鼻翼縮小
(小鼻縮小)

気になる鼻の穴を小さく見せて
やさしさあふれる印象に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

鼻翼縮小(小鼻縮小)の特徴

小鼻が上や横に大きく広がり、鼻の穴が強調されて見えてしまう悩みには、小鼻を縮小することでやさしい顔立ちへと導く『小鼻縮小』がおススメ。手術は鼻の穴の内側から小鼻の溝にかけての傷が目立たない部分を数ミリ切除して、横に広がった小鼻を鼻全体とのバランスを調整しながら丁寧に縫い縮めていきます。施術時間は、わずか30分。力強い印象を与えていた鼻の穴が目立たなくなり、小鼻もすっきりと小さく変身します。
また、鼻筋を整える隆鼻術(シリコンプロテーゼ)と組み合わせることで、鼻全体をすっきり整えることもできます。

鼻の手術診察風景

施術料金

鼻翼縮小(小鼻縮小)
¥350,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

小鼻(鼻翼)縮小手術のデザインと効果について

小鼻縮小手術の内側法、外側法、それぞれの手術術式の特徴、違い、メリット、デメリットについて詳しく説明させていただきます。

〈内側法〉

鼻の穴は大きいが、小鼻は外側に張り出していないorわずかに張り出しているという人に行う。

大きな鼻の穴が小さくなる。

内側法は、主に、鼻の穴の中で余分な皮膚と組織を切除して、縫合し、小鼻の外側まで切らない方法です。

この方法は、主に、「鼻の穴は大きいが、小鼻は外側に張り出していないorわずかに張り出している」という鼻の人に行います。

この方法で行うと、確実に大きな鼻の穴が小さくなります。

また、小鼻が外側に張り出している人にこの方法を行うと、鼻の穴の中で余分な皮膚と組織を切除して縫合した分、張り出している小鼻が内側に入るため、少し改善することになります。

傷跡は鼻の穴の中から小鼻の付け根の辺りまでで、小鼻の外側まで傷跡は残りません。

技術のある医者が、正しいデザインで、丁寧な手術をすれば、傷跡はほとんど分からなくなります。

ただし、必要以上に鼻の穴を小さくしようとして、たくさんの皮膚や皮下組織を切除してしまうと、小鼻の丸みがなくなり、コンセントの差し込み口のような縦長の鼻の穴になる、俗に言う○ッツ鼻変形※1になってしまうため、正しいデザインで手術してもらうことが重要です(高須クリニックにはこのような手術をする医者はいないので、ご安心ください)。

また、確実に余分な皮膚と組織を切除して縫合するため、後戻りが起こることはまずありません。

他院では、余分な皮膚や組織を切除しないで、糸を埋め込み、縛って絞りこむだけで、この術式と同じような効果を出そうとする手術を行っていることがありますが、余分な皮膚や組織を切除しないで糸だけで行えば、3〜6ヶ月程度で糸が緩んでほとんど元に戻ってしまいます。

〈外側法〉

鼻の穴は大きくないが、小鼻が大きく外側に張り出していているという鼻の人に行う。

鼻の穴の大きさはほとんど変わらない。

外側法は、主に、小鼻の外側の余分な皮膚と組織を切除し、縫合する方法です。

この方法は、主に、「鼻の穴は大きくないが、小鼻が大きく外側に張り出していている」という鼻の人に行います。

この方法で行うと、外側に張り出している小鼻が確実に小さくなります。

鼻の穴の中での皮膚や皮下組織の切除はしないため、鼻の穴を小さくする効果はありません。

そのため、大きな鼻の穴を小さくしたいという人には、この術式は向いていません。

小鼻の外側の溝に沿って切開するため、傷跡は小鼻の外側の溝と一致し、技術のある医者が、正しいデザインで、丁寧な手術をすれば、傷跡はほとんど分からなくなります。

ただし、無理してたくさん余分な皮膚や組織を切除しようとすると、傷跡が小鼻の外側の溝のかなり上のほうまで伸びてしまいます。

小鼻の外側の溝は、上のほうにいくと浅くなるため、上のほうまで切開すると傷跡が目立ってしまうことがあります※2。

無理せず正しいデザインで手術を行えば、外側法でも傷跡はほとんど分からなくなるので、心配ありません。

〈内側法と外側法を併用する施術〉

鼻の穴が大きくて、小鼻が大きく外側に張り出しているという鼻の人に行う。

小鼻の横の張り出しが改善し、鼻の穴も小さくなる。

鼻の穴の中から小鼻の外側にかけて余分な皮膚と組織を切除して縫合すれば、内側法と外側法の両方の効果を得ることができます。

すなわち、「鼻の穴が大きくて、小鼻が大きく外側に張り出している」という鼻の人に行えば、鼻の穴が小さくなり、張り出している小鼻も改善します。

小鼻(鼻翼)縮小手術を希望する患者様の多くは、「鼻の穴が大きくて、小鼻が外側に張り出している」という鼻の人であることが多いため、実際にはこの方法で行うことが一番多いです。

その場合、小鼻の外側の溝の上のほうまで切開せず、鼻の穴の中から小鼻の外側の溝の途中まで切開するデザインで行うことが多いです(傷跡はほとんど分からなくなり、鼻の穴を小さくする効果、外側に張り出している小鼻を改善する効果も大きいです)。

鼻の穴の中から小鼻の外側の溝に沿って切開するため、傷跡は鼻の穴の中と、小鼻の外側の溝と一致した傷になるため、技術のある医者が、正しいデザインで、丁寧な手術をすれば、ほとんど分からなくなります。

ただし、無理してたくさん余分な皮膚や組織を切除しようとすると、傷跡が小鼻の外側の溝のかなり上のほうまで伸びてしまいます。

小鼻の外側の溝は、上のほうにいくと浅くなるため、上のほうまで切開すると傷跡が目立ってしまうことがあります※2。

無理せず正しいデザインで手術を行えば、傷跡はほとんど分からなくなるので、心配ありません。

また、必要以上に鼻の穴を小さくしようとして、たくさんの皮膚や皮下組織を切除してしまうと、小鼻の丸みがなくなり、コンセントの差し込み口のような縦長の鼻の穴になる、俗に言う○ッツ鼻変形※1になってしまうため、正しいデザインで手術してもらうことが重要です(高須クリニックにはこのような手術をする医者はいないので、ご安心ください)。

※1

必要以上に鼻の穴を小さくしようとして、たくさんの皮膚や皮下組織を切除してしまうと、小鼻の丸みがなくなり、コンセントの差し込み口のような縦長の鼻の穴になる、俗に言う○ッツ鼻変形になってしまう。

※2

無理してたくさん余分な皮膚や組織を切除しようとすると、傷跡が小鼻の外側の溝のかなり上のほうまで伸びてしまう。

小鼻の外側の溝は、上のほうにいくと浅くなるため、上のほうまで切開すると傷跡が目立ってしまう。

こんな方にオススメ!
  • 鼻の穴を小さくしたい
  • 正面から見て、鼻の穴が目立つのがイヤ
  • 鼻を小さくしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる

症例のご紹介

鼻翼縮小(小鼻縮小)

施術前

施術直後

1週間後

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 30分
術後の通院 1回
術後の腫れ 強い腫れは約1週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
術後のダウンタイムについて

鼻翼縮小(小鼻縮小)手術は、小鼻の余分な皮膚・組織を切除し、細いナイロンの糸で縫合する手術です。特にギプスやテーピングによる固定は必要ない手術です。
また、小鼻の皮膚・組織は、まぶた周囲などの皮膚・組織に比べると、非常に厚くて硬いため、二重まぶた切開法や鼻のシリコンプロテーゼなどの手術に比べると、手術後の腫れは少なく、あまり目立ちません。
ただし、抜糸するまでの間は、小鼻の傷に糸がついているため、至近距離で見れば、手術しているのは分かります。特に小鼻の外側の方まで傷が伸びているほうが目立ちやすいです(内側だけの切開でも、至近距離で見れば分かることが多いです)。
ただ、抜糸するまでの糸がついている間でも、マスクをして小鼻を隠せば、手術した後だということは全くわかりません。
そのため、マスクをして仕事していい環境の職場の人は、手術した翌日から仕事することはあります(ただし、工事現場などの過激な肉体労働は1週間くらい避けていただきます)。
学生の患者様でも、ずっとマスクしていい環境であれば、手術翌日から登校する方もいらっしゃいます。その後、抜糸をしてしまえば、腫れや傷跡はほとんど目立たないので、抜糸後はマスクをしないで人に会っても大丈夫です。
抜糸するまでの期間は、手術のデザイン、切除する皮膚・組織の幅、手術する医者などによって異なりますが、だいたい手術後7日目くらいに抜糸します(私(高須幹弥)に関しては、デザイン等によりますが、最短で手術後4日目くらいに抜糸することもあります)。
また、手術部位周囲のお化粧、メイクができるのは、抜糸した翌日からです(アイメイクなどの手術部位以外のメイクは当日からでもできます)。
どんな手術でも切る手術は完全に腫れが引いて完成するまでだいたい6ヶ月かかるので、やはり小鼻縮小手術も完成まで6ヶ月かかるのですが、この手術に関しては、他の手術に比べると、元々の腫れ自体が少ないので、その分ダウンタイムも短くなります。

術後の施術部位への負荷について

術後は、しばらく鼻に強い外力が加わらないようにしていただく必要があります。
特に手術後1週間は手術部位や傷跡が不安定な状態であるため、うつ伏せで寝ると、鼻に強い外力が加わり、負担がかかってしまう可能性があるので、注意していただく必要があります。一番良いのは、寝ている間ずっと仰向けでいることなのですが、ずっと仰向けでいるのが難しかったら、鼻に外力が加わらなければ、多少横向きになっても構いません。
また、手術後1週間の間は、うつ伏せ寝以外にも、子供に鼻を叩かれたり、ぶつかってこられないように、特に注意を要する期間でもあります。手術後1週間経過すれば、手術部位や傷跡はだいぶ落ち着いてくるので、手術後1週間の間に比べると、多少外力が加わっても問題ないことが多いのですが、念のためにうつ伏せで寝るのは避けてください。
また、子供に叩かれたり、ぶつかってこられないように注意してください(指で軽くつっつかれるくらいなら問題ないことが多いですが、なるべく注意してください)。
手術後4週間経過すれば、手術部位や傷跡はかなり落ち着いており、だいぶ安定してきているので、多少うつ伏せで寝ても大丈夫です。ただし、どんな手術でも、切開を加える鼻の手術は、完全に落ち着いて完成するのは3〜6ヶ月かかります。そのため、手術後6ヶ月間は必要以上に鼻に外力が加わらないようにしましょう(多少うつ伏せで寝て大丈夫ですが、できる限りうつ伏せにならないようにするのが無難です)。
手術後6ヶ月経過すれば、手術部位や傷跡はほぼ完全に落ち着いており、完成です。もう普段通り寝ていただいて大丈夫です。常識の範囲内であれば、多少、子供に鼻を叩かれたり、ぶつかってこられても大丈夫です。

術後に鼻をかむ場合の注意点

手術後は、鼻の穴の中に傷があります(非常に稀に行う手術ですが、小鼻縮小で外側の組織のみを切除する場合は鼻の穴の中に傷はありません)。
傷がしっかりとくっついて治るまで、だいたい1週間くらいは強く鼻をかまないようにしていただく必要があります。強く鼻をかむと、鼻の穴の中の傷口に負担がかかってしまうし、鼻水には雑菌が混ざっているので、傷が不潔になるからです。どうしても鼻水がだらだら出てきてしょうがない場合は、出てきた鼻水を軽く拭き取る程度にしてください。花粉症やアレルギー性鼻炎の人は、なるべく鼻水が出ないように、花粉やハウスダストなどの原因物質に晒されないようにし、鼻炎薬などの内服薬などでコントロールしていただくのが良いです(点鼻薬を使っていただいても大丈夫です)。
手術後1週間経過すれば、傷口はくっついているので、多少鼻をかんでいただいても大丈夫です。ただし、強くいきんだり、鼻を強く押さえたりするのは、手術部位に負担がかかるので、小鼻を軽く押さえ、強くいきまず、控えめに鼻をかむようにしてください。
手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、どの手術でも、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けてください。

術後の洗顔、シャンプーについて

鼻翼縮小(小鼻縮小)手術は、小鼻の余分な皮膚・組織を切除し、細いナイロン糸で縫合して、約1週間後(デザイン、組織の切除量、手術する医者によっては、もう少し早く抜糸することもあります)に抜糸をします。
手術当日、1日後(手術翌日)、2日後の3日間はなるべく傷跡を濡らさないようにしていただきます。洗顔する場合は、傷跡を濡らさないように、小鼻以外の部位を上手に洗ってください(洗顔料、洗顔フォーム、石鹸を使っていただいてかまいません)。かといって、絶対に傷跡を濡らしてはいけないとか、傷跡を濡らすと取り返しがつかないことになるというわけではありません。もし、傷跡が濡れてしまったら、綺麗なティッシュペーパーやタオルなどで軽く拭き取っていただけば大丈夫です。傷跡に洗顔フォームがついてしまったら、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。シャンプーで洗髪する場合も同じで、なるべく傷跡に泡がつかないように上手に洗ってください。傷跡に泡がついてしまっても、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。
手術をして3日後には、縫合した傷口はほとんどくっついているので、多少傷に水がついても大丈夫です。傷跡をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、傷跡を含め、小鼻周囲をを軽く洗っていただいても大丈夫です。洗顔した後も、洗髪した後も、傷跡に泡が残らないように、綺麗にすすいでください。
抜糸をした後は、傷跡を含め、ほとんど普通に小鼻を洗っていただいて大丈夫です(抜糸した翌日から傷跡を含め、小鼻周囲のメイク、化粧をしていただいて大丈夫です)。
ただし、手術して1ヶ月くらいは、傷跡に負担がかかるのは良くないので、強い力でゴシゴシ小鼻を擦るのはやめ、軽く指の腹で擦るくらいにしましょう。

術後の入浴について

切開する手術であるため、術後早期に身体が温まると、血流が良くなり過ぎて、腫れが強く出ることがあります。特に手術を受けて24時間の間は、血流が良くなると、傷口から出血してくることもあるので、注意が必要です。
そのため、手術を受けた当日の夜は、湯船に浸からず、軽く首から下にシャワーを浴びるくらいにしておくのが無難です。どうしても湯船に浸かりたい場合は、身体が温まらない程度のぬるま湯にし、首から下あるいは下半身浴で、短時間(1〜3分程度)に済ませるのが無難です。
手術後1日目(手術翌日)になると、血流が良くなることによって傷口から出血するリスクは低くなりますが、それでも血流が良くなれば腫れが強く出てしまうことがあるので、やはり、手術後2日目くらいまでの間は、手術当日と同じように、首から下のシャワーだけにするか短時間のぬるま湯の首から下入浴か下半身浴にするのが良いです。
手術後3日目くらいになると、腫れが引き始め、血流が良くなることによって更に腫れるリスクは低くなりますが、それでも極端に身体が温まって血流が良くなれば腫れが強く出てくることはあるので、やはり、ぬるま湯での首から下入浴か下半身浴程度にし、熱いお湯に浸かるのは手術後6日目くらいまではやめましょう。
手術後7日目にもなると、血流が良くなることにより更に腫れが強く出ることはまずないので、もう普通に入浴していただいて大丈夫です。
サウナや岩盤浴に関しても、手術後7日目からある程度可能ではありますが、あまりにも身体が温まり過ぎると、痛みや腫れが強くなることがあるので、異常を感じるようでしたら、無理しないで中止してください。
手術後28日目以降になると、創部はかなり落ち着いているため、普段通りにサウナ浴や岩盤浴をしても問題ない可能性が高いですが、やはり、創部に異常を感じるようでしたら無理をしないでください。

術後の運動について

切開する手術であるため、術後早期に激しい運動をすると、血流が良くなりすぎて、腫れが強く出ることがあります。
特に手術後24時間の間は、身体が温まって血流が良くなることによって腫れが強く出やすいため、必要以上に身体を動かさないようにしましょう。
手術後1日目(手術翌日)から手術後3日目くらいまでの間は、家から駅まで歩いたり、コンビニに買い物に行くくらいのことは問題がない可能性が高いですが、無理して必要以上に身体を動かすと、血流が良くなることによって腫れが強く出ることがあるので、やめてください。
手術後4日目〜6日目くらいになると、血流が良くなることによって腫れが強く出るリスクは低くなりますが、それでも念のために、積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
手術後7日目以降になると、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、筋力トレーニングなどの運動は徐々に始めていっても大丈夫ですが、身体を動かすことによって、創部に痛みを感じたり、違和感を感じるようでしたら、無理をせず、運動を中止してください。
手術後14日目以降になると、かなり創部の状態は落ち着いているため、激しい筋力トレーニングやエアロビクスをしたり、プールで激しく泳いだりしても問題がないことが多いですが、それでも創部に痛みを感じたり違和感を感じるならば、無理をしないでください。
手術後28日目以降になると、更に創部の状態は落ち着いているため、激しい運動をしても創部に異常を感じることはほとんどないことが多いです。

術後のエステ・自宅で行う
顔のマッサージの注意点

鼻の周囲(特に手術部位)は、1ヶ月マッサージしないようにしてください。
鼻の周囲以外の、頬、顎、フェイスラインなどの部位は、手術当日からしていただいても大丈夫です。

リスク・副作用・合併症について

やりすぎて不自然な小鼻の形になるケース

鼻翼(小鼻)縮小のリスク、副作用、合併症に、小鼻を切除しすぎて不自然な形になってしまうということがあります。
無理して必要以上に小鼻を切除してしまうと、小鼻の丸みが全くなくなり、鼻の穴の形が細長くなって、手術したのがまるわかりの鼻になってしまいます。
鼻翼縮小の手術は、理屈的にはいくらでも小鼻や鼻の穴を小さくすることができますが、小さくすればするだけ美しい鼻になるわけではありません。
小さくしようとすればするだけ小鼻の丸みがなくなり、鼻の穴の形が細長くなってしまいます。
ある一定のラインを越えてやりすぎてしまうと不自然な形になってしまい、元に戻すことはできなくなってしまいます。
無理をせず、その人の鼻に合った適切な手術を行えば、不自然になることはまずありません。
自然で美しい鼻になるために、手術前のカウンセリングをしっかり行い、コンピューターシミュレーションなどをして、十分に納得していただいてから手術を受けていただくことが重要です。

ドクターズボイス

日下志厳医師

正面から見たときに、鼻の穴が目立つか目立たないか。これだけのことで、顔の印象は大きく違います。鼻の穴さえ見えなければ…と、思い悩んでいるなら、この機会にご相談を。当院には鼻整形のプロが揃っているので、安心してお任せいただけます。