小顔専用脂肪溶解注射
メソシェイプフェイス

遂に登場!腫れをぐんと抑えて
憧れの小顔を身近に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
顎先の脂肪を脂肪吸引や脂肪溶解注射で取ることはできますか?
A
高須幹弥医師

顎先には誰でも皮膚と骨の間に脂肪体が存在します。
脂肪体の量や厚みには個人差があり、ほとんどの人はわずかにあるだけですが、たくさんある人もいます。
また、脂肪体の厚みのある人は、顎先の皮膚が厚いことが多いです。
この脂肪体は結合組織が多いため固さがあり、量的にもそれほど多くないため、脂肪吸引で取ることは物理的にほぼ不可能です。
一方、メソシェイプフェイスなどの脂肪溶解注射なら、脂肪を溶かして吸収させ、無くすことができます。
ただし、そもそも顎先の脂肪体は、たくさんついている人でも、量的にはわずかなので、複数回(例えば5〜6回)注射して、だいぶ脂肪が無くなったとしても、それほど大きな変化はありません。
また、顎先の脂肪体の量が多い人は、顎先の皮膚が厚く、だぶついて余っていることが多いため、脂肪溶解注射をして脂肪の量が減っても、だぶついて余っている厚い皮膚は残るため、あまり効果が感じられないことがあります(わずかな効果はあります)。
以上の理由で、顎先の脂肪をメソシェイプフェイスで溶かすことは、積極的にはお勧めしませんが、やって悪くなることはまずないため、わずかな効果で良いので顎先の脂肪を取りたいという方には治療させていただきます。

Q
効果はどの位続くのですか?リバウンドはほとんどないと考えてよろしいですか?
A
森本剛医師

小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスは、太りやすさを決定する脂肪細胞そのものを溶解する施術です。脂肪細胞が溶解されれば、脂肪細胞が半減するため、半永久的な効果と考えてよいです。食事量を極端に増やさない限りリバウンドする心配はありません。もし食事量が極端に増えて急激に太ってしまっても、施術部位の太り具合はゆるやかなものになります。

Q
一部が固くなってしまったり、凸凹したりする事はありませんでしょうか?
A
高須幹弥医師

そのようなことはありません。ただ、脂肪が溶けていく過程で一時的に溶けた脂肪がシコリっぽく触れるようなことが稀にありますが、2〜4週間位で溶けた脂肪は吸収されてそのシコリも無くなりますので心配はありません。小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスの長所は、凸凹になったり、段差になったり、傷跡が残ることがないところと言えます。

Q
妊娠中・授乳中でも小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスは大丈夫ですか?
A
服部良光医師

当院では、お受けしていません。小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスは、妊娠中・授乳中の方は施術をお控えいただいております。妊娠・授乳期は体調に変化も出やすく、母子ともの健康が第一と考えております。出産後授乳が終わり、心身ともに落ち着かれましたら、再度ご検討ください。

Q
小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを10日前に顔に受けたのですが、マッサージしたほうがいいでしょうか?
A
森本剛医師

マッサージの必要性はありませんが、現在むくみなどの違和感がなければ、マッサージやエステなどを受けることに問題ありません。むくみを感じている場合は、痛みを伴うことがあるので、控えた方がよいでしょう。

Q
施術中や術後には痛みがあるのでしょうか?
A
高須英津子医師

麻酔クリームを塗ってから極細の針で丁寧に施術を行いますので、痛みは極わずかです。術後は1〜2週間程度は鈍痛程度の痛みを感じますが、耐えられないほど強いということはありません。痛みの感じ方には個人差があり、主観的な部分も大きいものですが、この施術を受けられた方から痛くて辛かったというお話は特に出てはおりません。

Q
小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスの効果はどのくらい続きますか?
A
森本剛医師

脂肪細胞が溶解されれば脂肪細胞が半減するため、半永久的な効果と考えて良いでしょう。食事量を極端に増やさない限り、リバウンドする心配もありません。また顔など脂肪が少ない部位では1回でもある程度の効果を実感できますが、脂肪の多いお腹や太ももなどでは、回数を重ねることで施術した部分の代謝が良くなり、徐々に効果が感じられる方が多いようです。