特徴

小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスの特徴

顔の大きさは骨格によることも大きいのですが、かなりの確率で影響を与えているのが「脂肪の量」。様々な小顔エクササイズが登場していますが、顔だけ痩せるというのはとても難しいことです。そんな落ちにくい顔の脂肪をすっきり取り除いてくれるのが『小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイス』です。
注射だけで済む手軽さで効果も大きい。脂肪細胞を溶かすから、リバウンドの心配もまずない。けれどこれまでの脂肪溶解注射には、大きな腫れを伴うリスクがありました。これをすっきり解消し、小顔を身近なものにしてくれます。

■施術風景、解説動画

施術する部位、「イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)」との違い、腫れなどを、動画で解説します。

これまでの脂肪溶解注射は…

  • 脂肪細胞を溶解・破壊するために炎症が起き、強い腫れが出る。
  • 個人差はあるが1週間から10日は浮腫や赤みが続く。
  • 顔の場合はおたふく風邪と同じくらい腫れ、隠すためには大きめのマスクが必要に。
  • 炎症が大きいため、注射前にクリーム麻酔をしても術中に痛みが。

そこで開発されたのが「メソシェイプフェイス」

  • 注射後の炎症が少ないのに、効果はイタリアンメソシェイプと同等。
  • 注射直後に多少の腫れはあるが、翌日には大きな腫れはほとんど引いているので、マスクなしでの外出も可能。
  • 事前のクリーム麻酔だけで、術中の痛みも軽減。
  • 少し脂肪を落とすだけなら、1回の注射で終了。

*平均すると3~4回の注射を行う人が多く、大量に脂肪がついている場合は6回以上行うこともあります。
*繰り返し注射する場合は、2週間以上は空けて。尚、間隔が空いても効果に変わりはありません。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 憧れの小顔になりたい
  • 顔の脂肪を取りたい
  • 脂肪吸引まではしたくない
  • 腫れると困る
  • 半永久的な効果を望んでいる
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

小顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを4回注射した症例写真


(4回目注射後1ヶ月)


(4回目注射後1ヶ月)

高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、顔の贅肉を取って、すっきりとした小顔になりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、頬~フェイスライン~顎下の二重顎になる部分に余分な皮下脂肪がついていました。
脂肪吸引をしなければならないほど大量の脂肪はついていなかったため、顔専用脂肪溶解注射メソシェイプフェイスを行うことになりました。
メソシェイプフェイスは2週間以上空けて繰り返し注射する治療です。
1回注射するだけでもある程度の脂肪がなくなり、その効果は半永久的に持続します。
1回注射して、その効果が現れるまで、1~2ヶ月かかるため、この患者は経過がわかりやすくなるように、約1ヶ月間隔で注射をしました。
4回注射後1ヶ月の時点で、頬~フェイスライン~顎下の二重顎の部分の皮下脂肪がだいぶすっきりしました。
繰り返し注射していけば、さらに脂肪を溶かし、細くしていくことができます。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約5分
術後の通院 なし
術後の腫れ ごくわずか
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔
シャワー 当日より可能
メイク 当日より可能
洗顔 当日より可能
■術後の洗顔、メイク、入浴について

鼻、顎、法令線、目の下、目の上の窪み、涙袋、唇、額、眉間、コメカミ、頬などの顔にヒアルロン酸注射をした後、眉間、額、目尻、顎などのシワにボトックス注射をした後、エラボトックス、ガミースマイルボトックス、タレ目ボトックス、メソシェイプフェイス、ヒアルロニダーゼ注射の後は、当日からメイク、洗顔してもらっても大丈夫です。いずれの注射も、極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射した後は、お帰りいただくまでの間しばらく、氷嚢(アイスノン)で冷していただきます。5~10分程度冷やしていただき、針穴から出血していなければ、メイクをして帰っていただいても大丈夫です。
もちろん、洗顔もしていただいて大丈夫です。
入浴に関しては、注射した当日は、身体が温まって血流が良くなることによって、腫れが出やすい状態にあるため、軽めのシャワー程度にしておくのが無難です。どうしても注射した当日に湯船に浸かりたい場合は、ぬるま湯に短時間(5分以内くらい)の入浴くらいに済ませるのが無難です。
同じ理由で、注射した当日のサウナ浴、岩盤浴も避けるのが良いです。注射した翌日には、普段通りの入浴をしても大丈夫です。サウナ浴、岩盤浴なども翌日から可能です。

■術後の運動について

鼻、顎、法令線、目の下、目の上の窪み、涙袋、唇、額、眉間、コメカミ、頬などの顔にヒアルロン酸注射をした後、眉間、額、目尻、顎などのシワにボトックス注射をした後、エラボトックス、ガミースマイルボトックス、タレ目ボトックス、ワキ汗ボトックス、手のひらや足の裏の多汗症ボトックス、ふくらはぎボトックス、肩凝り、美人肩ボトックス、メソシェイプフェイス、ヒアルロニダーゼ注射の後、当日は激しい運動は控えていただくのが無難です。
いずれの注射も、極細の注射針で行うため、直後でも腫れはわずかです。注射後の痛みもほとんどありません。
しかし、あくまで、針を刺して注入を行っているので、激しい運動をして、血流が良くなると、針を刺したところが、多少腫れてくることがあります。場合によっては、注射直後はほとんど腫れていなかったのに、注射した当日に激しい運動をしたことにより、内出血が生じて、青くなってくることもあります。
注射当日に激しい運動をしたことにより、腫れてきたり、内出血を起こしても、必ず引くし、最終的な仕上がりに特別影響が出ることはまずないのですが、せっかくダウンタイムのないほとんど腫れない治療なのに、腫れや内出血が出てしまうと、悲しいものがあります。そのため、注射した当日は、普通に歩いて帰ったり、家事をしたりする動作くらいは全く問題ありませんが、激しい筋力トレーニング、ランニング、エアロビクスなどはあえて行わないのが無難です。
ただし、注射した当日は絶対に運動してはいけない、注射当日に運動をすると取り返しのつかないことになるというわけではないので、注射した当日にどうしても運動したいという人は、腫れや内出血が出る可能性があることを頭の中に入れ、自分の身体と相談しながら運動してください。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■内出血について

ヒアルロン酸、ヒアルロニダーゼ、ボトックス・ボツリヌストキシン、頭髪メソセラピー、メソシェイプフェイスなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

注射だけで、脂肪細胞まで取り除いてくれる脂肪溶解注射。二の腕やお腹、太ももなどの体に行う場合は、多少の腫れが出ても洋服を着てしまえば外出などの日常生活に問題はありませんよね。ですが顔の場合、そうはいきません。
これまでと同様の効果を持ちながら、術中の痛みも術後の腫れも格段に軽減されたメソシェイプフェイス。あなたも気軽に、憧れの小顔を手に入れてみませんか?

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大