顔の施術について

眼瞼下垂手術で挙筋腱膜を瞼板に縫合固定する糸は吸収糸でやるのか非吸収糸でやるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「高須クリニックの眼瞼下垂手術は、挙筋腱膜を瞼板に固定する糸は吸収糸を使いますか?それとも非吸収糸を使いますか?」と御質問いただきます。

眼瞼下垂手術で挙筋腱膜を瞼板に固定する際は、基本的に非吸収糸を使うのが世界的な主流なので、高須クリニックのドクター達は原則として非吸収糸であるナイロン糸やポリプロピレン糸を使用しています。何故、非吸収糸を使用するのが世界的な主流なのかというと、やはり、吸収糸で固定した場合、糸が吸収される過程で挙筋腱膜が瞼板から外れてしまい、眼瞼下垂が再発することが危惧されるからです。この様な質問をする人は、恐らく、まぶたの中に異物が残ることに抵抗があるのだと思います。


上まぶたの皮膚を切開し、緩んでいる眼瞼挙筋を瞼板に縫いつけます


使用している縫合用糸

しかし、挙筋腱膜を瞼板に縫合固定する糸は、まぶたの皮膚の表面よりかなり深い位置にあるため、その糸によって支障がでることはまずありません。まぶたの皮膚の表面に透けて見えたり、ボコボコしたり、まぶたの裏に出てきたりすることもまずありません。そのため、患者様から特別な御要望がない限り、私は非吸収糸であるポリプロピレン糸を使用します。ポリプロピレン糸は強度があり、ほどけにくいです。また、針が丸針であるため瞼板を傷つけにくく、手術がやり易いので、私は好んで使っています。

しかし、患者様の中には心理的に、どうしてもまぶたの中に異物が残ることに抵抗があり、吸収糸でやってほしいという方がいらっしゃいます。そのような場合は、私に関しては吸収糸でさせていただくことがあります。私は眼瞼下垂手術をする際、タッキングではなく、挙筋腱膜を瞼板に前転させ、縫合固定するようにしているので、縫合固定して、糸が吸収されても、挙筋腱膜は眼瞼に癒着していると考えられるからです。

私が吸収糸で眼瞼下垂手術をして、2年以上経過をフォローできている患者様は20人以上いらっしゃいますが、下垂が再発している方は1人もいらっしゃいません。ただし、私としてはポリプロピレン糸を使用するほうが手術がやり易いため、できれば自分の実力が100%発揮できるよう、吸収糸ではなく、ポリプロピレン糸で手術をさせていただきたいと思っています。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)


(6ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大