わし鼻・段鼻修正,
ハンプ切除

目立ちすぎる段鼻を治せば
横顔の美人度がぐっと上がる

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
できれば手術はしたくないのですが、別の方法はありますか?
A
日下志厳医師

手術しない方法としては、ヒアルロン酸注入があります。骨が突き出している部分の上下に、鼻筋がなめらかになるように注入するのです。段差が大きいと完全にはフラットにできないこともありますが、それでも目立たなくすることはできます。ヒアルロン酸は徐々に吸収されていきますが、まずヒアルロン酸を試してから手術を検討してもいいでしょう。

Q
鼻が横に太い場合は、どうすればいいですか?
A
谷奈保紀医師

鼻が横に広い場合は、「骨切幅寄せ」という鼻の根元の余分な骨を削って細くする方法が適しています。手術はハンプ切除と同様に鼻の内側から行うため、傷跡が人にわかってしまう心配はありません。尚、術後は1〜2週間ほどギブスで固定して鼻筋を寄せて安定させる必要があります。わし鼻・段鼻でなおかつ幅も太いという場合は、ハンプ切除と骨切幅寄せの手術を同時に行うこともできます。

Q
骨を切り取って、体への悪影響はありませんか?
A
奥田裕章医師

骨を削ったり切り取ったりする手術には、レベルの違いはあっても必ず、術後の腫れ、内出血などのリスクがあります。ただし、必ず時間の経過とともに気にならなくなっていきますし、ハンプ切除の場合は余分な部分を切り取るだけのシンプルな手術なので、大きな心配はないと思います。

Q
術後はどれくらいで普段通りに鼻をかんだりできますか?
A
高須幹弥医師

普段通りということであれば、術後3〜4週間程度です。それ以前でも鼻をかむことはできますが、出血する場合がありますので、やさしくかむようにしてください。洗顔やシャワーなどは創部が濡れなければ手術当日からでも可能なので、日常生活に大きな支障はないと思います。また、約2週間後には腫れも引いてくるので、外出時にマスクでカバーする必要もなくなっていきます。

Q
この手術によって鼻の高さが術前より低くなるのですか?
A
高須克弥医師

この治療では、ワシ鼻の突出している部分を削ってしまうので、その分は低くなります。低くすることによってスマートな鼻にする手術です。鼻を低くせずにワシ鼻を目立たなくしたい場合は、別の方法をお勧めすることもできます。その方の状態やご希望に合せて適切な治療方法をご提案しますので、医師と十分にご相談ください。

Q
太さ高さ厚み、どれも立派で大きな鼻を小ぶりにするには?
A
高須克弥医師

ひとつの方法では難しいかもしれませんので、いくつかの手術を組み合わせるとよいと思います。鼻の形を小さく修正するには、鼻翼縮小、骨切幅寄せ、ハンプ切除などがあり、これらをその方の状態によって組み合わせることがよくあります。状態を拝見した上で最適な手術方法をお勧めいたしますので、お気軽に診察にお越しください。