありません(体育の授業や激しい運動は1週間はやめてください)。
3〜7日後にギプスやテーピング固定を外すと、初対面の人から見て、整形手術を受けたということはまずわかりません。
鼻先の皮膚は、まぶた周囲の皮膚などに比べると、かなり固くて厚いため、手術後の腫れ、浮腫み、内出血はそれほど出ないので、ギプスやテーピング固定を外した頃には目立った腫れはほとんどないからです。マスクなしでも、普通に会社に出勤したり、学校に登校しても大丈夫です。

術後の施術部位への負荷について

術後は、しばらく鼻に強い外力が加わらないようにしていただく必要があります。
特に手術後1週間は手術部位や傷跡が不安定な状態であるため、うつ伏せで寝ると、鼻に強い外力が加わり、負担がかかってしまう可能性があるので、注意していただく必要があります。一番良いのは、寝ている間ずっと仰向けでいることなのですが、ずっと仰向けでいるのが難しかったら、鼻に外力が加わらなければ、多少横向きになっても構いません。
また、手術後1週間の間は、うつ伏せ寝以外にも、子供に鼻を叩かれたり、ぶつかってこられないように、特に注意を要する期間でもあります。手術後1週間経過すれば、手術部位や傷跡はだいぶ落ち着いてくるので、手術後1週間の間に比べると、多少外力が加わっても問題ないことが多いのですが、念のためにうつ伏せで寝るのは避けてください。
また、子供に叩かれたり、ぶつかってこられないように注意してください(指で軽くつっつかれるくらいなら問題ないことが多いですが、なるべく注意してください)。
手術後4週間経過すれば、手術部位や傷跡はかなり落ち着いており、だいぶ安定してきているので、多少うつ伏せで寝ても大丈夫です。ただし、どんな手術でも、切開を加える鼻の手術は、完全に落ち着いて完成するのは3〜6ヶ月かかります。そのため、手術後6ヶ月間は必要以上に鼻に外力が加わらないようにしましょう(多少うつ伏せで寝て大丈夫ですが、できる限りうつ伏せにならないようにするのが無難です)。
手術後6ヶ月経過すれば、手術部位や傷跡はほぼ完全に落ち着いており、完成です。もう普段通り寝ていただいて大丈夫です。常識の範囲内であれば、多少、子供に鼻を叩かれたり、ぶつかってこられても大丈夫です。

術後に鼻をかむ場合の注意点

手術後は、鼻の穴の中に傷があります。
傷がしっかりとくっついて治るまで、だいたい1週間くらいは強く鼻をかまないようにしていただく必要があります。強く鼻をかむと、鼻の穴の中の傷口に負担がかかってしまうし、鼻水には雑菌が混ざっているので、傷が不潔になるからです。どうしても鼻水がだらだら出てきてしょうがない場合は、出てきた鼻水を軽く拭き取る程度にしてください。花粉症やアレルギー性鼻炎の人は、なるべく鼻水が出ないように、花粉やハウスダストなどの原因物質に晒されないようにし、鼻炎薬などの内服薬などでコントロールしていただくのが良いです(点鼻薬を使っていただいても大丈夫です)。
手術後1週間経過すれば、傷口はくっついているので、多少鼻をかんでいただいても大丈夫です。ただし、強くいきんだり、鼻を強く押さえたりするのは、手術部位に負担がかかるので、小鼻を軽く押さえ、強くいきまず、控えめに鼻をかむようにしてください。
手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、どの手術でも、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けてください。

術後のメイク、洗顔、シャンプーについて

鼻尖縮小手術は、両側の鼻の穴の中から切開してクローズ法で、あるいは、両側の鼻の穴の中の切開と鼻柱の表面の切開を繋げてオープン法で行い、鼻先の軟骨や脂肪を操作して、太い鼻先や団子鼻を細くする手術です。手術後は、手術内容や状態に応じて、3〜7日間程度、ギプス固定やテーピング固定をします(何日間固定するかは、担当する医者の手術術式などによるので、詳しくはカウンセリングのときに担当医に聞いてください)。
ギプスやテーピングがついている間は、なるべく手術部位が濡れないようにしていただく必要があります。そのため、石鹸や洗顔フォームを使って顔を洗う場合は、手術部位が濡れないように、上手に洗っていただきます。じゃぶじゃぶ顔に水をかけたり、水の中に顔を浸けることはできないので、手術部位以外の部分(額、目もと、頬、顎など)に泡をのせて軽く擦り、手術部位が濡れないように上手に水で洗い流すか、濡れタオルなどで拭き取っていただくことになります。
シャンプーを使って洗顔する場合も、手術部位が濡れないように、上手に洗っていただく必要があります。シャンプーハットを使って洗っていただいてもいいし、手術部位が濡れないようにゆっくり丁寧に洗っていただいてもいいし、美容院で洗髪するように、上向きになって、誰かに洗っていただいてもいいです。
ただし、絶対にギプスやテーピング、傷跡を濡らしてはいけない、濡らすと取り返しがつかなくなるというわけではないので、もし、洗顔や洗髪のときにギプスやテーピング、傷跡が濡れてしまったら、綺麗なタオルやティッシュペーパーなどで軽く水気を拭き取っていただき、あとはしぜんに乾かしていただけばまず大丈夫です。
ギプスやテーピング、傷跡に泡がついてしまった場合も、濡れタオルなどで拭き取っていただけばまず大丈夫です。
ギプスやテーピングが外れたあとは、手術部位や傷跡をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、鼻を含めて顔全体を洗っていただいても大丈夫です(術後1ヶ月くらいは手術部位を強く擦ったりするのはやめてください)。普通にシャンプーを使って洗髪していただいても大丈夫です。
術後のメイクに関しては、手術部位以外(アイメイク、チーク、口紅など)に関しては、手術直後からすることは可能です。
ただし、メイクを落とすときは、上記の洗顔の注意点をまもり、上手に洗い流す必要があります。
ギプスやテーピングが外れたあとは、手術部位もメイクすることができますが、やはり、メイクを落とすときは上記の注意点をまもり、上手に丁寧に洗っていただきます。

術後の入浴について

切開する手術であるため、術後早期に身体が温まると、血流が良くなり過ぎて、腫れが強く出ることがあります。特に手術を受けて24時間の間は、血流が良くなると、傷口から出血してくることもあるので、注意が必要です。
そのため、手術を受けた当日の夜は、湯船に浸からず、軽く首から下にシャワーを浴びるくらいにしておくのが無難です。どうしても湯船に浸かりたい場合は、身体が温まらない程度のぬるま湯にし、首から下あるいは下半身浴で、短時間(1〜3分程度)に済ませるのが無難です。
手術後1日目(手術翌日)になると、血流が良くなることによって傷口から出血するリスクは低くなりますが、それでも血流が良くなれば腫れが強く出てしまうことがあるので、やはり、手術後2日目くらいまでの間は、手術当日と同じように、首から下のシャワーだけにするか短時間のぬるま湯の首から下入浴か下半身浴にするのが良いです。
手術後3日目くらいになると、腫れが引き始め、血流が良くなることによって更に腫れるリスクは低くなりますが、それでも極端に身体が温まって血流が良くなれば腫れが強く出てくることはあるので、やはり、ぬるま湯での首から下入浴か下半身浴程度にし、熱いお湯に浸かるのは手術後6日目くらいまではやめましょう。
手術後7日目にもなると、血流が良くなることにより更に腫れが強く出ることはまずないので、もう普通に入浴していただいて大丈夫です。
サウナや岩盤浴に関しても、手術後7日目からある程度可能ではありますが、あまりにも身体が温まり過ぎると、痛みや腫れが強くなることがあるので、異常を感じるようでしたら、無理しないで中止してください。
手術後28日目以降になると、創部はかなり落ち着いているため、普段通りにサウナ浴や岩盤浴をしても問題ない可能性が高いですが、やはり、創部に異常を感じるようでしたら無理をしないでください。

術後の運動について

切開する手術であるため、術後早期に激しい運動をすると、血流が良くなりすぎて、腫れが強く出ることがあります。
特に手術後24時間の間は、身体が温まって血流が良くなることによって腫れが強く出やすいため、必要以上に身体を動かさないようにしましょう。
手術後1日目(手術翌日)から手術後3日目くらいまでの間は、家から駅まで歩いたり、コンビニに買い物に行くくらいのことは問題がない可能性が高いですが、無理して必要以上に身体を動かすと、血流が良くなることによって腫れが強く出ることがあるので、やめてください。
手術後4日目〜6日目くらいになると、血流が良くなることによって腫れが強く出るリスクは低くなりますが、それでも念のために、積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
手術後7日目以降になると、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、筋力トレーニングなどの運動は徐々に始めていっても大丈夫ですが、身体を動かすことによって、創部に痛みを感じたり、違和感を感じるようでしたら、無理をせず、運動を中止してください。
手術後14日目以降になると、かなり創部の状態は落ち着いているため、激しい筋力トレーニングやエアロビクスをしたり、プールで激しく泳いだりしても問題がないことが多いですが、それでも創部に痛みを感じたり違和感を感じるならば、無理をしないでください。
手術後28日目以降になると、更に創部の状態は落ち着いているため、激しい運動をしても創部に異常を感じることはほとんどないことが多いです。

術後のエステ・自宅で行う
顔のマッサージの注意点

鼻の周囲(特に手術部位)は、1ヶ月マッサージしないようにしてください。
鼻の周囲以外の、頬、顎、フェイスラインなどの部位は、手術当日からしていただいても大丈夫です。

リスク・副作用・合併症について

ギプスやテーピングでの鼻先の固定について

鼻尖形成(鼻尖縮小)は、鼻先を細くする手術であり、術後は綺麗に鼻先の形を作るために、ギプスやテーピングで鼻先を固定する必要があります。
ギプスを1週間することが多いですが、元の鼻先の形や手術操作の内容によってはギプス固定が3〜4日程度で済むこともあれば、ギプス固定は必要とせず、3〜4日間鼻先にテーピングをするだけで済むこともあります。
この手術は、術後の腫れ自体はそれほど強くありませんが、ギプス固定やテーピングが必要であるため、ダウンタイムが生じてしまいます。
ギプスやテーピングは大きめのマスクをすれば大部分を隠すことができますが、仕事場や学校で常時マスクをしていることができない場合は、ギプスやテーピングをしている間は仕事や学校に行くことは難しいです。
ギプスやテーピングを外してしまえば、大きな腫れはほとんど引いているので、仕事や学校に行ってもまず大丈夫です。

鼻の下の方のみを操作する手術であるため、鼻ギプスは比較的小さめのものを用い、鼻の下の方のみを固定します。

マスクをすると完全に隠れます。
鼻の下の方以外はほとんど腫れない手術であるため、マスクをしてしまえば、ほぼ完全にカムフラージュすることができます。

ドクターズボイス

高須克弥医師

だんご鼻と一口にいっても、原因は色々。例えば、鼻の根元が低いために鼻先が目立っているという場合もあり、これはヒアルロン酸注射やプロテーゼ挿入で治すことができます。カウンセリングでは、あなたの場合をじっくり診察。最適な解決法を、提案します。