マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)

切らない、痛くない、短時間で終了
高品質ヒアルロン酸で、気軽にバストアップ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

マンマリーヒアル(ヒアルロン酸豊胸)で萎んで垂れたバストに張りを戻した症例写真の術前術後画像 左右30ccずつ

ビフォー・アフター

Before After(1ヶ月後)
Before After(1ヶ月後)
Before After(1ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代女性の患者様で、萎んで垂れてしまったバストを大きくして張りを出したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、元々大きかったバストが小さくなったためか、張りがなく垂れており、特にバストの上のほうのボリュームが少なく、窪んでいました。
バストの大きくする方法は、マンマリーヒアル(ヒアルロン酸注射豊胸)、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術、脂肪注入の3つがありますが、患者様は、「まずは一番手軽にできるヒアルロン酸注射で、少し膨らみがほしい」ということでしたので、マンマリーヒアルをすることになりました。
まずは、バスト上のほうの窪んで張りがない部位を中心に、左右に30ccずつ全体的に注入しました。
注射後は、萎んでいたバストに程よくボリュームが増え、張りのあるバストになりました。
この患者様のように、元々バストが大きい方は、妊娠、出産、授乳や老化などにより、ボリュームがなくなり、萎んで垂れて、特に上のほうが窪んで寂しくなります。
そのような場合、上のほうの窪んでいる部位だけにヒアルロン酸注射をすると、そこだけ膨らんで不自然なバストになってしまうので、今回のように、上のほうの窪んでいる部位を中心に全体的にバランスよく注入することになります。
また、ヒアルロン酸を追加で注入すると、更に膨らんで、張りのある形の良いバストになります。

術後の経過

■術後の経過:正面

注射前

高須幹弥医師からのコメント

注射前です。
妊娠、出産、授乳のためか、大きかったバストが萎んで垂れ気味になっています。
特にバストの上のほうのボリュームがさみしいため、上のほうを中心にマンマリーヒアル(豊胸専用ヒアルロン酸)を30ccずつ注入することになりました。

注射直後

高須幹弥医師からのコメント

注射直後です。
所麻酔注射の影響もあり、やや腫れて、予定よりバストが大きくなっています。
この腫れは1~2日でほとんど引きます。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
腫れも引き、針穴も目立たなくなっています。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
ほどよくボリュームが出て、張りのあるバストになりました。
ヒアルロン酸を追加すれば更に大きくなり、張りが出ます。

■術後の経過:斜め

注射前

高須幹弥医師からのコメント

注射前です。

注射直後

高須幹弥医師からのコメント

注射直後です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。

■術後の経過:横

注射前

高須幹弥医師からのコメント

注射前です。

注射直後

高須幹弥医師からのコメント

注射直後です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る