顔の施術について

正面から見て鼻の穴が見えるのが嫌な人はどうすればよいのか?

10~30代の女性の鼻のカウンセリングをしているとよく、「私、正面から見て鼻の穴が見えるのが嫌なんです。整形で治せますか?」と御質問いただきます。どんな美人でも、頭を90度直立させた状態で正面から見れば、ほとんどの人は少しは鼻の穴が見えます。それなのに何故最近の若い女性は正面から見て鼻の穴が見えるのを嫌うのでしょうか?

それは恐らく、最近人気のあるカリスマモデルやカリスマ歌手が雑誌やジャケットの写真を撮るとき、やや顎を引いて撮ることが多く、鼻の穴がなるべく写らないようにしているからだと思います。

正面から見て鼻の穴が写っていると、写真では顔の真ん中に黒い丸が2つ見えることになります。現代の若い女性にとっては、その黒い丸2つがとてつもなくカッコ悪いものに見えてしまうのです。そのため、モデルや歌手やアイドルが携帯で写メを撮ってブログやTwitterなどに載せるときも、ほとんどのケースで意識的に顎を引いて写メを撮り、鼻の穴が写らないようにしています(顎を引いて上から自画撮り写メを撮ると、目が大きく見えるのと、輪郭が逆三角形に見え、小顔に見えるからでもあります)

もちろん顔が整っているモデルやアイドルや歌手は、元々鼻の穴が大きくなく、鼻先が上に向いていないため、ちょっと顎を引くだけで鼻の穴が見えなくなるのもあると思います。モデルや歌手やアイドル達の写真はほとんど鼻の穴が写っていないのに、自分の写メやプリクラ®※を見ると鼻の穴が写っているため、余計に自分の鼻の穴が見えるのが気になってしまうのだと思います。

では、鼻の穴が見えるのが気になる人はどのような手術をすれば良いのでしょうか?まず、小鼻が横に広がって絶対的に鼻の穴が大きい人は、鼻翼(小鼻)縮小手術をするのが良いです。鼻翼縮小手術をすれば、絶対的に鼻の穴が小さくなるため、正面から見たときの鼻の穴の見える面積は確実に小さくなります。鼻先が上に向いている人は、そのことによって正面から見たときに鼻の穴が見えるのが強調されてしまうため、耳介軟骨移植をして鼻先を下げるように出すと、鼻先が上がっているのが改善し、鼻の穴が見えるのが強調されなくなります

極端に鼻先が上がっている人は耳介軟骨移植でなく、鼻中隔延長手術をすることもあります。たいていの人はこれらの手術をして、少し顎を引いて写真を撮れば、ほとんど鼻の穴は見えなくなります。

また、鼻の穴の裏側に耳の皮膚と軟骨の複合組織を移植して鼻孔縁を下げて鼻の穴が見えにくくする鼻孔縁形成術というものもありますが、この手術は移植した組織がきれいに生着しなかったり、術後に鼻の穴の形がガタガタになったり、左右差がでるなどのリスクが高いので、最終手段にすべきです。鼻翼縮小手術や耳介軟骨移植に関しては特別大きなリスクはないので心配ありません。

※「プリクラ®」は、株式会社インデックスの登録商標(第4128271号ほか)です。

症例写真
■鼻翼縮小(小鼻縮小)


(1ヶ月後)

■耳介軟骨移植(鼻先を出す)


(1週間後)

■鼻中隔延長(鼻先を大きく下方に延ばす)


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大