美容整形について

日本人の一重まぶた、二重まぶたの割合はどれくらいなのか?二重まぶたになる仕組みメカニズムについて


目の手術診察風景

二重まぶた手術のカウンセリングをしているとよく、「日本人で二重まぶたの人と一重まぶたの人の割合って、どれくらいなんですか?」とご質問いただきます。

私の答えは、「日本人は男女共に、一重まぶたの人が7割、二重まぶたの人が3割くらいです」です。

日本人は、白人、黒人に比べ、まぶたの皮膚が厚く、まぶたの皮下脂肪、眼窩内脂肪、ROOF(眼輪筋下脂肪組織)が発達している人が多いです。二重まぶたというのは、まぶた開ける筋肉である上眼瞼挙筋の延長上にある挙筋腱膜が、まぶたの脂肪組織や眼輪筋を貫いて、皮膚にまぶたを開ける力が働くことにより、そこの部分の皮膚が折れ曲がり、二重になるわけです。厚いまぶたは、まぶたを開けるとき、眼瞼挙筋の挙筋腱膜がまぶたの皮膚に伝わらないため、皮膚が折れ曲がらず、一重まぶたになります。そのため、まぶたの皮膚が厚い日本人は、必然的に一重まぶたの人の割合が高くなります。

まぶたの皮膚が薄い白人、黒人はほぼ全員二重まぶたで、アジア人でも、アラブ人、ペルシャ人、インド人、東南アジアの人はほとんどが二重まぶたです。世界中で一重まぶたの人が多いのは、日本人、韓国人、北朝鮮人、中国人、モンゴル人あたりです。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大