顔の施術について

二重まぶた埋没法をした後、どういうことをすると元に戻りやすいのか?

二重まぶた埋没法は、比較的低価格で、少ない腫れで二重を作ることができますが、年月が経つと元に戻ってしまうことがあります。特に、まぶたが腫れぼったい人、上まぶたが窪んでいる人、幅の広い二重を作った場合などに戻りやすいです。

埋没法をしても元に戻りやすいタイプ
  • まぶたに脂肪がつき腫れぼったい
  • 目を開ける力が弱い
  • まぶたの皮膚が厚い
  • アトピーや花粉症などでよく目をこする
  • 幅広い二重を望んでいる(二重ラインが目を閉じた状態でまつ毛から7ミリ以上)

また、術後に強く目を擦るなどのことをすると、ゆっくりと糸が緩んでいき、元に戻りやすいです。そのため、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーがあり、しょっちゅう目を強く擦っている人は元に戻りやすい傾向があります。ただ、洗顔やクレンジングなどで、まぶたを軽く擦る程度ならば、さほど問題はありません

また、毎日のコンタクトレンズの付け外し、つけまつげの付け外しなども、よほど激しく行わない限り、問題ありません。眼科医の診察を受ける際に、まぶたを裏返される行為なども、よほど頻繁に行わない限りは問題ありませんのでご安心ください。

症例写真
■二重まぶた・埋没法


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大