特徴

AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)の特徴

『AlexTriVantage(アレックストライバンテージ)』は、レーザー治療では困難といわれている肝斑(かんぱん)や肌のくすみ、日焼けによるしみ・そばかすだけでなく、生まれつきの青アザに効果があります。
瘢痕(はんこん)、赤みなどの副作用リスクも大幅に軽減し、従来のレーザーよりも、高い効果が得られます。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • かさぶたを作らずに
    肝斑・くすみを改善したい
  • 日焼けでできたしみを改善したい
     
  • そばかすを治したい
  • 生まれつきの青アザを治したい

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

■肝斑(かんぱん)治療の場合
施術時間 約15分
術後の通院 あり
術後の腫れ 肝斑は無し
しみの濃さによりかさぶた1週間程度
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 無し
■しみ(レーザー)治療の場合
施術時間 約15分
術後の通院 なし
術後の腫れ しみの濃さによりかさぶた1週間程度
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 無し
■刺青(タトゥー)除去の場合
施術時間 約15分~
術後の通院 あり
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔または局所麻酔

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■皮膚の発赤などについて

照射系治療(ウルセラ、サーマクール、サーマクールアイ、フォトフェイシャル、フォトRF、eプラス、ポラリス、フラクセル、シミ取りレーザー、Qスイッチレーザー、アレックストライバンテージ、Vbeamレーザー、レーザー脱毛など)のリスク、副作用、合併症に、照射後の皮膚の発赤、ほてりがあります。
全ての人に生じるわけではありませんが、肌が弱い人や敏感肌の人に強いエネルギーで照射した場合に肌が赤くなり、ほてった感じになります。
その場合、照射後に保冷剤で肌を冷やしていただくと数分~数十分程度でほとんど赤みやほてりは引いてしまいます。
また、肌が強い人に関しては、ほとんど赤みやほてりが出ない場合もあります。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大