あご形成(シリコンプロテーゼ)

引っ込んだあごを前に出せば
理想の横顔バランスに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

アゴのない人に6mmのシリコンプロテーゼを入れ、先細り効果で小顔に見えるようにした症例写真

ビフォー・アフター

Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、アゴがあまりなく、フェイスラインがすっきりしていないのが悩みでした。
引っ込んでいるアゴを前に出したいという御要望でしたが、顔が大きくなったり、長くなるのは嫌ということだったので、あまり大きくない6mmの厚さのシリコンプロテーゼをアゴの前面に入れ、アゴを前方へ尖らすようにしました。
術後は引っ込んでいたアゴが前方に出て、E(エステティック)ライン(鼻先と唇と顎先を結んだ線)がほぼまっすぐになり、綺麗なフェイスラインになりました。
また、先端がやや尖った形のプロテーゼを入れたため、顎先が適度に尖り、先細り効果で小顔に見えるようになりました。
アゴがない女性にシリコンプロテーゼを入れる場合は、アゴが大きくなりすぎないようにするために、大きすぎるプロテーゼを入れないことと、先端がやや尖った形のものを入れ、先細り効果で小顔に見せることが多いです。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る