特徴


鼻の手術診察風景

骨切幅寄せ(鼻の根元を細く)の特徴

鼻筋が太く横に広いと、どっしりと重たい印象の鼻になってしまう事があります。そんな場合は、鼻筋の余分な骨を削って寄せる『骨切幅寄せ』手術で、すっきりとした美しいノーズラインを半永久的に手に入れることができます。
手術は、鼻の内部に部分麻酔をして内側を2cmほど切開し、余分な骨を削るといいうもの。その後1週間ほどギブスで固定し、鼻筋を寄せて安定させます。鼻の内側から行う手術なので、傷跡は目立ちません。


鼻幅寄せ

ページトップへ戻る

鼻の骨切り幅寄せ手術の適応と術式と仕上がりについて

鼻の骨切り幅寄せ手術の適応と術式と仕上がりについて解説させていただきます。

鼻の骨切り幅寄せ手術は、正面から見て、鼻の骨の部分が横に広がっている人に行う手術です。
鼻の穴の中を切開し、鼻の骨にノミで内側骨切りと外側骨切りをして、2枚の骨片を作り、内側に移動させます。


骨切り幅寄せ手術は、原則として、鼻の穴の中の切開から
行うので、傷跡が目立つ心配はありません


鼻の解剖と骨切りライン

鼻の骨の部分の断面図 断面での骨切りライン


骨切りして作成した骨片を内側に移動させる

2週間程度、表面からギプスで固定することにより、骨を固めます。


ギプス固定で骨切りした骨を固める

骨切り幅寄せ手術は、鼻が大きいのがコンプレックスの人が鼻を小さくしたい場合に行うことが多いです。
この手術で小さくできるのは、正面から見たときの鼻の骨の部分の横幅です。


正面から見たときの鼻の骨の部分の横幅を細くすることができる

正面から見たとき、鼻尖(鼻先)の横幅が大きい場合は鼻尖縮小、鼻翼(小鼻)の横幅が大きい場合は小鼻縮小が必要になります。


鼻尖(鼻先)の横幅が広い場合は鼻尖縮小手術、小鼻が横に
広がっている場合は小鼻(鼻翼)縮小手術が必要になる

また、横から見て、ハンプが突出して、ワシ鼻で鼻が大きい場合はハンプ切除が必要になります。


横から見た状態で、ハンプが突出して、ワシ鼻で鼻が大きい場合はハンプ切除が必要になる

大きい鼻がコンプレックスの人に対しては、カウンセリングのときに診察して、どこが大きいのが問題で、どこを小さくすれば良いのかを診断し、アドバイスさせていただきます。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 鼻の根元を細くしたい
  • 鼻を小さく見せたい
  • 半永久的な効果を望んでいる
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

骨切幅寄せ(鼻の根元を細く)


高須幹弥医師からのコメント
高さは十分にあり、鼻先の形も美しい。鼻の根元(上部)さえもう少し細ければ・・・と鏡を見るたびに思っていた方でした。鼻がすっきりしただけで、目と目の間のバランスも整い、顔全体が美しく。想像していた以上に効果が高く、鏡に向かうのも楽しくなったと、満足いただきました。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約30分
術後の通院 1~2回
術後の腫れ 強い腫れは約1~2週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
■鼻にシリコンプロテーゼが入っている場合について

骨切り幅寄せ手術は、鼻の根本の骨が広がっている人に対して行う手術で、ノミで鼻の骨に縦に4本の割を入れ、遊離骨片を内側へ移動させて幅寄せした後、ギプスで約1~2週間固定します。
鼻の骨を一旦ブラブラにして固まるまで待つ手術なので、もしも、シリコンプロテーゼが入ったままで手術を行い、ギプスで固定しようとすると、グラグラになった不安定な状態の土台の上にシリコンプロテーゼが乗ることになるので、シリコンプロテーゼがずれるなどの様々な問題が起こる可能性があります。

そのため、骨切り幅寄せ手術の際、一旦シリコンプロテーゼを抜いて、骨切り幅寄せを行い、後日、患者様が希望されれば、再度シリコンプロテーゼを入れることになります。
その場合、骨切り幅寄せ手術をしてからシリコンプロテーゼを入れるまでの期間は、私に関しては3ヶ月以上空けるようにしています。骨を切ってから、しっかり固まるまで3ヶ月はかかるからです。
2~3週間くらいでだいたいは固まるのですが、まだ弱い結合なので、その状態でシリコンプロテーゼを入れようとすると骨に負担がかかってしまい、形が崩れてしまう可能性があります。
骨切り幅寄せ手術は、横に広がっている鼻が細くなるため、手術をすることによって、鼻筋を通すことができるのですが、高さに関しては変化はありません。そのため、シリコンプロテーゼが入っている人が、シリコンプロテーゼを抜いて骨切り幅寄せ手術をした場合、その後、再びシリコンプロテーゼを入れるかどうかは人それぞれになります。

また、骨切り幅寄せ手術をした後、鼻にヒアルロン酸注射をするという選択肢もあります。その場合、骨切り幅寄せ手術をしてからヒアルロン酸注射をするまでの期間は、私に関しては1ヶ月くらい空けることが多いです。

■術後の施術部位への負荷について

鼻の骨切り幅寄せ手術は、局所麻酔下あるいは全身麻酔下に、鼻の穴の中から、骨切りノミで鼻の骨に4本の割を入れ、外側に2枚の遊離骨片を作り、遊離骨片を内側へ移動させ、鼻の根元を細くする手術です。主に鼻の根元の骨の部分(硬いところ)が横に広がっている人に行う手術で、手術後は骨がある程度固まるまでの間、ギプス固定をします。
ギプス固定はほとんどの場合2週間行います(軽い手術を行った場合は、1週間程度の固定で済むことも稀にあるので、どれだけの期間固定が必要なのかは、カウンセリングのときに担当医がお答えします)。
2週間ギプス固定をする場合、鼻の皮脂の分泌が多い人などは、2週間ギプスをつけっぱなしにすると、途中でギプスがずれたり、プカプカ浮いてしまったり、外れてしまうことがあるので、ほとんどの人は、手術後1週間の時点で来院していただき、ギプス交換をさせていただきます(人によっては3~4日おきにギプス交換する場合もあります)。

ギプスを外した後は、骨切りした骨はほぼ固まっていますが、まだ繊維性の緩い結合の状態であり、強い衝撃が加われば、クシャっと骨が動いてしまうこともあります(もし骨が動いてしまったら、また2週間ギプス固定をしなくてはならなくなってしまいます)。そのため、特に手術後1ヶ月の間は、うつ伏せで寝たり、子供にぶつかってこられたり、子供に鼻を叩かれるなどのことを避けていただく必要があります。

また、完全に骨が固まるのは3~6ヶ月かかるので、ドッジボールをしたり、顔面を平手でビンタされたりするのは、3ヶ月はやめてください。

■術後に鼻をかむ場合の注意点

手術後は、鼻の穴の中に傷があります。
傷がしっかりとくっついて治るまで、だいたい1週間くらいは強く鼻をかまないようにしていただく必要があります。強く鼻をかむと、鼻の穴の中の傷口に負担がかかってしまうし、鼻水には雑菌が混ざっているので、傷が不潔になるからです。どうしても鼻水がだらだら出てきてしょうがない場合は、出てきた鼻水を軽く拭き取る程度にしてください。花粉症やアレルギー性鼻炎の人は、なるべく鼻水が出ないように、花粉やハウスダストなどの原因物質に晒されないようにし、鼻炎薬などの内服薬などでコントロールしていただくのが良いです(点鼻薬を使っていただいても大丈夫です)。
手術後1週間経過すれば、傷口はくっついているので、多少鼻をかんでいただいても大丈夫です。ただし、強くいきんだり、鼻を強く押さえたりするのは、手術部位に負担がかかるので、小鼻を軽く押さえ、強くいきまず、控えめに鼻をかむようにしてください。
手術後1ヶ月経過すれば、傷も手術部位もかなり安定している頃なので、普段通り鼻をかんでもまず大丈夫です。ただし、どの手術でも、完全に安定して落ち着くのは6ヶ月かかるため、手術後6ヶ月経過するまでは、必要以上に強く鼻をかんだりして無理をするのは避けてください。

■術後のダウンタイム、洗顔・洗髪、メイクついて

鼻の骨切り幅寄せ手術は、ギプスを1~2週間装着します(具体的に何日間装着するかは、元の鼻の状態、手術内容によるので、詳しくは担当医にお聞きください)。ギプスを着けている間は、大きなマスクなどをしてギプスを隠さないで人に会えば、当然、手術したことは知られてしまいます。

また、骨を切る手術は、他の手術と比べると、腫れが強く出る傾向があります。鼻はギプスで圧迫固定するため、腫れはあまり出ないのですが(どっちみちギプスで隠れるので腫れてるかどうかも分からないですが)、そのぶん、目の周りが腫れることが多いです。
目の周りの皮膚は非常に薄いため、鼻の骨切りをした腫れがまぶたのほうにまわってきて、しばらくまぶたが腫れてしまうことになります。まぶたが強く腫れてしまった場合、個人差はありますが、ある程度強い腫れが引くまで、だいたい1~2週間くらいかかります。

そのため、ギプス固定が1~2週間必要なこともあり、仕事や学校は2週間くらいの休みを取ってからこの手術を受ける人が多いです。洗顔、洗髪に関しては、ギプスがついている間は、なるべく手術部位が濡れないようにしていただく必要があります。そのため、石鹸や洗顔フォームを使って顔を洗う場合は、手術部位が濡れないように、上手に洗っていただきます。
じゃぶじゃぶ顔に水をかけたり、水の中に顔を浸けることはできないので、手術部位以外の部分(額、目もと、頬、顎など)に泡をのせて軽く擦り、手術部位が濡れないように上手に水で洗い流すか、濡れタオルなどで拭き取っていただくことになります。

シャンプーを使って洗顔する場合も、手術部位が濡れないように、上手に洗っていただく必要があります。シャンプーハットを使って洗っていただいてもいいし、手術部位が濡れないようにゆっくり丁寧に洗っていただいてもいいし、美容院で洗髪するように、上向きになって、誰かに洗っていただいてもいいです。
ただし、絶対にギプスや傷を濡らしてはいけない、濡らすと取り返しがつかなくなるというわけではないので、もし、洗顔や洗髪のときにギプスや傷が濡れてしまったら、綺麗なタオルやティッシュペーパーなどで軽く水気を拭き取っていただき、あとは自然に乾かしていただけばまず大丈夫です。
ギプスや傷に泡がついてしまった場合も、濡れタオルなどで拭き取っていただけばまず大丈夫です。

ギプスが外れたあとは、手術部位をゴシゴシ強く擦ったりしなければ、鼻を含めて顔全体を洗っていただいても大丈夫です(術後1ヶ月くらいは手術部位を強く擦ったりするのはやめてください)。
普通にシャンプーを使って洗髪していただいても大丈夫です。

術後のメイクに関しては、手術部位以外(アイメイク、チーク、口紅など)に関しては、手術直後からすることは可能です。ただし、メイクを落とすときは、上記の洗顔の注意点をまもり、上手に洗い流す必要があります。ギプスが外れたあとは、手術部位もメイクすることができますが、やはり、メイクを落とすときは上記の注意点をまもり、上手に丁寧に洗っていただきます。

■術後の入浴について

切開する手術であるため、術後早期に身体が温まると、血流が良くなり過ぎて、腫れが強く出ることがあります。特に手術を受けて24時間の間は、血流が良くなると、傷口から出血してくることもあるので、注意が必要です。
そのため、手術を受けた当日の夜は、湯船に浸からず、軽く首から下にシャワーを浴びるくらいにしておくのが無難です。どうしても湯船に浸かりたい場合は、身体が温まらない程度のぬるま湯にし、首から下あるいは下半身浴で、短時間(1~3分程度)に済ませるのが無難です。
手術後1日目(手術翌日)になると、血流が良くなることによって傷口から出血するリスクは低くなりますが、それでも血流が良くなれば腫れが強く出てしまうことがあるので、やはり、手術後2日目くらいまでの間は、手術当日と同じように、首から下のシャワーだけにするか短時間のぬるま湯の首から下入浴か下半身浴にするのが良いです。
手術後3日目くらいになると、腫れが引き始め、血流が良くなることによって更に腫れるリスクは低くなりますが、それでも極端に身体が温まって血流が良くなれば腫れが強く出てくることはあるので、やはり、ぬるま湯での首から下入浴か下半身浴程度にし、熱いお湯に浸かるのは手術後6日目くらいまではやめましょう。
手術後7日目にもなると、血流が良くなることにより更に腫れが強く出ることはまずないので、もう普通に入浴していただいて大丈夫です。
サウナや岩盤浴に関しても、手術後7日目からある程度可能ではありますが、あまりにも身体が温まり過ぎると、痛みや腫れが強くなることがあるので、異常を感じるようでしたら、無理しないで中止してください。
手術後28日目以降になると、創部はかなり落ち着いているため、普段通りにサウナ浴や岩盤浴をしても問題ない可能性が高いですが、やはり、創部に異常を感じるようでしたら無理をしないでください。

■術後の運動について

切開する手術であるため、術後早期に激しい運動をすると、血流が良くなりすぎて、腫れが強く出ることがあります。
特に手術後24時間の間は、身体が温まって血流が良くなることによって腫れが強く出やすいため、必要以上に身体を動かさないようにしましょう。
手術後1日目(手術翌日)から手術後3日目くらいまでの間は、家から駅まで歩いたり、コンビニに買い物に行くくらいのことは問題がない可能性が高いですが、無理して必要以上に身体を動かすと、血流が良くなることによって腫れが強く出ることがあるので、やめてください。
手術後4日目~6日目くらいになると、血流が良くなることによって腫れが強く出るリスクは低くなりますが、それでも念のために、積極的に運動するのはやめておいたほうが無難です。
手術後7日目以降になると、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、筋力トレーニングなどの運動は徐々に始めていっても大丈夫ですが、身体を動かすことによって、創部に痛みを感じたり、違和感を感じるようでしたら、無理をせず、運動を中止してください。
手術後14日目以降になると、かなり創部の状態は落ち着いているため、激しい筋力トレーニングやエアロビクスをしたり、プールで激しく泳いだりしても問題がないことが多いですが、それでも創部に痛みを感じたり違和感を感じるならば、無理をしないでください。
手術後28日目以降になると、更に創部の状態は落ち着いているため、激しい運動をしても創部に異常を感じることはほとんどないことが多いです。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■術後の鼻ギプスとマスクでのカモフラージュについて

術後の鼻ギプスの状態と、鼻ギプスがマスクが隠れるものなのか、解説します。

鼻の骨を操作する手術であるため、鼻の上の方をギプスで固定します。

普通にマスクをすると、ギプスの上のほうがはみ出ることがあります。

マスクを鼻の上の方まで引っ張ったり、上の方まで隠せるタイプのマスクであれば、完全にギプスを隠せることが多くなっています。
ただし、骨を切って操作する手術であるため、腫れが鼻の周りにも拡がり、目の周りも腫れることがあります。

■術後の腫れ、内出血について

鼻の骨切り幅寄せ手術、骨切りによる斜鼻修正手術のリスク、副作用、合併症に、術後の腫れ、内出血があります。
この手術は鼻の骨を4ヵ所ノミで切り、骨片を内側へ寄せて、鼻の上半分の横幅を細くします。バラバラになった骨片がきれいに固まるように、最低1週間はギプス固定をします。鼻の骨を4ヵ所切ると、どうしても強い腫れや内出血が出るため、この手術は他の鼻の手術に比べ、ダウンタイムが長くなってしまいます。
腫れが出にくい体質の人であれば、術後1週間で大きな目立つ腫れがほとんど引いてしまうこともありますが、2週間くらい強い腫れが続くこともあります。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須克弥医師

鼻の根元が広がっていると、鼻全体が大きく見えてしまいます。せっかく他が整っていたとしても、鼻ばかりが目立つ顔立ちになっていることも。すっきり整えれば、美人度もハンサム度も格段にアップします。まずはカウンセリングで、どれだけ自分の顔が変わって見えるか、シミュレーションしてみませんか?

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大