乳房縮小手術
(マンマリダクション)

大きすぎるバストを小さくしたい
軽やかなバストで肩こりから解消

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

乳房縮小手術(マンマリダクション)の特徴

身長や体幹部に比べて大きすぎるバストは、アンバランスな印象を与えるだけでなく、肩こりや下垂などの悩みの原因になってしまいます。大きすぎる悩みは、『乳房縮小手術(マンマリダクション)』で解決。体や骨格のバランスに合わせ、小さく整えることができます。
この手術では、乳房の余分な皮膚のたるみと脂肪を取り除き、下がった乳腺を引き上げて固定。乳輪・乳頭の位置も上部に移動し、バランスの取れたバストを形成します。乳輪の大きさや左右のバストサイズの違いが気になる場合も同時に整え、美しいバストに仕上げます。

バストを小さくする乳房縮小手術(マンマリダクション)のデザイン、傷跡について

バストを小さくする乳房縮小手術のデザイン、傷跡について詳しく解説させていただきます。

①逆T字法

高須クリニックで最も多く行っている手術術式で、世界的にも最も多く行われています。

乳輪の周囲の皮膚をドーナツ状に切除し、乳輪の両サイド、乳房の下部の垂れ下がっている部分の皮膚も含めて切除するので、錨(いかり)型に皮膚を切除することになります。

傷跡は、乳輪周囲、乳房下溝、乳輪から乳房下溝に繋がる縦方向の傷がつきます。

バストを小さくするために、皮膚を切除する前に脂肪吸引をしたり、皮膚を切除するときに同時に乳腺や脂肪を切除します。

吸引する脂肪の量や、切除する乳腺や脂肪の量を調節することにより、ある程度患者様のご希望のサイズのバストにすることができます。

垂れ下がっているバストの余分な皮膚を大きく切除することができるため、縦方向にも横方向にも小さくすることができ、形の綺麗なバランスの良いバストにすることができます。

乳輪が大きい人の場合は、乳輪の外側周囲を切除して縫縮するため、同時に乳輪に小さくすることができます。

乳腺を切除する際に、乳輪の下の乳腺をある程度残すことにより、授乳機能を温存することができます。

ただし、乳輪の下の乳腺を残すと、極端にバストを小さくできないことがあります。

今後、妊娠、出産、授乳する予定のない方は、授乳機能を温存する必要がないので、かなりバストを小さくすることができます。

通常、全身麻酔で行います。

②トンネル法

乳輪周囲を含め、余分な皮膚を切除し、乳輪をトンネル状に潜らせ、上方へ移動させて、縫合します。

①の逆T字法と異なり、乳輪周囲の傷から乳房下溝の傷に繋がる縦の傷跡が残りません。

その反面、バストの横方向に縫縮して小さくすることができないので、横に広がって大きくなっているタイプのバストにこの術式を行うと、横に広がったまま縦にだけ小さくなってしまい、あまり綺麗なバストになりません。

そのため、この術式は、バストが横に広がっておらず、縦に伸びてるだけのバストにしか適応にならず、ごく限られた人にしか行いません。

バストを小さくするために、皮膚を切除する前に脂肪吸引をしたり、皮膚を切除するときに同時に乳腺や脂肪を切除します。

吸引する脂肪の量や、切除する乳腺や脂肪の量を調節することにより、ある程度患者様のご希望のサイズのバストにすることができます。

乳輪が大きい人の場合は、乳輪の外側周囲を切除して、新たに乳輪を形成するため、同時に乳輪に小さくすることができます。

乳腺を切除する際に、乳輪の下の乳腺をある程度残すことにより、授乳機能を温存することができます。

ただし、乳輪の下の乳腺を残すと、極端にバストを小さくできないことがあります。

今後、妊娠、出産、授乳する予定のない方は、授乳機能を温存する必要がないので、かなりバストを小さくすることができます。

通常、全身麻酔で行います。

施術料金

乳房縮小手術(マンマリダクション)
¥1,600,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

こんな方にオススメ!
  • 身長や骨格に比べて、バストが大きすぎる
  • バストが大きすぎて、肩こりがひどい
  • 大きい上に、左右の違いが気になる
  • 半永久的な効果を望んでいる

症例のご紹介

乳房縮小手術(マンマリダクション)

Before

After

高須克弥医師

50代の方で、大きすぎる胸に長年悩んでこられました。若い頃はまだハリがあってよかったのですが、年齢とともに垂れてきてさらに悩みは深く。気軽に銭湯や温泉に行けるよう、また肩こりの改善にもなればと、乳房縮小手術(マンマリダクション)を受ける決断をされました。
大き過ぎず、小さ過ぎない、適度な乳房に。乳首や乳輪の形も同時に美しく整えました。胸が軽くなったことで姿勢もよくなり、洋服も自由に選べるように。これで、胸を張ってどこにでも行けますね。
乳房縮小手術(マンマリダクション)では、乳腺などをある程度温存すれば授乳も可能です。これから出産を考えている方にも受けていただけます。

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約2時間
術後の通院 2〜4回
術後の腫れ 強い腫れは2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 局所麻酔なら可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔もしくは全身麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能

ドクターズボイス

高須幹弥医師

当院には、長年大きすぎるバストに悩み、年とともに垂れてくることで、さらに悩みが助長してしまった方が多くみえます。カウンセリングで思いを語るだけでも、少しは気持ちが晴れるよう。ひとりで悩みを抱え込まずに、まずは相談してみませんか?様々なバストの悩みに応えてきた専門医が、親身に対応いたします。