顔の施術について

タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)をすると老けるのか?

タレ目形成(グラマラスライン、下眼瞼下制術)を受けることを考えている患者様のカウンセリングをしていると、時々、「タレ目形成をすると老けるってネットに書いてあったんですが本当ですか?」「年をとるとどうせタレ目になるんだから、若いうちにタレ目形成するのって意味なくないですか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、
タレ目形成手術で作るタレ目と、年をとってなるタレ目は根本的に違います
です。

タレ目形成手術は、グラマラスライン、下眼瞼下制術とも呼ばれ、下まぶたの外側のラインを下に下げる手術です。下まぶたの外側のラインが下に下がることにより得られるメリットは、
  • 下に広がった分、確実に目が大きくなる
  • 下まぶたのラインが下がることにより、グラマラスな印象の目になる
  • キツいつり目にこの手術を行うと、つり目が解消し、優しい印象の目になる
ということが挙げられます。

ちなみに、「タレ目形成をすると老ける」というのは嘘で、目が大きくなって華やかで優しい印象になるので、どちらかというと若返り効果があるくらいです。インターネット上には、「豊胸手術をして飛行機に乗るとシリコンが爆発する」などの、美容整形を面白おかしく否定的に書く人がいるので、いちいち真に受けないでくださいね。

一方、年をとるとタレ目になる人がいます。まぶたの皮膚が重い人、あまり目が窪んでいない人は、老化することにより、コメカミやまぶたの外側が下がり、タレ目になります。その場合のタレ目は、タレ目形成手術で作る下まぶたの外側を下げるタレ目とは異なり、上まぶたの外側の皮膚がたるむことによって生じるタレ目です。

老化して生じるタレ目の特徴は、
  • 上まぶたの外側の皮膚が被さることにより、三角形の老けた印象の目になる
  • 皮膚が被さる分、目が小さくなる
  • 皮膚が被さることにより、視界が狭くなる
などが挙げられます。

以上のように、タレ目形成で作るタレ目と、老化して皮膚が被さることによってなるタレ目は根本的に異なります。「タレ目形成をすると老ける」「年をとるとタレ目になるのだから、若いうちにタレ目形成するのは意味ない」という考えも間違っているので、誤解しないでくださいね

また、余談ですが、年をとって老化してもタレ目にならない人もいます。上まぶたの脂肪が少なく、目が強く窪んでいる人は、年をとってもタレ目にはなりません。そのような人は、年をとると、更に目が窪んでいくため、上まぶたの皮膚が被さるようになることはありません。皮膚が被さって、三角形の目になるように老けるのではなく、痩せて目が窪んでガイコツのようになって老けていきます。

症例写真
■目尻切開+たれ目形成術(グラマラスライン)で目を外側と下方に大きくした症例写真


(4ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大