特徴

※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。


目の手術診察風景

二重まぶた・全切開法の特徴

理想的な二重まぶたを手に入れることはもちろんのこと、腫れぼったい目の原因となる目の上の脂肪も取り払うことができるのが、『全切開法』です。非常にまぶたが腫れぼったく、ミニ切開では充分に腫れぼったさを解消できない人に向いています。
二重にしようとするヒダの予定線を切開し、余分な脂肪を排除して内部処理を行った後、縫い合わせます。施術時間は30分程度。術後、一重に戻ってしまう心配はありません。
当院では従来の手法と違って元に戻ることはなく、半永久的に維持できます。無愛想に見られがちだった腫れぼったい目も、すっきりと優しい印象に生まれ変わり、はっきりとした二重のラインで、目をいっそう大きく輝かせることができます。
会社や学校などでダウンタイムが取れない方には、片目の手術後に眼帯をして腫れが引いた後にもう片方の目の手術をする、柔軟な対応もできます。

【施術クリニック】東京、横浜、名古屋、大阪

■施術後の解説動画

施術6ヶ月後の腫れ、経過などを、動画で解説します。

Before:一重まぶただと目が細くなり、眠たそうな印象、暗い印象、冷たそうな印象を与えます。また、まつ毛は下向きになり、目が小さく見えます。/末広タイプ:日本人が最も自然で似合うと言われている二重です。老若男女誰からも愛される自然な二重になりたい人はこれを選びます。埋没法でこの形をつくる場合は元に戻りにくいのが特徴です。ふだんナチュラルメイクをする人に向いています。/自然な奥二重:一重まぶたよりも目が丸くなり大きく見えます。顔全体の印象をあまり変えたくない人に向いています。幅広い平行タイプ:ギャルの間で流行っている二重です。二重の幅が広く平行型になると目を大きく見せることができます。つけまつ毛やアイラインなどのアイメイクをしっかりと盛りたい人に向いています。また、ハーフっぽい印象を出すこともできます。埋没法でもこの形をつくることはできますが、ミニ切開法や全切開法の方が向いていることがあります。/幅のせまい平行タイプ:大人しい感じだけど華やかなタイプの二重の形です。スッピンでも割と大きな目に見えます。人によっては二重の手術だけでこの目をつくるのが難しく、目頭切開が必要な場合もあります。/パッチリ目:黒目が90%~100%でている目です。キョロキョロしたお人形さんの様な目にしたい人はこれを選びます。ただし、目を開ける力の弱い人は眼瞼下垂の手術が必要になることがあります。

目を閉じても傷跡が目立ちません!

ページトップへ戻る

二重まぶた全切開法の術式について
(高須幹弥の場合)

二重まぶた全切開法の術式(高須幹弥の場合)について解説させていただきます。

まぶたの断面の解剖。

①デザイン

カウンセリングの際に診察室で決まった二重のラインでデザインします。
専用の油性デザインペンで、新しく作る二重のラインに沿ってデザインします。

②局所麻酔注射

デザインが済んだら局所麻酔注射をします。
デザインの前に麻酔クリームを塗っており、極細の注射針で注射するので、それほど痛くありません。
麻酔注射するのは、まぶたの表面の皮膚だけであり、まぶたの裏側には注射しません。

③皮膚切開

デザインしたラインに沿ってメスで皮膚を切開します。
稀に必要に応じて皮膚を切除することがありますが、皮膚を切除することによって、腫れぼったさが目立ったり、傷跡に段差がついて目立ったり、キツい印象の目になることがあるので、あまり皮膚を切除することはありません。
また、皮膚を切除してしまうと、いつか二重の幅を狭く修正したくなったとき、修正が難しくなったり、不可能になる可能性が高くなります。

皮膚の切開。

④必要に応じて眼瞼内脂肪やROOFを切除する

まぶたの脂肪が多く、腫れぼったい場合、必要に応じて眼窩内脂肪やROOFを切除します。

眼窩内脂肪の切除。
眼窩隔膜を切開して開けると、余分な眼窩内脂肪はある程度自然にモコモコ出てくることが多い。

ROOFの切除。
ROOFは眼窩内脂肪と違い、自然にモコモコ出てくることはないので、ハサミを奥に突っ込んで切除することになる。

⑤重瞼ライン作成のための内部処理を行うために、挙筋腱膜の断端を露出させる

重瞼ラインを作成し、二重のラインをつくるため、上眼瞼挙筋から伸びる挙筋腱膜を同定します。
過去に埋没法をうけおり、糸が埋まっている場合は、この操作の辺りで埋没糸を除去することが多いです。
また、切開線より睫毛側の眼輪筋を切除することはほとんどありません。
必要以上に眼輪筋を切除すると、目を閉じた状態や伏し目になったときの傷跡が食い込んだり、窪み易くなってしまうからです。
また、切開線より睫毛側の眼輪筋を切除すると、その部分の二重の幅が予定より狭くなってしまうこともあります。
睫毛側の眼輪筋を切除しなくても、正しい内部処理を行えば、二重のラインが外れてしまうことはありません。

挙筋腱膜の同定。
切開線より睫毛側の眼輪筋は切除せず、温存する。

⑥重瞼ライン作成のため、皮膚と挙筋腱膜の断端を縫合固定する

重瞼ライン作成のため、睫毛側の皮膚→挙筋腱膜→眉毛側の皮膚の順番で、極細のナイロン糸で皮膚縫合をします。
綺麗な二重のラインになるように、ほぼ等間隔で4箇所程度行います。
この縫合は中縫いではなく表縫い(外縫い)なので、約1週間後に抜糸し、糸が中に残ることはありません。
中縫いをして二重のラインを作る方法もありますが、非吸収糸の場合は異物が表層に残ることになるし、吸収糸の場合もしこりが残り、目を閉じたときにボコボコしたり、異物感が残るリスクがあるので、私に関しては中縫いは行いません。
中縫いをしなくても、正しいデザインで、正しい内部処理を行えば、自然な二重のラインが作れるし、二重のラインが外れて元に戻ることはありません。

睫毛側の皮膚→挙筋腱膜→眉毛側の皮膚の順番で針を通し、二重のラインを作成する皮膚縫合をする。

⑦皮膚同士を丁寧に縫合して完成

最後に、重瞼ライン作成の皮膚縫合の間を丁寧に皮膚縫合して完成です。
この縫合は皮膚同士を縫合するだけです。
傷跡が綺麗になるように、極細のナイロン糸で丁寧に縫合します。
この縫合の糸も約1週間後に抜糸します。
目を開けると二重になります。

二重のラインが作成されており、目を開けるとその位置の皮膚が折れ畳まれ、二重になる。
約1週間後に抜糸になりますが、抜糸をしても、1週間の間に、二重のライン上の皮膚と挙筋腱膜が癒着しているため、二重のラインは残り続ける。

ページトップへ戻る

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術をした後、二重の幅を広くする修正手術の術式について。

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術(皮膚を切開して行った場合)をした後、二重の幅を広くする修正手術の術式について解説させていただきます。

二重まぶたミニ切開法(小切開法、部分切開法)、全切開法、眼瞼下垂手術(皮膚を切開して行った場合)を受けた後、やっぱりもっと幅の広い二重を作れば良かったと後悔する方がいらっしゃいます。
その場合、前回の手術の切開線の傷跡の上(眉毛側)で新たに作る二重のラインに沿って切開し、二重の幅を広げる修正手術をすることができます。
修正手術は、前回の手術を受けてから6ヶ月以上空けてから行うのが望ましいです。
手術を受けてから6ヶ月の間は、腫れていて、二重の幅がまだ広い状態である可能性が高いので、そのような状態では正確なデザインができないし、どのような仕上がりになるのか予想がつきにくいからです。
また、瘢痕が未熟であったり、肥厚していたりするため、いい手術ができないことが多いです。
6ヶ月以前でも、幅を広げる修正手術は絶対にできない訳ではないのですが、6ヶ月以上空けて修正手術した場合に比べて仕上がりが悪くなる可能性が高いので、あまりお勧めできません。

幅を広げる修正手術の術式について

①デザイン、皮膚切開

新しく作る二重のラインをデザインし、局所麻酔注射をした後、皮膚切開します。

前回の切開線がある。
目を開けると二重になるが、この幅ではもの足りず、もっと幅を広げたい。
前回の切開線(傷跡)の上(眉毛側)に、新しい切開線のデザインをする。
この切開線が新しい二重のラインになる。
局所麻酔注射。
デザイン通りにメスで皮膚を切開する。
断面図。
前回の切開線の上(眉毛側)を切開する。
②前回の手術の二重のラインの癒着を外す

前回の手術の二重のラインの癒着を、鋏で剥離し、解除します。
この操作で、前回の手術の二重のラインはなくなるため、術後に三重になることはありません。

皮膚を切開したところから、前回の手術の切開線の癒着を剥離し、解除する。
この操作を行うことにより、前回の手術の二重のラインはなくなり、術後に三重になることはなくなる。
目を閉じたときの、前回の手術の傷跡の食い込みが目立たなくなることが多い。
断面図。
前回の手術の二重のラインの傷跡を外しているところ。

この後、必要に応じて、眼窩内脂肪やROOFを除去します。

必要に応じて、眼窩内脂肪やROOFを除去する。
③新しい二重のラインの作成

まつ毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端や瞼板前結合組織→眉毛側の皮膚の順番で縫合して、新しい二重のラインを作成します。

まつ毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端や瞼板前結合組織→眉毛側の皮膚の順番で縫合し、新しい二重のラインを作成する。

最後に皮膚同士を丁寧に縫合して終了です。

最後に皮膚同士を丁寧に縫合して終了。
目を開けると二重の幅が広がっている。
前回の二重のラインでは二重にならず、三重にはならない。
断面図。
手術終了。
目を開けると、新しいラインで皮膚が折れ曲がり、二重の幅が広がる。

他院で二重まぶた全切開法を受けた後、幅を広げる修正手術をした症例

Before After
術前。
二重のラインがガタガタで綺麗ではなく、左右差もある。
術後。
二重の幅は広がり、左右差も目立たなくなっている。
After
術後の目を閉じた状態。
傷跡は2本になっているが、それほど目立たない。
After
術後のメイクありの状態。

ページトップへ戻る

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術をした後、二重の幅を狭くする修正手術の術式について。

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術(皮膚を切開して行った場合)をした後、二重の幅を狭くする修正手術の術式について解説させていただきます。

二重まぶたミニ切開法(小切開法、部分切開法)、全切開法、眼瞼下垂手術(皮膚を切開して行った場合)を受けた後、やっぱりもっと幅の狭い二重にすれば良かったと後悔する方がいらっしゃいます。
幅を狭くしたい理由は、
「他院で二重まぶた切開法をしたんだけど、希望した二重より広くされてしまった」
「好きなモデルさんの幅の広い平行型二重に憧れていて、切開法で幅広二重を作ったけど、実際にやってみたら自分には似合わないことがわかったから」
「目を大きくしたくて二重の幅を広くしたのに、スッピンのとき、かえって眠たそうな目になってしまったから」
「幅広平行二重にして最初は気に入っていたが、家族や友人に『整形っぽくて不自然だよ』と言われて、その言葉がどうしても引っ掛って気になるようになってしまったから」
などです。
その場合、前回の手術の切開線の傷跡を含めてまつ毛側の皮膚を切除して、前回の手術の二重のラインよりも下に(まつ毛側に)新しい二重のラインを作り、二重の幅を狭くする修正手術ができることがあります。
修正手術は、前回の手術を受けてから6ヶ月以上空けてから行うのが望ましいです。
手術を受けてから6ヶ月の間は、腫れていて、二重の幅がまだ広い状態である可能性が高いので、そのような状態では正確なデザインができないし、どのような仕上がりになるのか予想がつきにくいからです。
また、瘢痕が未熟であったり、肥厚していたりするため、いい手術ができないことが多いです。
6ヶ月以前でも、幅を狭くする修正手術は絶対にできない訳ではないのですが、6ヶ月以上空けて修正手術した場合に比べて仕上がりが悪くなる可能性が高いので、あまりお勧めできません。

二重の幅を狭くする修正手術の術式について

①皮膚切除

前回の手術の切開線の傷跡を含めてまつ毛側の皮膚を切除するデザインをします。

幅を狭くする修正手術前。
目を閉じると、前回の手術の切開線(傷跡)がある。
デザイン。
前回の手術の切開線の傷跡を含めてまつ毛側の皮膚を切除する。

局所麻酔注射後、皮膚を切除します。

局所麻酔注射。
デザインした部分の皮膚を切除。
断面図。
前回の手術の傷跡を含めて皮膚を切除する。
②新たな二重のラインの作成

前回の手術の二重のラインの癒着があれば可能な限り解除し、必要に応じて、余分な眼窩内脂肪とROOFを切除します。

癒着を解除し、必要に応じて、余分な眼窩内脂肪とROOFを切除する。
まつ毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端や瞼板前結合組織→眉毛側の皮膚の順番に縫合して二重のラインを作成します。
新しい二重のラインを作るため、まつ毛側の皮膚→挙筋腱膜の断端や瞼板前結合組織→眉毛側の皮膚の順番に縫合する。
新しい二重のラインができる。
③皮膚の縫合

最後に皮膚同士を丁寧に細かく縫合して終了です。

皮膚同士を丁寧に細かく縫合。
新しい二重のラインができ、二重の幅が狭くなる。
断面図。
新しい二重のラインで皮膚が折れ曲がり、二重の幅が狭くなる。

他院の二重まぶた切開法の後、二重の幅を狭くした症例

手術前
目を開けた状態
左右差もある。
患者様は左右の二重幅を狭くして、左右差も治したいというご要望だった。
目を閉じた状態 目を閉じた状態。
切開線の高さが左右で違う。
前回の手術の切開線(傷跡)を含めて皮膚切除し、左右の目の二重幅を狭くすることになった。
手術後
目を開けた状態
術後。
左右の二重幅は狭くなった。
多少左右差は残っているが、修正前に比べると、大分マシになった。
目を閉じた状態 目を閉じた状態。
前回の手術の傷跡はなくなり、新たな二重のラインの傷跡が残る。

皮膚を切除することができず、幅を狭く修正することができないこともある

皮膚を切除して幅を狭く修正手術する方法は、皮膚を切除し過ぎると、まぶたを閉じることができなくなるという問題点があります。

皮膚を切除し過ぎると、目を閉じても、まぶたが閉じきらず、半目になってしまう。

そのため、前回の手術で皮膚を切除していると、修正手術であまり皮膚を切除することができず、幅を狭くする量を制限されてしまうことがあります。
場合によっては、前回の手術で大量に皮膚を切除されており、これ以上皮膚を切除すると目を閉じることができなくなってしまうことが予想され、皮膚を切除して幅を狭く修正する手術が全くできないことがあります。
また、前回の手術でかなり幅を広く作っている場合は、皮膚を切除できても、希望する幅まで狭くすることができないことがあります。

皮膚を切除しないで二重の幅を切除する方法もあるが、三重になる可能性がある

皮膚を切除することができない場合、皮膚を切除せず、前回の手術の切開線の下(まつ毛側)を切開し、なるべくボリュームを新しい切開線よりも上(眉毛側)に移動させ、二重の幅を狭くする修正手術というものもあります。
ただし、その術式は、新しく作る二重のラインの上のボリュームが足らず、予定外重瞼線が出現し、三重になってしまう可能性があります。

皮膚を切除しないで幅を狭くする方法は、新しく作る二重のラインの上のボリュームが足らず、予定外重瞼線が出現し、三重になってしまうリスクが高い。

予定外重瞼線が生じないように、術後に埋没法の糸で吊り上げたり、袋綴じをしたりして予防処置をしますが、絶対的にボリュームが足らなければ、やはり予定外重瞼線は生じてしまいます。
ボリュームを足すために、脂肪注入や脂肪移植をすることもありますが、目を閉じた状態で凸凹になったり、予定外重瞼線が治らなかったり、上手くいかない可能性があります。
かえって酷くなってしまうこともあり、あまりお勧めすることはありません。

眼瞼下垂手術を行い、二重の幅を狭く修正することもある

皮膚を切除して二重の幅を狭くする修正手術以外にも、眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くすることによって、目を開けた状態での二重の幅を狭くする修正手術の方法があります。
元々まぶたの開きが悪い人や、あまり良くない人が幅の広い二重を切開法で作った場合や、眼瞼下垂手術をしたのにあまり開きが良くなってない人が適応になります。

まぶたの開きが悪く、二重の幅が広い場合。
眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くすると、目を開けた状態の二重の幅が狭くなる。

皮膚を切除する方法と眼瞼下垂手術を組み合わせて二重の幅を狭く修正することもあります。

皮膚を切除する方法と眼瞼下垂手術を組み合わせて二重の幅を狭く修正した症例

Before After
他院の二重まぶた切開法後。
まぶたの開きが悪く、切開線の位置も高い。
皮膚を切除し、眼瞼下垂手術も行い、二重の幅を狭く修正することになった。
患者様の希望で、同時に目頭切開も行った。
術後。
まぶたの開きは良くなり、二重の幅も狭くなった。

眼瞼下垂手術を行い幅を狭くする修正手術は、まぶたの開きを大きくすればするだけ目を開けた状態での二重の幅は狭くなりますが、まぶたの開きを大きくし過ぎると、ビックリ目やギョロ目のようなキツい目になってしまったり、黒目の上の白目が見えてしまう上三白眼になってしまうことがあります。

まぶたの開きが良くて、二重の幅も広い場合、
眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くして、二重幅を狭くしようとすると、上三白眼になったり、ビックリ目、キツい目になってしまう。

そのため、もともとまぶたの開きが良い人が切開法で幅の広い二重を作った場合や、眼瞼下垂手術でまぶたの開きを良くし、同時に幅の広い二重を作った場合、眼瞼下垂手術でさらにまぶたの開きを良くしてしまうと、開きすぎて不自然になってしまうことがあります。

内側(目頭側)の幅を狭くするのは難しい

皮膚を切除して幅を狭くする修正手術も、眼瞼下垂手術で幅を狭くする修正手術も、二重の中央部分や外側(目尻側)の幅を狭くすることはある程度できても、内側(目頭側)の幅を狭くするのは難しいことが多いです。
内側は、中央に比べればまぶたの開きが弱い部分だし、外側に比べれば二重のラインの下(まつ毛側)の皮膚の余りが少ないからです。
場合によっては、中央と外側の二重幅を狭く修正することができても、内側だけは狭くできないこともあります。

狭くする修正手術を行っても、
中央と外側の二重幅を狭く修正することができても、内側だけはほとんど狭くできないことがある。

二重の幅を狭くする修正手術は、患者様のまぶたの状態を診て、どの方法で行うか、カウンセリングで話し合って決めることになります。
ただし、前回の手術の術式や患者様のまぶたの状態によっては、どの手術方法でも、狭く修正することができないことがあります。
いずれにせよ、しっかり診察して、どのような修正手術が可能であるか見極め、どうするのが一番良いかカウンセリングで決めることになりますが、状態によっては全く修正手術ができないことも稀にあります。

ページトップへ戻る

天然の一重まぶたと二重まぶたと奥二重の違い、埋没法や切開法で二重まぶたになる仕組みについて。

天然の一重まぶたと二重まぶたの違いと、埋没法や切開法で二重ができる仕組みについて解説させていただきます。

天然の一重まぶたと二重まぶたの違い

まぶたを開く動作は、まぶたの下部の淵にある瞼板(けんばん)という軟骨の板が、まぶたの上のほうから伸びている筋肉(上眼瞼挙筋とミューラー筋)とくっつき、その筋肉の収縮によって瞼板を引っ張ることで行われています。

まぶたの断面の解剖図

筋肉が単純に一カ所で瞼板と接合しているだけのまぶたは、まぶたを開けるときに、まぶたが折れ込まれることがなく開くので、二重にはならず一重まぶたになります。

まぶたを開ける筋肉が瞼板に付着しているのみで、枝分かれして、まぶたの皮膚のほうにしっかりと延びていない場合 まぶたの皮膚は折れ曲がることなくまぶたが開くため、二重にはならず一重になる
一重まぶたのまぶた まぶたの皮膚が折れ曲がらず、一重まぶたになるため、まぶたの皮膚がまつ毛の生え際まで覆い被さり、まぶたの開きはあまり良くない

筋肉が瞼板に接合しているだけでなく、上眼瞼挙筋から伸びる挙筋腱膜が眼輪筋を貫き、皮膚とも接合していると、まぶたを開けるときにその部分の皮膚が引っ張られて折り畳まれるため、二重まぶたになります。

上眼瞼挙筋から移行する挙筋腱膜が枝分かれしてして伸び、まぶたの皮膚に付着しているまぶた まぶたを開くと、挙筋腱膜が付着している皮膚の部分も引っ張られるため、その部分の皮膚が折れ畳まれ、二重になる
二重まぶたのまぶた まぶたを開くと、皮膚が折れ畳まれて持ち上がるため、一重まぶたに比べると皮膚が覆い被さりにくく、その分、まぶたの開きが良くなり、黒目が大きく出る

また、二重まぶたでも、二重のラインが狭いと、まぶたを開けたときに皮膚が折れ込まれても、二重のラインの上の皮膚がまつ毛の生え際まで覆い被さり、二重のラインや幅が見えない、いわゆる奥二重になります。

二重の幅が狭いと、まぶたを開けた状態で、二重のラインの下の皮膚に全て覆い被さり、奥二重になる。それでも、完全な一重まぶたに比べれば、まぶたの開きは良くなる。
狭い二重のライン 奥二重になり、二重のラインは見えないが、完全な一重まぶたに比べればまぶたの開きは良く、黒目の見える面積も大きい

二重のラインがそれほど狭くなくても、まぶたの開きが極端に良いと、目を開けた状態で二重のラインや幅が見えず、奥二重になることがあります。

まぶたの開きが良いと、一般的な幅の二重(目を閉じた状態で7mm程度)の二重でも、目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚に皮膚が覆い被さり、奥二重になる
一般的な目を閉じた状態で7mm程度の幅の二重でも、まぶたの開きが非常に良いと、 まぶたを開けた状態で、二重の幅が見えなくなり、奥二重になる

二重まぶたであっても、加齢などによってまぶたの皮膚のたるみが多い場合、目を開けた状態で皮膚が覆い被さり、奥二重になってしまうことがあります。

加齢などにより、まぶたの皮膚のたるみが大量に覆い被さると、二重のラインがあっても、まぶたを開けた状態で、皮膚のたるみが覆い被さり、奥二重になってしまう
まぶたの皮膚のたるみが多いまぶた 二重のラインがあっても奥二重になってしまう

埋没法で二重まぶたになる仕組み

埋没法は、ナイロン製の細い糸をまぶたの中に埋め込むことにより、一重まぶたを二重まぶたにしたり、二重まぶたの幅を更に広げたりします。

まぶたの皮膚の表面から瞼板まで貫通させて、ループ状に糸を埋め込んで結ぶため、皮膚と瞼板が連結し、二重のラインができます。

埋没法を行い、まぶたの皮膚と瞼板を埋没糸で連結すると、 まぶたを開けると、連結した部分が引き上げられるため、その部分が二重のラインになり、皮膚が折り畳まれ二重になる

切開法と違い、永久的で完全な癒着を起こすわけではないので、年月と共に糸が緩んでいき、二重のラインがなくなってしまうことがあります。

まぶたは下のほう(まつ毛側)ほど薄く、上のほう(眉毛側)にいくにつれ厚くなっていきます。

そのため、埋没法で幅の狭い二重のラインを作る場合は糸が緩みにくく、幅の広い二重を作る場合は糸が緩みやすく、元に戻りやすいです。

まぶたの下のほうは脂肪組織が少なく薄いため、狭い幅のラインで埋没法を行うと、比較的糸が緩みにくく、二重のラインが戻りにくい まぶたの上のほうは脂肪組織が多く、厚いため、広い幅のラインで埋没法を行うと、比較的糸が緩みやすく、二重のラインが戻りやすい

また、糸を抜去すると、皮膚と瞼板の連結がなくなり、二重のラインがなくなることがほとんどです。

切開法で二重まぶたになる仕組み

二重まぶたミニ切開法(部分切開法、小切開法)や全切開法は、新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、二重のライン上の皮膚と挙筋腱膜~瞼板前結合組織~瞼板までの間を癒着によって連結させることにより、一重まぶたを二重にしたり、二重まぶたの幅を更に広げたりする方法です。

作りたい二重のラインでまぶたの皮膚を切開し、そのライン上の皮膚を挙筋腱膜~瞼板前結合組織~瞼板までの間と癒着によって連結させることにより二重を作る まぶたを開けると、切開線上の皮膚が一緒に引き上げられ、二重のラインになる

永久的な癒着を起こすため、埋没法のように二重のラインがなくなって元に戻ってしまうことは通常ありません。
また、皮膚を切開するので、同時に余分な脂肪を除去することができます。

ミニ切開法(部分切開法、小切開法)の場合は、必要に応じて眼窩内脂肪を除去することができる
全切開法の場合は、必要に応じて眼窩内脂肪やROOFを切除することができる ミニ切開法でも全切開法でも、切開したラインが癒着により二重になり、埋没法のように、二重のラインが外れて戻ることはない

ページトップへ戻る

二重まぶたミニ切開法(小切開法、部分切開法)と全切開法、どちらがいいの?何が違うの?

二重まぶたミニ切開法(小切開法、部分切開法)と全切開法、どちらがいいの?何が違うの?について解説させていただきます。
高須クリニックの二重まぶた切開法には、ミニ切開法(部分切開法、小切開法)と全切開法の2種類があります。
私(高須幹弥)の手術を希望してカウンセリングにいらっしゃる患者様には、最初に自分から「ミニ切開でお願いします」とおっしゃる方がいらっしゃれば、「全切開でお願いします」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
「ミニ切開法と全切開法の違いがよくわからなくて、私の場合はどっちがいいのですか?」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
ミニ切開法と全切開法は、「新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、癒着を作ることにより元に戻らない二重を作る」ということは同じですが、それ以外のことに関しては微妙に異なる点があります。

ミニ切開法も全切開法も、新しく作る二重のラインに沿って皮膚を切開し、二重のライン上の皮膚とその下の挙筋腱膜~瞼板前結合組織~瞼板を癒着させることにより二重を作る

以下に、それぞれについて詳しく解説させていただきます。

切開線の長さについて

全切開法は、「全」という言葉通り、原則としてまぶたの端から端まで切開する手術です。

二重まぶた全切開法。ほぼまぶたの端から端まで皮膚を切開する

目の横幅は個人差があるので、一概に「全切開法は○○mm切ります」というものはないのですが、だいたい20~30mm程度切開します。
ミニ切開法に関しても、「ミニ切開法は○○mm切ります」という定義があるわけではないのですが、高須クリニックのミニ切開法に関しては、一応2cm以下の長さの切開法をミニ切開法と呼んでいます。
5mmとか、10mm以下の短い切開線でも二重のラインを作ることは可能ではありますが、あまりに短い切開線だと、目を閉じた状態や伏し目になったときに、切開線の部分だけが窪んで、不自然さが目立つことがあるので、私(高須幹弥)に関しては、ミニ切開法をする場合、最低でも1.5cm以上切開することが多いです。
また、切開線が短いと、癒着が甘くなり、二重のラインがとれてしまうこともあります。

ミニ切開法。私(高須幹弥)のミニ切開法に関しては、1.5~2.0cm程度切開することが多い。
5mm程度の小さな切開でもできないことはないが、
目を閉じたときや伏し目になったときに傷跡の部分が窪みやすいし、二重のラインがとれてしまうことがある

これは、美容外科学の教科書的な定義で、「切開法は○cmの切開で、ミニ切開法、部分切開法、小切開法は○cmの切開である」というようなものはないため、それぞれのクリニックや医者が独自に決めています。
まぶたが厚い人に切開法をする場合は、ミニ切開法よりも全切開法のほうが向いていることがあります。
厚いまぶたを短い切開線で切開して、癒着させ、二重のラインを作ると、切開線の傷跡が食い込んで、不自然さが目立つことがあるからです。
幅広いラインで二重を作る場合も、ミニ切開法よりも全切開法のほうが向いていることが多いです。
まぶたは下の方(睫毛側)は薄くても、上のほう(眉毛側)にいくにつれ厚くなります。

まぶたは下の方(睫毛側)は薄くても、上のほう(眉毛側)にいくにつれ厚くなる

幅広い二重を作る場合、上のほうの厚い皮膚や組織を切開して癒着をさせるため、短い切開線だと、目を閉じた状態や伏し目になったときの傷跡が食い込んで目立ちやすいため、ある程度長く切開したほうが目立ちにくいからです。

幅広い二重のラインをミニ切開法で作ると、
目を開けた状態では良いが、
目を閉じたときや伏し目になったときに傷跡の部分が窪みやすいし、二重のラインがとれてしまうことがある

平行型二重を作る場合も、ミニ切開法より全切開法のほうが向いていることが多いです。
一般的に、平行型二重を作る場合は、末広型二重を作る場合に比べ、幅広い二重を作る必要があるからです。
特に蒙古襞が発達している目を平行型にする場合は、蒙古襞を乗り越えて幅広い二重を作る必要があるため、長い切開線で二重を作るほうが、確実に平行型二重を作ることができることが多いです。

蒙古襞が発達している目
蒙古襞を乗り越えて幅広い二重を作る必要があるため、長い切開線で二重を作る
蒙古襞を乗り越えた、平行型二重を作ることができる

除去できる脂肪について

上まぶたの脂肪は、主に、皮下脂肪、眼窩内脂肪、ROOFの3種類あります。

〈まぶたの断面の解剖〉

全切開法の場合、眼窩内脂肪とROOFを切除することができます。

全切開法の場合、眼窩内脂肪とROOFを切除することができる
眼窩内脂肪の切除 ROOFの切除

ミニ切開法の場合、眼窩内脂肪を除去することはできますが、切開線が短いためROOFを除去することができません。

ミニ切開法の場合、眼窩内脂肪を除去 眼窩内脂肪の切除

そのため、ROOFが発達しているような分厚いまぶたの人は、ミニ切開法よりも全切開法のほうがまぶたがすっきりし、仕上がりが綺麗になることが多いです。
皮下脂肪はどちらの手術でもほとんど取ることはできません。
皮下脂肪が厚くてまぶたが厚い人は、ミニ切開法か全切開法をした後、顔専用の腫れない脂肪溶解注射メソシェイプフェイスをまぶたの皮膚に注射するのが良いです。

皮下脂肪が厚くてまぶたが厚い人は、ミニ切開法か全切開法をした後、脂肪溶解注射メソシェイプフェイスをまぶたの皮膚に注射するのが良い

その場合、手術して6ヶ月以上経過してから注射するのが良いのですが、早く注射したい方は、私に関しては1ヶ月くらいで注射することもあります。

皮膚切除について

全切開法は切開線が長いため、皮膚を切除することができますが、ミニ切開法は切開線が短いため、物理的に皮膚を切除することはできません。

全切開法は皮膚を切除することができる ミニ切開法は切開線が短いため、物理的に皮膚を切除することができない

ただし、私に関しては、全切開法でも皮膚を切除することはあまりありません。
稀に必要に応じて皮膚を切除することがありますが、皮膚を切除することによって、腫れぼったさが目立ったり、傷跡に段差がついて目立ったりします。
上まぶたは、下の方(睫毛側)は薄くても、上のほう(眉毛側)にいくにつれ厚くなるため、全切開法の皮膚を切除する場合は、下のほうの薄い皮膚を切除することになります。

全切開法でまぶたの皮膚を切除する場合、下のほうの薄い皮膚を切除することになる
薄い皮膚と厚い皮膚を縫合することになるため、傷跡に段差ができやすい

すると、上のほうの厚い皮膚だけが残ってしまい、目を開けた状態で、まぶたの上のほうの厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重になったり、キツい印象の目になることがあるので、むやみやたらに皮膚を切除することはお勧めしません。

上のほうの厚い皮膚が残ってしまい、目を開けた状態で、まぶたの上のほうの厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重になりやすい

時々、「アイプチやアイテープのやり過ぎで皮膚が伸びてしまったので、全切開のついでに皮膚を切除してください」とおっしゃる患者様がいらっしゃいますが、皮膚の伸びよりも皮膚が被れて分厚くなっているだけの場合が多いので、皮膚を切除と、まぶたの上のほうの厚い皮膚が折れ曲がる不自然な二重になる可能性があります。
また、皮膚を切除してしまうと、いつか二重の幅を狭く修正したくなったとき、二重のラインの下の皮膚を切除して幅を狭くすることができなくなるので、修正が難しくなったり、不可能になる可能性が高くなります。

皮膚を切除する必要がある場合や、どうしても余分な皮膚を切除したい場合は、まぶたの下のほうの薄い皮膚を切除するのではなく、眉毛の下で厚い皮膚を切除(上眼瞼リフト)するほうが良いです。

まぶたの皮膚を切除したい場合、上眼瞼リフトをして、眉毛の下で厚い皮膚を切除するほうが良い
眉毛の下で厚い皮膚を切除すると、
上眼瞼リフトで厚い皮膚を切除し、ミニ切開法or全切開法で二重のラインを作ると、厚ぼったい二重になりにくい

術後の腫れについて

一般的に、ミニ切開法よりも全切開法のほうが、結果的に腫れが強くなります。
デザインや手術操作などにもよりますが、平均すると、1~2割程度強く腫れます。
ただし、それは、「ミニ切開法よりも全切開法のほうが腫れる」というより、「ミニ切開法でできる人は腫れが少なく、全切開法をしたほうが良い人は腫れる」ということです。
ここまでの説明を読んで理解した人はわかると思いますが、ミニ切開法でできるのは、まぶたが薄くて、作る幅が狭くて、ROOFが発達していなくてROOFを取る必要がない人です。
そのような人は、ミニ切開法でなく、全切開法で行っても腫れは少ないです。
まぶたが分厚くて、ROOFが発達していり人がある程度幅が広い平行型二重を作る場合は、全切開法をして、ROOFを切除する必要があります。
その場合、ROOF切除によって余分に腫れが出るし、幅の広い二重を作ると、腫れているときは更に幅が広くなって腫れが目立ちます。
そのような人にミニ切開法で同じ幅の二重を作ることは可能ではありますが、ROOFを切除することができず、厚ぼったさが残ったり、傷跡が食い込んで目立ちやすくなったりします。

ミニ切開法

手術前
手術前。
まぶたは薄いほうで、広くない二重を希望されたので、ミニ切開法をすることになった。
手術直後
手術直後。
眼窩内脂肪やROOFは切除していない。
1週間後
1週間後。
脂肪を切除していないこともあり、ほとんど内出血していない。
3ヶ月後
3ヶ月後。
ほぼ完全に腫れは引いている。
比較的腫れが引くのが早い。

全切開法

手術前
手術前。
厚ぼったいまぶたなので、全切開法をすることになった。
手術直後
手術直後。
眼窩内脂肪とROOFも切除した。
1週間後
1週間後。
脂肪を切除したためか、内出血がみられる。
一般的に脂肪を切除すると腫れが強く出る傾向にある。
1ヶ月後
1ヶ月後。
6ヶ月後
6ヶ月後。
ほぼ完全に腫れは引いている。

ミニ切開法と全切開法、どちらですべき?

以上の説明を読んで理解していただけばわかると思いますが、結局、ミニ切開法でやるか全切開法でやるかは、最初から患者様が決めるのでなく、診察させていただいた医者が、患者様のご要望を聞いた後に決めるのが最も良いです。

元のまぶたの状態や作る二重の幅、デザインによって、どちらが向いているかが決まるからです。

そのため、どちらの方法でやったらいいかわからない人は、担当医にお任せください(そういったこともあり、どちらも同じ料金にしてあります)。

もちろん、「どうしてもミニ切開法でやりたい」「どうしても全切開法でやりたい」というご要望の方には、なるべく希望にそえるように努力させていただきます。

ページトップへ戻る

平行型二重は二重まぶた埋没法や切開法だけでできるのか?目頭切開は必要なのか?

「平行型二重は二重まぶた埋没法や切開法だけでできるのか?目頭切開は必要なのか?」について解説させていただきます。

平行型二重希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「平行型の二重にするためには目頭切開は必要ですか?」とか、「埋没法だけで平行型二重は作れますか?」「二重まぶた切開法だけで平行型になりますか?」のような御質問をいただきます。

日本人の7割くらいは、目頭のところに蒙古襞が強く発達しているため、自然な幅の二重を埋没法や切開法で作った場合は、必然的に末広型の二重になります。

典型的な日本人の一重まぶた。
蒙古襞が張っている。
自然な幅の二重をつくると、目頭側の二重のラインは蒙古襞の中に入り込み、必然的に末広型二重になる。

埋没法で6mmの末広型ナチュラル二重にした症例

Before After
蒙古襞の張っている人に埋没法で自然な幅の二重を作ると、 目頭側の二重のラインは蒙古襞の中に入り込み、末広型二重になった。

その様な方は、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作れば平行型になりますが、幅の広い二重は埋没法では元に戻り易いので、ミニ切開法や全切開法をお勧めすることが多いです。

蒙古襞が張っている典型的な日本人の一重まぶた。
蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作れば平行型になる。

二重まぶたミニ切開法で幅広めの平行型二重を作った症例

Before After
蒙古襞が張っている。
狭い末広型二重だが、平行型二重を希望された。
蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重をミニ切開法で作成したら、平行型二重になった。

蒙古襞のない白人のような平行型二重希望の方は、埋没法あるいはミニ切開法か全切開法か眼瞼下垂手術で二重を作った後、あるいは同時に(もともと幅の見える二重の方は二重の手術をする必要はありません)、大きく目頭切開をして蒙古襞を完全にとってしまえば、白人のような平行型二重になります。
幅の狭い平行型二重がご希望の場合は、狭い二重を埋没法あるいはミニ切開法か全切開法で作った後、あるいは同時に(もともと狭い二重の方は二重の手術をする必要はありません)、大きく目頭切開をして蒙古襞を完全にとってしまえば狭い平行型になります。

蒙古襞が張っている典型的な日本人の目。
二重まぶたを作り、一緒に大きく目頭切開をして蒙古襞を完全にとってしまえば、平行型二重になる。

目頭切開、目尻切開、二重まぶた全切開法、目の下脂肪取りを同時に行った症例

Before After
適度に蒙古襞がある症例。
平行型二重を希望された。
目頭切開で蒙古襞を解除し、二重まぶた全切開法で二重の幅を広げて、平行型二重を作った。
患者様の希望で、同時に目尻切開、下まぶた脂肪取りも行っている。

しかし、その場合は、もともと目と目が離れている方は非常にバランスの良い目になることがありますが、そうでない方は、寄り目になったり、キツい印象の目になることがあるので注意が必要です。

蒙古襞が張っていて、目と目が離れている場合。
目頭切開で蒙古襞を完全になくして平行型二重を作っても、それほど不自然にならない。
蒙古襞が張っていて、目と目が離れていない場合。
目頭切開で蒙古襞を完全になくして平行型二重を作ると、寄り目になって、キツい印象の不自然な目になってしまう。
他院で目頭切開を受け、完全に蒙古襞をとられてしまった症例。
元々目と目が離れていなかったため、寄り目になって、キツい印象になってしまっている。

また、時々日本人でも蒙古襞があまり発達していない人や、西洋人の様に全く蒙古襞がない人がいます。
その様な方は、目頭切開をしなくても、狭い二重あるいは広い二重を埋没法あるいはミニ切開法か全切開法で作るだけで必然的に平行型二重になります。

蒙古襞が発達していないタイプの目。
二重を作るだけで、必然的に平行型二重になり、末広型二重にはならない。

二重まぶた・埋没法

Before After
蒙古襞が発達していない症例。 埋没法で二重を作ったら、必然的に平行型二重になった。

いずれにせよ、平行型二重を作るためにはどの手術が必要か、どの手術が向いているのかは人によって大きく異なりますので、まずはセンスがあって手術の上手なベテランの医師の診察を受けることが重要です。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 二重の幅を狭くしたい
  • まぶたが非常に厚く腫れぼったい
  • 過去に埋没法をしたが戻ってしまった
  • 幅の広い二重にしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

二重まぶた・全切開法
森本剛医師からのコメント

手術前
二重のラインはほとんどなく、毎日のアイプチでまぶたの上に不自然なクセができていた方。まぶたに厚みがあったため、全切開法を選択しました。

手術直後
まぶたの脂肪を丁寧に取ってから、ご希望されていた平行タイプに。麻酔の影響で少し腫れて二重の幅が広く見えますが、この腫れは1週間程で気にならなくなってきます。


▼上 目を開けた状態 / 下 目を閉じた状態
6ヶ月後
腫れがほとんど引いて、幅の広い平行タイプのラインがくっきりと刻まれました。また、脂肪をしっかりと取ったことで、パッチリと目が大きく開くようにもなりました。

ページトップへ戻る

他の施術との比較

  埋没 ミニ切開 全切開
手術時間 10分 20分 30分
術後の腫れ 直後でも極くわずか
(個人差あり)
強い腫れは約1週間
(個人差あり)
強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
アイメイク 3日後より可能 約1週間後より可能 約1週間後より可能
手術の痛み 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか 麻酔クリームをぬってから麻酔の注射をするのでわずか
二重の永久性 腫れぼったい目、
目を開ける力が弱い人、
アトピーや花粉症で目をよくこする人、
幅広い二重をつくった場合はとれることがある。
永久に二重はとれない 永久に二重はとれない
腫れぼったい目の場合 腫れぼったさを取ることはできない。 脂肪を少しとってすっきりすることができる。 脂肪をたくさんとってすっきりすることができる。
幅の広い二重をつくる場合 取れない場合もあるが、時間と共にだんだん幅がせまくなったり、ラインが浅くなってきてとれる場合がある。 半永久に幅の広い二重を維持できる。 半永久に幅の広い二重を維持できる。
幅の狭い二重をつくった場合 半永久に二重がとれない場合が多いが、元の目が腫れぼったい場合は数年でとれることがある。 半永久に二重を維持できる。 半永久に二重を維持できる。
安全性 高い 非常に高い 非常に高い
料金 ¥90,000 ¥250,000 ¥250,000

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 30分
術後の通院 1回
術後の腫れ 強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 点眼麻酔とクリーム麻酔と局所麻酔併用
シャワー 当日より可能
メイク 抜糸後より可能
■麻酔の注射、手術中、術後の痛みについて

私(高須幹弥)の場合、手術前に麻酔の点眼薬(目薬)をし、目元の皮膚に麻酔クリームを塗ります。10分くらい経過すると、目元の感覚が鈍くなってきます。その後、デザインをし、手術部位を消毒して、局所麻酔の注射をします。
麻酔の注射はわずかに痛いのですが、麻酔の点眼とクリームが効いているため、通常の痛みの半分くらいになります。
また、高須クリニックでは麻酔の注射が極力痛くないように、局所麻酔液を人間の体内と同じPHになるようアルカリ緩衝液を混ぜ、極細の注射針で注入するようにしています。
そのため、麻酔の注射は、皆さんが想像しているよりも痛くなく、ほとんどの患者様が手術終わった後に、「思ったより痛くなかったです!」「全然痛くなかったです!」とおっしゃいます。
また、他院で二重まぶた埋没法や切開法を受けた人が高須クリニックで手術した場合も、「前によそで手術したときは凄く痛かったけど、今回は全然痛くありませんでした!」とおっしゃいます。
手術中は、局所麻酔がよく効いているので、痛みは全くありません。
時々、他院で目元の手術を受けた人が、「手術中も痛かった」とおっしゃいますが、正しい局所麻酔製剤を正しい量、濃度で、正しい位置に注射すれば、手術中に痛いということは通常ないので、高須クリニックで手術する場合は、手術中に痛いということはないのでご安心ください。

手術後は、2~3時間で局所麻酔が切れてきて、徐々に痛みが出てきますが、それほど強い痛みではなく、わずかな痛みです。
一応、念のため全ての患者様に、痛み止めの内服薬を頓服で(痛いときだけ飲んでいただくように)処方していますが、多くの患者様は、「ほとんど痛くなかったので、痛み止めは飲みませんでした」とおっしゃいます。
術後の痛みも想像しているよりも大したものではなく、ちょっとした切り傷、かすり傷程度のもので、「痛くて夜も眠れない」なんてことはないので、恐るるに足らずです。
術後3日目くらいには、痛みはほとんどなくなっているか、気にならないくらいのわずかな痛みになっています。

■術後のアイシングについて

目元の手術の後は、目元を適度に冷やしていただくと、冷やさなかったときに比べ、腫れが引くのが少し早くなります。必ず冷やさなければいけないわけではありませんが、冷やすことができれば冷やしていただくのが良いです。冷やした場合と冷やさなかった場合で、完全に腫れが引いた後の最終的な仕上がりに差が出ることはまずありません。
冷やし方は、氷をビニール袋に入れた物やアイスノンなどをタオルなどでくるみ、目元に軽く押さえる程度に当てる感じで良いです。氷を直接皮膚に長時間当てると、凍傷になったり、血行障害を起こすことがあるので、必ずタオルなどでくるみ、冷たくなりすぎないようにしてください。自分の生活のペースに合わせ、1回数分~数十分を、休憩を挟みながら、1日数回程度冷やしていただけば良いです。
特に手術当日~手術翌日(手術後1日目)は、温まったり、血行が良くなることにより、内出血を起こし易い時期なので、この期間に冷やすことが効果的です。
手術後2日目~手術後3日目辺りも炎症が強く、比較的腫れが出やすい時期なので、この期間に冷やすことも効果的です。
手術後4日目~手術後6日目くらいになると、強い炎症もないため、冷やしておくと、冷やさないのに比べて多少マシな程度の効果です。
手術後7日目以降になると、もう冷やす意味はほとんどありません。冷やすことによって血行が悪くなる弊害のほうが大きくなることもあるので、冷やすことはお勧めしません。
あとは、残りの腫れが引くまで、普段通りの生活をして、日にち薬で待つしかありません。
時々、「温めたほうがいいですか?」とご質問される方がいらっしゃいますが、腰痛や肩凝りなどと異なり、手術後の患部を温めて血行を良くするメリットは特別ないと私(高須幹弥)は考えているため、私に関しては、積極的に温めることはお勧めしていません。

■術後のダウンタイムについて

目元の皮膚を切開し、細い青色透明のナイロン糸で縫合した後、約1週間後(だいたい手術後6~8日目です)に抜糸をします。傷跡に糸がついている間はアイメイクすることはできませんが、抜糸した翌日からアイメイクすることができます。皮膚を切開する手術は、どんな手術でも、完全に腫れが引いて完成するのに、厳密にいうと約6ヶ月かかります。
しかし、大きな腫れは、だいたい1~2週間で引くので、抜糸した後、アイメイクをしっかりすれば、腫れはそれほど目立たないことが多いです。そのため、アイメイクをしっかりする人は、1週間くらいの休みで手術することが多いです。
ほとんどアイメイクをしない女性や男性に関しては、デザインなどによる術後の腫れの程度にもよりますが、1~2週間くらいの休みで手術する人が多いです。
ただし、どのようなケースでも、人目を気にする人、気にしない人、ちょっとした腫れを気にする人、気にしない人がいます。あまり人目を気にしない人は、抜糸するまでの間、目元に糸がついている状態でも、眼鏡をすれば、至近距離(1m以内)でジロジロ見られなければ、かなりカモフラージュできるので、手術の翌日から仕事したり、学校に行く人もいます。
美容整形したことが周囲にバレても構わない人、周囲に公言している人も、手術の翌日から仕事したり、学校に行く人はいらっしゃいます。多少目が腫れていても、目は見えるし、身体は動くので、腫れや周囲の目を気にしない人は、手術翌日からでも学校に行くことはできるし、仕事に行くことは可能です(ただし、激しい運動などは抜糸するまではやめてください)。

■施術後、コンタクトができる目安について

手術直後からでもコンタクトをすることはできるのですが、術後1週間くらいはまぶたの裏の形が変わっているため、目がゴロゴロする感じがあったり、異物感があるので、それらの症状がなくなってからする方が良いです。どうしてもコンタクトしないと困るという人には、手術直後からでもしていただくことはありますが、可能であるなら最低3日間、できれば1週間しないでいただきたいです。

切開する手術なので、抜糸するまでの1週間は目の周りに傷があり、縫合した糸がついている状態になります。

そのため、糸がついている時期に目の周りを触ると傷に負担がかかるし、不潔になることがあるので、可能であれば、抜糸するまでの1週間はやめておいてください。

■術後の洗顔や洗髪、シャンプーについて

皮膚を切開する目もとの手術は、切開した部分を細いナイロン糸で縫合し、約1週間後に抜糸をします。
手術当日は傷跡を濡らさないようにしていただきます。洗顔する場合は、傷跡を濡らさないように、目もと以外の部位を上手に洗ってください(洗顔料、洗顔フォーム、石鹸を使っていただいてかまいません)。
かといって、絶対に傷跡を濡らしてはいけないとか、傷跡を濡らすと取り返しがつかないことになるというわけではありません。もし、傷跡が濡れてしまったら、綺麗なティッシュペーパーやタオルなどで軽く拭き取っていただけば大丈夫です。傷跡に洗顔フォームがついてしまったら、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。手術当日のシャンプーも同じで、なるべく目元に水滴がつかないように上手に洗ってください。傷跡に泡がついてしまっても、水で軽くすすぐか、濡れタオルなどで拭き取っていただけば大丈夫です。
手術の24時間後には、傷跡をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、傷跡を含め目もとを軽く洗っていただいても大丈夫です(洗顔フォームを使って頂いてもかまいません)。
洗顔した後も、洗髪した後も、傷跡に泡が残らないように、綺麗にすすいでください。
約1週間後に抜糸をした後は、傷跡を含め、ほとんど普通に目もとを洗っていただいて大丈夫です。ただし、手術して1ヶ月くらいは、傷跡に負担がかかるのは良くないので、強い力でゴシゴシまぶたを擦るのはやめ、軽く指の腹で擦るくらいにしましょう。
ちなみに、抜糸した後、まぶたを強く擦ってしまったからといって、二重のラインが取れてしまったりすることは、高須クリニックの手術に関してはまずありえないので、ご心配ありません。

■術後の入浴について

切開する手術であるため、術後早期に身体が温まると、血流が良くなり過ぎて、腫れが強く出ることがあります。特に手術を受けて24時間の間は、血流が良くなると、傷口から出血してくることもあるので、注意が必要です(もし出血してきたら、軽くガーゼで抑えるか、氷やアイスノンなどの氷嚢をガーゼでくるんだもので軽く抑えれば止まるので心配ありません)。
そのため、手術を受けた当日の夜は、湯船に浸からず、軽く首から下にシャワーを浴びるくらいにしておくのが無難です。どうしても湯船に浸かりたい場合は、身体が温まらない程度のぬるま湯にし、首から下あるいは下半身浴で、短時間(1~3分程度)に済ませるのが無難です。
手術後1日目(手術翌日)になると、血流が良くなることによって傷口から出血するリスクは低くなりますが、それでも血流が良くなれば腫れが強く出てしまうことがあるので、やはり、手術後2日目くらいまでの間は、手術当日と同じように、首から下のシャワーだけにするか短時間のぬるま湯の首から下入浴か下半身浴にするのが良いです。
手術後3日目くらいになると、腫れが引き始め、血流が良くなることによって更に腫れるリスクは低くなりますが、それでも極端に身体が温まって血流が良くなれば腫れが強く出てくることはあるので、やはり、ぬるま湯での首から下入浴か下半身浴程度にし、熱いお湯に浸かるのは手術後6日目くらいまではやめましょう。
手術後7日目にもなると、血流が良くなることにより更に腫れが強く出ることはまずないので、もう普通に入浴していただいて大丈夫です。
サウナや岩盤浴に関しても、手術後7日目からある程度可能ではありますが、あまりにも身体が温まり過ぎると、痛みや腫れが強くなることがあるので、異常を感じるようでしたら、無理しないで中止してください。
手術後28日目以降になると、創部はかなり落ち着いているため、普段通りにサウナ浴や岩盤浴をしても問題ない可能性が高いですが、やはり、創部に異常を感じるようでしたら無理をしないでください。

■術後の運動について

切開する手術であるため、術後早期に激しい運動をすると、血流が良くなりすぎて、腫れが強く出ることがあります。
特に手術後24時間の間は、身体が温まって血流が良くなることによって腫れが強く出やすいため、必要以上に身体を動かさないようにしましょう。
手術後1日目(手術翌日)から手術後3日目くらいまでの間は、家から駅まで歩いたり、コンビニに買い物に行くくらいのことは問題がない可能性が高いですが、無理して必要以上に身体を動かすと、血流が良くなることによって腫れが強く出ることがあるので、やめてください。
手術後4日目~6日目くらいになると、血流が良くなることによって腫れが強く出るリスクは低くなりますが、それでも念のために、積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
手術後7日目以降になると、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、筋力トレーニングなどの運動は徐々に始めていっても大丈夫ですが、身体を動かすことによって、創部に痛みを感じたり、違和感を感じるようでしたら、無理をせず、運動を中止してください。
手術後14日目以降になると、かなり創部の状態は落ち着いているため、激しい筋力トレーニングやエアロビクスをしたり、プールで激しく泳いだりしても問題がないことが多いですが、それでも創部に痛みを感じたり違和感を感じるならば、無理をしないでください。
手術後28日目以降になると、更に創部の状態は落ち着いているため、激しい運動をしても創部に異常を感じることはほとんどないことが多いです。

■術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点

目の周囲以外の部位は、当日から顔のマッサージをしていただいて大丈夫です。
目の周囲は、14日目くらいから軽くマッサージしていただいて大丈夫ですが、腫れが強いうちや痛みがあるうちは、あまりマッサージすると、腫れや痛みを助長することがあるので、強い腫れや痛みがある間はマッサージしないのが無難です(痛みがなくなり、軽いむくみ程度になったら大丈夫です)。
ただし、強い力でまぶたをマッサージすると、シワが増えたり、皮膚が伸びてたるむことがあるので、強い力でまぶたをマッサージすること自体をおすすめしません。

■術後のまつ毛エクステ使用について

まつ毛エクステは、まつ毛の付け根に接着剤のようなものを着けてエクステンションして、まつ毛のボリュームを増やすものです。多少まぶたの皮膚に刺激を受けることもあるので、二重まぶた切開法などをして、抜糸も済んでいないデリケートな時期にすることはもちろんできません。
原則として、アイメイクをして良くなってからまつ毛エクステをしても良いことにしています。すなわち、二重まぶた埋没法は3日後から、二重まぶた全切開法、二重まぶたミニ切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、タレ目形成、上まぶたたるみ取り、下まぶたたるみ取り、上眼瞼リフトなどは抜糸の翌日から、涙袋ヒアルロン酸注射は当日からということになります。
しかし、まつ毛エクステは、美容整形手術を受けた後の人、何も美容整形手術を受けていない人関係なく、誰が受けても全くリスクがないわけではありません。まつ毛エクステに使用する接着剤には刺激性があるため、皮膚の弱い人が受けると、まぶたの皮膚が被れて腫れ上がってしまうことが稀にあります。二重まぶた切開法などを受けた後は、抜糸が済んだ後でも、しばらくはデリケートな状態なので、ちょっとした刺激でも腫れやすいです。
そのため、まぶたの皮膚が被れやすい体質の人が、二重まぶた切開法などを受けて抜糸後間もないときにまつ毛エクステをすると、予想外に被れて腫れてしまうことがあります。ただし、皮膚が被れにくい体質の人は、まつ毛エクステをしても全く被れないこともあるので、以前にまつ毛エクステをして、経験的に被れないことがわかっている人は、抜糸の翌日にまつ毛エクステをしても問題がない可能性が高いです。ただし、サロンによって、まつ毛エクステに使用する接着剤の種類は異なるので、以前に被れなかったのに、サロンが変わると被れることもあるので、注意が必要です。
まつ毛エクステと同じ理由で、術後のまつ毛パーマやアイプチ、アイテープ、メザイクも、二重まぶた埋没法の後は1週間、二重まぶた切開法の後は1ヶ月間くらいしないほうが無難です。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■術後の腫れについて

上まぶたの皮膚を切開し、縫合する手術であるため、抜糸するまでの約1週間は傷に糸がついているし、強い腫れがあります。
特に手術直後~手術翌日にかけてが腫れのピークであり、その後は徐々に腫れが引いていきます。抜糸が終わった頃には、強い腫れは引いていますが、まだ多少の腫れは残っており、腫れによって、術前に予定した二重の幅より広くなっています。
その後、時間の経過と共に腫れは引いていき、二重の幅も狭くなっていって、予定の二重幅になりますが、厳密にいうと、完全に腫れが引いて完成するのは、平均すると6ヶ月くらいかかります。
ただし、術後の腫れの強さ、腫れが引くまでの期間の長さは個人差があります。

例を挙げると、

・予定の二重の幅のデザイン
二重の幅を広くすると、術後の腫れている時は更に幅が広くなるので、腫れが目立ちます。
・手術中に目に力を入れているかいないか
手術中に目に力を入れていると、手術中の出血量も多くなり、腫れが強く出ます。
・眼窩内脂肪やROOF(眼輪筋下脂肪組織)を除去するかしないか
脂肪を切除すると、断端から多少出血するため、術後の腫れが出やすくなります。
・腫れやすい体質か、腫れにくい体質か
ちょっとぶつけただけですぐ内出血が出る体質や、まぶたが浮腫みやすい体質の人は、腫れが強く出て長引きやすい傾向にあります。

などがあります。

デザイン、予定の二重の幅、患者様の性格(細かいことを気にしない性格か、気にする神経質な性格か、他人の目を気にする性格か、気にしない性格かなど)などにもよりますが、だいたい1週間くらい学校や仕事を休んで手術する人が多いです(個人差がありますが、1週間くらいで人前に出ても大きな違和感がない程度の腫れになることが多いです)。
ミニ切開法は全切開法に比べると、まぶたの皮膚の切開線の長さが短く、脂肪の切除量などが少なくなることが多いため、術後の腫れの強さや腫れる期間が1~2割程度少なくなることが多いです。眼瞼下垂手術の術後の腫れの強さや腫れる期間は、二重まぶた全切開法とほぼ同じになります。

■術後の内出血について

二重まぶたミニ切開法、全切開法、眼瞼下垂手術、目頭切開、目尻切開、垂れ目形成、上まぶたたるみ取り、上眼瞼リフト、下まぶたたるみ取り、蒙古襞形成、切開する場合の逆さまつ毛修正手術などのメスを使う目もとの手術のリスク、合併症において最も頻度の高いのは、術後の内出血です。
これらの手術は、二重まぶた埋没法やヒアルロン酸注射などと違い、程度の差はあれ、ほとんどの方に内出血が生じます。
私達医師は、なるべく強い内出血が出ないように丁寧に手術をさせていただきます。
程度の軽い内出血であれば、1週間後の抜糸の頃にはほとんど消えていますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
その場合、抜糸した翌日からアイメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に手術することはもちろん、患者様が手術中にリラックスして目に力を入れないこと、術後1週間特に最初の3日間くらいは熱いお風呂に長時間浸からないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないことなどが重要です。

■日にちを空けて片目ずつ手術を受ける場合について

二重まぶた埋没法、ミニ切開法、全切開法、目頭切開、目尻切開、タレ目形成、上まぶたたるみ取り、上眼瞼リフト、下まぶたたるみ取り、眼瞼下垂手術、まぶた脂肪取り、ブローリフトなどの目もとの手術をする場合、仕事や学校を休むことができず、日にちを空けて片目ずつ行うことがあります。
片目ずつ行う場合のリスクとして、両目同時に行うのに比べ、最終的な仕上がりに左右差が生じ易いということがあります。
目もとというのは、日によって微妙な変化をします。
その日の体調によっても変化し、朝か夕方かによっても変化するし、体重が1キロ変わるだけでも微妙な変化をします。
そのため、目もとのコンディションが違う状態で、日にちを空けて片目ずつ手術を行うと、どうしても仕上がりに微妙な左右差が生じてしまうことがあります。
目もとを含めて、人間の顔は誰でも左右非対称であるため、両目同時に手術を行ったとしても、パソコンで絵を書いたような完全な左右対称にすることはできません。
しかし、両目同時に手術する場合は、左右の目が同じコンディションであるし、手術のする医師が、左右の目をリアルタイムで比べながら、正確な手術ができるので、術後に生じる左右差を必要最小限に抑えることができます。
左右対称に強いこだわりのない方は、日にちを空けて片目ずつ手術しても問題ありませんが、左右対称に強いこだわりのある方は、通常通り両目同時に手術をすることをお勧めします。

■二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術で、元の目に合わないデザインで二重幅を作ったときのリスクについて

二重まぶた切開法や眼瞼下垂手術で、元の目に合わないデザインで二重幅を作ったときのリスクについて解説させていただきます。

二重まぶたミニ切開法や全切開法、眼瞼下垂手術で二重を作る場合、まぶたの皮膚を切開し、切開したラインで癒着を作り、永久的な二重のラインを作ることになります。
そのため、切開して永久的な二重のラインを作るということは、人生における大きな決断をするということになります。
自分に合っていない不自然な二重で切開した場合、残りの人世を一生不自然な二重で生きていくことになります。
不自然な二重で切開してしまった場合、ある程度修正手術で自然な二重に近づけることができたとしても、難しく、限界があることが多いし、場合によっては全く修正できないこともあります。
では、自分に合った自然な二重に切開して作りたい場合、どうしたらいいのでしょうか?
答えは簡単です。
高須クリニックのベテランの医者にデザインをお任せください。
どんな人でも、その人の目に合った一番自然で似合っている二重のラインというものが、必ず一つだけあります。
それは、二重のラインを作ったとき、黒目が最も大きく露出する二重のラインです。
そのラインは、目を閉じた状態で7mmくらいのことが多いですが、まぶたを開ける力やまぶたの厚みなどにより個人差があります。
まぶたを開ける力が弱い人は4mmくらいのこともあり、まぶたを開ける力が強い人は9mmくらいのこともあります。

目を閉じた状態で7mmくらいの位置で二重のラインを作るのが一番自然で似合っていることが多い
目が最も大きく露出する二重が一番自然で似合っていることになる

自分に一番合った自然なラインで二重を作ると、蒙古襞がある程度発達している典型的な極東アジア人の顔の人は末広型二重になり、蒙古襞があまり発達していない顔の人は平行型二重になります。
日本人の約7割は典型的な極東アジア人の顔をしているので、7割の人は末広型二重が一番自然で似合っている二重であり、残りの3割の人は平行型二重が一番自然で似合っている二重ということになります。

蒙古襞がある程度発達している典型的な極東アジア人のまぶたの場合に、一番自然で似合っている二重を作ると、
目頭側は、蒙古襞の中に二重のラインが入り込み、末広型二重になる
蒙古襞があまり発達していないまぶたに、一番自然で似合っている二重を作ると、
目頭側の二重のラインは、蒙古襞の中に入り込まないため、平行型二重になる

皆さんが憧れるような可愛いモデルさん、綺麗な女優さん、イケメンアイドルなどの人達は平行型二重である割合が高いです。
それは、元の顔が、平行型二重が自然で似合っている顔であることが多いからです。

自分に合っていないラインで二重を作ると不自然になる?

前述した通り、自分に一番合っている二重のラインで二重を作れば、必ず自然な二重になります。
まぶたが非常に分厚い人や、まぶたを開ける力が非常に強い人の場合は、その人に一番合っている二重が奥二重っぽくなることも稀にありますが、ほとんどの人はまつ毛の生え際が隠れて見えなくなることはありません。
傷跡が綺麗に治り、強くくい込んだりすることもありません。
目を開けた状態でも、くい込みが強くて不自然になることはありません。

では、自分に一番合っている二重ではない二重を切開して作った場合はどうなるのでしょうか?
その場合、自分に一番合っている二重よりも幅の狭い二重を作った場合は、幅は狭くはなりますが、不自然になることはありません。
しかし、自分に一番合っている二重よりも幅を広くしたり、末広型が一番自然で似合っていることになるのに、無理して平行型二重を作った場合は、多少の不自然さが出てくることになります。
二重の幅に関しては、自分に一番合っている二重の幅から、広げれば広げるだけ不自然さが強くなっていきます。

以下に、無理して二重の幅を広げた場合、具体的にどのように不自然になるのか解説していきます。

①元々分厚いまぶたは、更に分厚さが強調される

上まぶたは、下のほうは薄いですが、上のほうは厚いです。

〈まぶたと目の断面図の解剖〉
上まぶたは、下のほうは薄いが、上のほうは厚くなる

元のまぶたが厚い人ほどこの傾向が強いです。
そのため、元のまぶたが厚い人は、なるべく狭い二重にするのが自然に仕上がるのですが(奥二重が一番自然なことも多い)、無理して幅の広い二重を作ると、上のほうの分厚い皮膚が折れ曲がる、厚ぼったさが強調された二重になってしまいます。

元のまぶたが厚い人に、無理して幅の広い二重を作ると、上のほうの分厚い皮膚が折れ曲がる、厚ぼったさが強調された二重になってしまう

手術の際に眼窩内脂肪やROOFを除去したり、手術後に脂肪溶解注射で皮下脂肪などを溶かして、多少まぶたを薄くすることはできるのですが、それでも元々まぶたの薄い人ほど薄くすることはできません。

患者様の希望で非常に分厚いまぶたに、やや幅の広い平行型二重を作った症例写真

手術前

非常に分厚いまぶたの症例。
患者様の希望で、やや幅の広い平行型二重を作ることになった
手術後

全切開法で、蒙古襞を乗り越えて二重のラインを作り、平行型二重になったが、分厚いまぶたの印象は強くなっている?
患者様は平行型二重になって満足しているが、本当は奥二重くらいの幅の末広型二重にしたほうが自然で可愛くなったと思われる。

②目を閉じた状態や伏し目になったときの傷跡が食い込んで目立ちやすくなる

厚いまぶたの人に幅広い二重を作る場合、上のほうの分厚いまぶたのところで皮膚を切開して癒着させて二重のラインを作ることになります。
そうすると、目を閉じた状態や伏し目になった状態での傷跡が食い込んで目立ちやすくなることがあります。

上のほうの分厚いまぶたのところで皮膚を切開して癒着させて二重のラインを作ることになるので、目を閉じた状態や伏し目になった状態での傷跡が食い込んで目立ちやすくなる

傷跡が食い込まないように癒着を緩くすると、はっきりしない浅い二重のラインになったり、癒着が取れて二重のラインが外れてしまうことがあります。
まぶたの分厚い人に幅広い二重を作る場合は、強力な癒着が必要があるのです。
狭い二重を作る場合は、下のほうの薄いまぶたを切開して癒着させて二重のラインを作るので、傷跡が食い込んで目立つことはありません。

患者様の希望で分厚いまぶたに、幅広い平行型二重を作った症例写真

手術前
分厚いまぶただが、患者様の希望で、幅広い平行型二重を全切開法で作ることになった
手術後
メイクなし
幅広い平行なったが、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっている。
目を閉じた状態 目を閉じると、やや傷跡が食い込んで目立つ?
メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
アイラインを書いても奥二重のようにならず、二重のラインがはっきりとわかる。
患者様本人はそれなりに満足している?

③元々まぶたの開きの悪い人に幅広い二重を作ると、眠たそうな目になる

元々まぶたの開きが悪い人に、眼瞼下垂手術を行わずに、二重の手術をして幅広い二重を作ると、ガチャピンやグーフィーのような眠たそうな目になります。
そのような目の場合、眼瞼下垂手術をするのが良いですが、予算の都合などで二重まぶた切開法だけをする場合は、狭い二重を作るほうがまぶたの開きが悪くならず、あまり眠たそうな目にならないことが多いです。

まぶたの開きの悪い患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

手術前

元々まぶたの開きが良くないが、患者様の希望で幅広い平行型二重を全切開法で作ることになった
手術後

メイクなし
二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっているため、手術前の一重の状態のときとまぶたの開きは変わっておらず、眠たそうな目のままである。
もっと狭いラインで自然な二重を作れば、まつ毛の生え際に覆い被さっている皮膚が持ち上がって、まつ毛の生え際が見えて、まぶたの開きは良くなったであろう。
目を閉じた状態 無理して幅広い二重を作ったため、目を閉じると、やや傷跡が食い込んで目立つ?

メイクあり
本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
はでなメイクをするとそれなりに映えるので、本人はそれなりに満足している。
しかし、スッピンやナチュラルメイクになると眠たそうな目になり、不自然さは否めない。

④目を開けたときのくい込みが強くなって、キツい印象になる

まぶたの開きが良くて、まぶたが分厚い人に対して、無理して幅の広い二重を作ると、上のほうの分厚い皮膚が強く折れ曲がる二重になり、目を開けたときのくい込みが強くなって、キツい印象になることがあります。

分厚いまぶたの患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

手術前

分厚いまぶただが、自然な末広型二重であった。患者様の希望で、幅広い平行型二重を全切開法で作ることになった。
手術後

メイクなし
上のほうの分厚い皮膚が強く折れ曲がる二重になり、目を開けたときのくい込みが強くなった?
キツい印象になってしまったか?
メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
それなりに満足している?

⑤二重のラインの下の皮膚がぷっくりして、まつ毛の生え際に覆い被さり、まつ毛の生え際が隠れて見えなくなる

まぶたの厚い人に無理して幅の広い二重を作ると、目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さり、まつ毛の生え際が隠れて見えなくなることがあります。

目を開けた状態で、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さり、まつ毛の生え際が隠れて見えなくなる

時々、他院で自分に合っていない幅広い二重を作り、わたしに、「ぷっくりしているところの脂肪を取って、ぷっくりを治してください」と言う方がいますが、ぷっくりは脂肪が原因ではなく、幅広い二重を作ったことにより、二重のラインの下の皮膚が余っていることによるものなので、脂肪を取ってもぷっくりは治りません。
そう説明すると、「じゃあ、その余っている皮膚を切除して、ぷっくりを改善してください」と言う方がいらっしゃいます。
確かに、余っている皮膚を切除することができれば、ある程度ぷっくりが改善することになりますが、その場合は二重の幅が狭くなるので、二重の幅は狭くしたくないという方には、それはできないことになります。

まぶたが厚い患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

手術前

まぶたが厚く、目力が強い症例。
他院で涙袋に大量にヒアルロン酸を注射して、不自然に膨らんでいる。
患者様の希望で、全切開法で幅広い平行型二重を作ることになった。
手術後

メイクなし
二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっている。
メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
希望した通りの幅広い平行型二重になり、本人はそれなりに満足している。

⑥目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて尻切れトンボのようなラインになる

無理して幅広い二重を作ると、目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて、尻切れトンボのようなラインになることがあります。
内側と外側は中央にくらべ、まぶたを開ける力が弱いので、目を開けた状態で、しっかりと皮膚が折り畳まれないからそうなります。

無理して極端に幅広い二重を作ると、
目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて尻切れトンボのようなラインになる。

まぶたを開ける力が弱い人ほどこうなりやすいです。
また、二重の幅を広げれば広げるほでこうなりやすいです。

既にかなり幅広い二重を作っている患者様の希望で、更に幅広い二重を作った症例写真

手術前

既にかなり幅広い二重を全切開法で作っているが、患者様の希望で、切開法で更に二重の幅を広げることになった。
既に二重のラインの下の皮膚がまつ毛の生え際に覆い被さっている。
同時にタレ目形成(グラマラスライン)も行った。
手術後

メイクなし
目を開けた状態での二重のラインが、内側(目頭側)と外側(目尻側)で途切れて尻切れトンボのようなラインになった。
二重のラインの下の皮膚は、更にひどくまつ毛の生え際に覆い被さっている。
メイクあり 本人に普段しているアイメイクをしてもらった。
本人は満足している?

症例①
末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
左目が腱膜性眼瞼下垂ではあるが、自然な末広型二重である。
通常は、今の二重のラインのままで左目の眼瞼下垂手術のみをするのだが、患者様の希望で幅広平行型二重を二重まぶたミニ切開法で作ることになった。
術後。
幅広平行型二重になった。
二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さっているため、眠たそうな印象がある。
左目は下垂の手術はせず、二重を作っただけなので、特に眠たそうな目になっている。
After (メイクあり)
患者様に普段しているメイクをしていただいた。
左目はアイラインを太く引くことにより、まぶたの開きが悪いのを誤魔化してカバーしている。
メイク映えする目になったので、患者様は満足している。

症例②
蒙古襞が強く張っている末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
蒙古襞が強く張っている末広型二重。
二重自体は自然であるため、二重は弄らず末広型二重のまま目頭切開のみを行うのがよいのかもしれないが、幅広平行型二重を希望された。
目頭切開と二重まぶたミニ切開法を行うことになった。
術後。
幅広平行型二重になった。
二重のラインの下の皮膚はぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際が少し隠れている。
二重のラインは目頭側も目尻側も途中でやや途切れ気味である。
After (目を閉じた状態)
切開線の傷跡はやや食い込みが強い。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。

症例③
まぶたの開きがやや悪い奥二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
まぶたの開きがやや悪い奥二重。
幅広平行型二重を希望された。
開きを良くするために、眼瞼下垂手術で行うことになった。
術後。
幅広平行型二重になった。
まぶたの開きは良くなったのだが、二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さるため、その分まぶたの開きが悪くなってしまっている。
After (目を閉じた状態)
幅が広いため、切開線の傷跡はやや食い込み気味で目立ちやすい。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。

症例④
非常に分厚いまぶたで蒙古襞も強く張っている患者様の希望で、平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
非常に分厚いまぶたである。
蒙古襞も強く張っている。
目と目の間隔はそれほど離れていない。
無難に狭い末広型二重を二重まぶた切開法で作るだけが良いのかもしれないが、平行型二重を希望されたので、目頭切開と二重まぶた全切開法を行うことになった。
術後。
平行型二重になった。
上の方の厚い皮膚が折れ曲がる厚ぼったい二重である。
蒙古襞の突っ張りを解除したことにより、やや寄り目気味になって、やや外斜視気味になっている。
After (目を閉じた状態)
元々厚いまぶたの上の方の厚い部分の皮膚を切開して癒着させたので、切開線の傷跡は食い込み気味である。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。

症例⑤
まぶたの開きがあまりよくない末広型二重の患者様の希望で、平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
まぶたの開きがあまりよくない。
はっきりしない末広型の二重のラインがある。
平行型二重を希望されたので、蒙古襞を乗り上げるように、元の末広型のラインより幅の広い二重のラインを二重まぶた全切開法で作ることになった。
同時に目頭切開も行った。
術後。
平行型二重になった。
二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんでまつ毛の生え際に覆い被さるため、やや眠たそうな印象がある。
After (目を閉じた状態)
切開線の傷跡はやや食い込み気味であるが、元のまぶたの皮膚はそれほど厚くないため、許容範囲内か。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
俗に言う、アイラインを引いても奥二重のようにならず、二重だってわかる二重である。

症例⑥
非常にキツいツリ目の末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
非常にキツいツリ目である。
狭い末広型二重を二重まぶた全切開法で作るのが無難か?
患者様は幅広めの平行型二重を希望されたので、目頭切開を行って蒙古襞の突っ張りを少し解除し、二重まぶた全切開法で蒙古襞を乗り上げる幅広い二重を作ることになった。
術後。
幅広めの平行型二重になった。
二重のラインの下の皮膚がぷっくり膨らんで、まつ毛の生え際に覆い被さっている。
After (目を閉じた状態)
厚いまぶたの上の方の厚い皮膚で切開したため、切開線の傷跡はやや食い込み気味である。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
俗に言う、アイラインを引いても奥二重のようにならず、二重だってわかる二重である。
しっかりとメイクをすればそれなりにいいのかもしれない。

症例⑦
非常に分厚いまぶたで狭い末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
非常に分厚いまぶたである。
狭い末広型二重であるが、これくらいの二重が一番似合っているであろう。
今のラインのまま全切開して、ROOFと眼窩内脂肪を切除する程度にしておくのが無難か?
患者様は幅広平行型二重を希望されたので、二重まぶた全切開法で作ることになった。
術後。
幅広平行型二重になった。
涙袋にヒアルロン酸注射もしている。
元々分厚いまぶたの上の方の厚い皮膚で二重を作っているので、二重のラインの下の皮膚も分厚い。
まつ毛の生え際は完全に隠れている。
After (目を閉じた状態)
厚いまぶたの上の方の厚い皮膚を切開して癒着させているので、切開線の傷跡は食い込み気味である。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
派手なアイメイクをするとそれなりである。

症例⑧
まぶたの開きはあまりよくない狭い末広型二重の患者様の希望で、幅広い平行型二重を作った症例写真

Before After (メイクなし)
術前。
まぶたの開きはあまりよくなく、目が窪んでいるのが難点である。
狭い末広型二重である。
このような症例は、眼瞼下垂手術をして、狭い末広型二重を作るのが無難か?
患者様は幅広めの平行型二重を希望されたので、目頭切開と二重まぶた全切開法をすることになった。
術後。
幅広めの平行型二重になった。
まつ毛の生え際は辛うじて見えているが、二重のラインの下の皮膚はぷっくり膨らんでいる。
After (目を閉じた状態)
幅の広い位置で切開して癒着させているので、切開線の傷跡はやや食い込み気味である。
After (メイクあり)
患者様に普段しているアイメイクをしていただいた。
俗に言う、アイラインを引いても奥二重のようにならず、二重だってわかる二重である。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

例えば、「このタレントさんのような目にしたい!」と雑誌の写真などを持ってきてくだされば、それを見ながら、じっくりカウンセリング。可愛らしい印象のくっきり幅広い二重も、正統派美少女風の細めの二重も、出来る限りあなたのイメージ通りに仕上げます。
まぶたが非常に厚く腫れぼったい方が、元に戻らないくっきりきれいな二重にしたい場合は、全切開が最適。全切開に不安を感じる方もいますが、確かな技術を備えた医師が担当しますので、安心して任せていただけます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大