すそワキガ

性器の気になるニオイを
注射1本で解消

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
なぜ繰り返し注射すると、効果が高くなっていくのですか?
A
高須英津子医師

ボトックス・ボツリヌストキシンは、ニオイの元になるエクリン汗腺やアポクリン汗腺の働きを抑制します。人体の機能は、使うことでその働きを維持していますが、逆に使わないと、機能が廃用性萎縮していきます。例えば脚の骨を骨折して寝たきりの状態が長く続くと筋肉が落ちて筋力が弱くなってしまうように、汗腺も使わないと委縮していきます。このため、繰り返し打って働きを抑えた状態を長く続けると、効果が高くなっていくのです。

Q
ボツリヌストキシンは、体に安全なものですか?
A
高須敬子医師

当院のボトックス・ボツリヌストキシンは上質な製品を使用しておりますので、ご安心ください。尚、ボトックス・ボツリヌストキシンは、すそワキガだけでなく、シワやエラを目立たなくするなど様々なトラブル改善に使用され、多くの臨床例があります。また、ボトックスに関しては眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の方に注射することは健康保険の適用もあり、厚生労働省にも認可を受けております。

Q
すぐに効果は出ますか?
A
高須英津子医師

ボトックス・ボツリヌストキシンの効果は、注射直後ではなく徐々に出るものです。注入量や注入位置によっても異なりますが、概ね3〜7日後頃から日毎に効果を実感できるようになってきます。また効果の持続期間は半年から1年程度ですが、繰り返し打つことでエクリン汗腺やアポクリン汗腺が徐々に委縮し、効果の持続期間が長くなったり、効果が倍増していきます。

Q
効果は永久的ですか?
A
高須敬子医師

ボトックス・ボツリヌストキシンの効果は永久的ではなく、半年から1年程度です。ですが、繰り返し注射することで、エクリン汗腺やアポクリン汗腺が委縮していくため、効果の持続期間が長くなったり、効果が倍増していきます。例えばニオイが気になりやすい夏の前頃に打つのを習慣にしている方が多いのですが、数年繰り返すと、大半の方が気にならなくなったとおっしゃっています。

Q
性器の手術後で、日常生活に差し支える事を教えてください。
A
高須英津子医師

性器は大変デリケートな部分です。手術の内容や個人差もありますが、総じて術後少しの間は、麻酔や切開、縫合などによる腫れをともないます。こうしたことから、手術を受けられてから1週間は、スポーツ、重労働、お風呂で湯船に浸かる、自転車やバイク等に乗るなど、患部を刺激するようなことは避けていただくようご案内しております。

Q
わきの下のわきがのように汗が出る事を抑える事によって、臭いも無くなるのですか?
A
谷奈保紀医師

そう理解していただいて間違いはないと思います。汗の量を抑えることで雑菌の繁殖を抑えられ、臭いも抑えることができます。汗が出ないことで、臭いを撒き散らすことがなくなるため、結果として臭いが少なくなるとも言えます。気になる臭いの大きな原因は汗にあるので、すそワキガの改善には、この治療がとても有効です。

Q
ワキの下のようにアポクリン汗腺を吸引したり、直接、汗腺を摘み取って除去するような手術は出来ませんか?
A
高須敬子医師

まず、ワキの下のわきがと違い、陰部は汗腺が分散しています。このため、肉眼での確認ができにくいということがあります。また、アポクリン汗腺を除去する手術を行うと、陰毛がかなり薄くなり、傷もついてしまいます。こうした理由から、ワキのわきがと同様のアポクリン汗腺の吸引や摘み取りは、通常は行わないことが多いです。