特徴

AGA治療の特徴

「薄毛・抜け毛は遺伝だから治らない」と思っていませんか?
医療技術の発達によって、薄毛・抜け毛は今や治療可能なものになりました。
毛が年々薄くなるのを「遺伝だから」「体質だから」とあきらめて何もせずに悩むのではなく、ご自身の体質を知ったうえで、有効な対策を取っていくことができるようになっています。
薄毛・抜け毛の原因として、近年クローズアップされているのが、AGA(男性型脱毛症)。
当院では、錠剤を服用する「内服薬処方」や、有効成分を頭皮内に直接注入する「最新育毛メソセラピー」といった治療法で、あなたに合った最適な治療を行います。
AGAは治療できます。AGAを克服し、ふさふさの髪の毛を取り戻しましょう。

AGAとは

AGA(エージーエー)は「男性型脱毛症」(Androgenetic Alopecia)の略で、ヘアサイクル(髪の抜け生え)が短くなることで、前頭部や後頭部の髪から次第に薄くなり、やがては広い範囲に薄毛が広がっていきます。主に思春期以降の成人男性によく症状がみられ、原因として、もともとAGAになりやすい体質の遺伝や、通常、全身の体毛の成長を促す男性ホルモン(テストステロン)が、頭髪に対してはだけは、発毛を抑制する効果を持っており、このバランスの異常といったことがあげられます。また、不規則な生活による栄養不足や、ストレス、アルコールやたばこといった嗜好品も、AGAの原因の一つになります。
「男性型脱毛症」といっても、女性がAGAにかかる場合もありますので、気になる方はぜひ、カウンセリングを受けてみてください。

AGAは治療で改善できます

AGAの方の毛根は、髪の毛の伸びる機能は弱まっているものの、機能自体が失われているわけではありません。治療により、髪の毛の成長を正常レベルに回復させることで、髪の毛は再び黒々としたものになります。
毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。
決してあきらめることはありません。

高須式メディカル育毛プログラムの施術内容

適切なAGA治療法を専門医が決定

AGAの進行状況をもとに、専門医が適切な治療方法を決定します。ここでは、おもな治療方法を2つご紹介します。

HARG法(最新育毛メソセラピー)HARG法(育毛メソセラピー)


HARG法で使用するダーマローラーと製剤

「HARGヘアカクテル」を薄毛になっている頭皮へ注射あるいはダーマーローラーにて直接与えていきます。直接毛根に行き届くため、男女の性別にこだわらず高い発毛・育毛効果が期待できます。
「HARGヘアカクテル」には、毛髪再生のための有効成分グロスファクター(ヒト成長因子)150種類以上と、毛髪成長に必要なビタミン等を多く含んだ「育毛メソヘアーカクテル」がブレンドされています。
各成分をどの程度配合するか、また注入の方法は、あなたの薄毛・抜け毛の要因(栄養的要因)に合わせて、担当ドクターが調整。確実に効果実感が得られる丁寧な施術を行います。

HARG法(最新育毛メソセラピー)は、主にこのような方にオススメです。HARG法(育毛メソセラピー)は、主にこのような方にオススメです。

【男性の場合】・一般的な脱毛症(初期段階) ・感染後脱毛症 ・前頭頂部脱毛症 ・栄養不良性脱毛症 ・紫外線脱毛症 ・円形脱毛症 ・ストレス性脱毛症 【女性の場合】・男性型脱毛症 ・更年期脱毛症 ・妊婦後脱毛症 ・栄養不良性脱毛症 ・ストレス性脱毛症 ・円形脱毛症
※本施術は名古屋院のみとなります。

内服薬処方

AGAの治療法として、錠剤を服用していただく方法もあります。 治療に使用する薬は、「プロペシア」。発毛を妨げる原因である男性ホルモンの働きを抑えることで薄毛・抜け毛への効果があると医学的に証明されている成分 「フィナステリド」を原料としており、米国食品医薬局(FDA)の認可を受けている、安全に服用していただける内服薬です。日本だけでなく、世界数十カ国 で発売されており、日本国内だけで13,000以上の医療機関が採用しています。
※プロペシアは男性のみの処方となります。

AGAのメカニズム

髪の毛は通常、毛根から生えて成長する「成長期」、成長が弱まりやがて止まる「退行期」、そして古い毛が抜けて新しい毛が育ちはじめる「休止期」のサイクルを繰り返しています。
AGA(男性型脱毛症)の方の髪の毛は、皮膚内で毛髪を作る「毛包(もうほう)」の部分の成長が充分でないため、成長期が短くなる傾向にあります。
AGAの方とそうでない方の頭皮を比較すると、発毛組織数はあまり差がありません。しかし一本一本の毛が細く、また充分に育っていない毛が比較的多いため、全体的に薄く見えてしまいます。

AGAのヘアサイクルは成長期が短くなっています

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 以前から薄毛が気になる
     
  • 若い頃と違い、髪の毛に元気がなくなってきた
  • カツラをかぶらず、メスで肌を切ることなく髪を増やしたい
  • 遺伝的に将来薄毛が不安だ
     
  • 円形脱毛症
  • 女性で薄毛に悩んでいる
  • 出産後の薄毛で悩んでいる
     
  • 植毛後、生着率を良くしたり、抜け毛を予防したい

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■AGA治療(高須式メディカル育毛プログラム・HARG療法)


ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 なし
術後の腫れ なし
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔
シャワー

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■内出血について

ヒアルロン酸、ヒアルロニダーゼ、ボトックス・ボツリヌストキシン、頭髪メソセラピー、メソシェイプフェイスなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

服部良光医師

薄毛・抜け毛や脱毛症でお悩みの方は、是非一度カウンセリングをお受けください。
あなたの原因によって適切な治療を行います。
高須クリニックでは最新型育毛メソセラピーにより抜け毛をストップさせ発毛を促進させるプログラムをご用意いたしております。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大