二重まぶた・埋没法

メスを使わず、理想の二重に
美しい仕上がりをキープするなら、高須式

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

二重まぶた埋没法二針固定でタレ目気味の一重まぶたを目頭側もわずかに幅のある平行型っぽい二重にした症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before
After(目を開けた状態)
After(目を閉じた状態)
(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた埋没法希望で来院されました。
診察させていただいたところ、骨格的、軟部組織的に、元々こめかみが下がっており、タレ目っぽい印象の目でした。
また、ほぼ完全な一重まぶたで、上まぶたの皮膚が下がっており、特に外側の皮膚が強くさがっているため、よりいっそうタレ目を強調させていました。
患者様のご要望は、「タレ目っぽい感じが嫌なので、タレ目っぽい印象をなくすように二重にし、ちゃんと目頭側から二重の幅がある平行型っぽい二重にしたい」ということでした。
患者様のご要望になるべく応えるために、埋没法一針固定ではなく、二針固定で行うことにしました。
7-0の埋没法専用両端針ナイロン糸で、上まぶたの内側と外側に、それぞれ約10mmの横幅で二重のラインに沿って線状に固定し、二重を作りました。
術後は、上まぶたの外側の皮膚の被さりが適度に上がったため、タレ目っぽい印象が改善されました。
また、ご要望通りの、目頭側にわずかに幅のある平行型っぽい二重になったため、患者様には大変満足していただきました。
まぶたの被さりが多い人、幅の広い二重を作る場合、埋没法一針固定よりも二針固定のほうが向いています。
二針固定だと一針固定よりも倍の強度があるため、そのような、埋没法では元に戻りやすいタイプの場合でも、元に戻りにくくなります。
また、目頭側から始まる二重にしたい場合、平行型二重にしたい場合も、一針固定よりも二針固定のほうが向いています。
二針固定で目頭側と目尻側に分けて二重のラインを固定するほうが、滑らかな二重のライン、カクカクっと角ばらない綺麗な丸い感じの二重のラインが作りやすいからです。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
上まぶたの外側の皮膚が被さり、強いタレ目です。
埋没法二針固定をすることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後(目を開けた状態)です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

高須幹弥医師からのコメント

手術直後の目を閉じた状態です。

6日後

高須幹弥医師からのコメント

6日後(目を開けた状態)です。
だいぶ腫れは引きましたが、まだわずかに腫れが残っており、予定の二重幅より少し広い状態になっています。

高須幹弥医師からのコメント

6日後の目を閉じた状態です。

3ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後(目を開けた状態)です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後の目を閉じた状態です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る