顔の施術について

笑うと歯茎が出るガミースマイルの原因は?骨格?歯並び?上唇の筋肉?歯茎の粘膜?


笑うと歯茎が見えてしまうガミースマイル

笑うと歯茎が出る状態のことをガミースマイルといいます。
ガミースマイル(gummy smile)のガミーは、歯茎や歯肉を意味する「gum」の形容詞形で、歯茎が見えるという意味です。ガミースマイルの原因は色々ありますが、大きく分類すると、以下の3つに分けられます。

1.骨格や歯によるもの
上顎の骨(歯茎の骨)が縦に長い、前に出ている、歯が前に出ている

2.上唇によるもの
上唇を上に持ち上げる筋肉(上唇挙筋群)が発達している、上唇が縦に短い

3.歯茎によるもの
歯茎が発達し、歯茎の粘膜が歯に覆い被さっている

実際、原因として、大きな比率を占めるのは、1.の骨格や歯によるものです
上顎の骨(歯茎の骨)が縦に長ければ、歯茎に対して、相対的に上唇が短くなるので、笑ったときに上唇が上がれば、簡単に歯茎が見えてしまうことになります。上顎の骨(歯茎の骨)が前に出ている人や、歯が前に出ている人の場合もガミースマイルになりやすく、笑ったときに上唇が、前に出ている歯や歯茎にスライドして上がり、簡単に歯茎が見えてしまいます。骨格や歯が原因でガミースマイルになる人は、実際には、原因が1つだけであることは少なく、それぞれの原因を合わせ持っていることが多いです(上顎の骨が縦に長く、前にも出ていて、尚且つ、歯も前に出ていることが多いです)。

2.の上唇によるものが原因の人は、比率的には少ないですが、稀にいらっしゃいます
上顎の骨(歯茎の骨)の長さは正常なのに、上唇が縦に短い人は、笑ったときに、歯茎が見えてしまうことになります。また、笑ったときに上唇を上げる筋肉(上唇挙筋群)が発達している人は、上顎の骨(歯茎の骨)の長さが正常であっても、笑ったときに上唇が過度に上がるため、歯茎が見えてしまうことになります。

3.の歯茎によるものが原因の人も稀にいらっしゃいます
歯茎が発達して、歯茎の粘膜が歯に覆い被さるので、相対的に歯茎が縦に長くなり、笑ったときに歯茎が見えやすくなります

症例写真
■ガミースマイルボトックス症例写真


■ガミースマイル 手術による治療


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大