ヒップアップ手術

垂れたお尻をキュッとアップ
後ろ姿に自信が持てる!

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

よくある質問

Q
座る事が出来なかったり、日常生活への支障はありませんか?
A
高須幹弥医師

皮膚を切除する手術の場合、座る事はできますが、なるべく傷に緊張がかからないように座っていただく事、長時間(30分〜1時間以上)座られるような事はなるべく避けて頂いた方が良いです。ただし、脂肪吸引+注入の場合は問題ありません。皮膚を切除する手術は2種類あります。1つは、ヒップの下方より皮膚を縫い縮める方法、もうひとつは、ヒップの上部より皮膚を切除する方法の2通りです。ヒップの上部で皮膚を切る場合はあまり問題はありませんが、下方で切る場合はヒップに緊張がかからないような配慮が必要になります。

Q
切開をする場合はヒップの下方から行うのでしょうか?大きく切開した傷跡は残りませんか?
A
高須幹弥医師

上記のように2種類の手術方法がありますが、目的に応じて行います。ヒップの下の方がひどく垂れている場合は下方から皮膚を切除する方法が適していますし、垂れているのを切除するのではなく、大きなヒップアップを目的である場合はヒップの上の方で切開する事があります。傷跡は当然付きますが、やはり下の方から切除する手術の方が目立ちにくいです。

Q
ヒップに、よりボリューム感を持たせる為、プロテーゼを入れる手術は行う事がありますか?可能な場合、痩せている方にも適応できますか?
A
高須幹弥医師

ご希望でしたら、特注のヒップ用プロテーゼを入れる手術(100万円)をお受けする事は稀にありますが、バストプロテーゼ入れと比べますと多少リスクが高い手術です。リスクというのは、ヒップは体重がかかる部分(座ったり仰向けに寝たり、運動する時も動きの大きい部分)なので、皮膚が薄くなってプロテーゼが露出したり変形したりしやすいという事などがあげられます。また、お痩せになっていて皮膚や脂肪層が極端に薄い方はプロテーゼバッグが皮膚を突き破って出てきてしまう可能性が特に高くなるため、お勧め出来ません。

Q
術中に痛みはありませんか?
A
谷奈保紀医師

全身麻酔で行う場合は術中の痛みは全くありません。局所麻酔で行う場合は、事前に切開部分を十分にカバーする局所麻酔をしたうえで手術を行いますので、術中の痛みは心配ありません。局所麻酔は注射をするのが痛いのですが、その前にクリーム麻酔をして針を刺す痛みも軽減しています。痛みの感じ方には個人差もありますが、当院ではすべての方にできるだけ痛みをなくするという方針で丁寧な治療をしておりますので、心配はないかと思います。

Q
手術以外にヒップアップする方法はありませんか?
A
日下志厳医師

はい、ポラリスやサーマクールCPTといった照射系のヒップアップ方法があります。ヒップアップ手術に比べてると効果は低いものになりますが、回数を重ねるごとに引き締まっていくのを実感していただけます。また、脂肪を取りたい場合は、イタリアンメソシェイプ(脂肪溶解注射)、という選択肢もあります。その方のヒップの状態やお気持ちに合わせて、ジャストフィットの方法をご提案いたします。

Q
脂肪のつき方バランスを調整する場合の施術方法を詳しく教えてください。
A
鵜飼潤医師

まず、垂れたお尻の下部にある余分な脂肪を細いカニューレを使って丁寧に吸引します。次に、吸引した脂肪から良質なものだけを選択するなど定着しやすい状態にしたものを、ボリュームがほしいお尻のトップ部分などに注射器で注入します。簡単にまとめると、なくしたい部分からほしい部分へ、脂肪を移動させるということです。尚、注入した脂肪の定着率は約5〜6割で、これは半永久的に残ります。