よくある質問

他院で陥没乳頭の手術をしたのですが、元に戻ってしまいました。修正手術で治すことはできますか?

高須 幹弥 医師

恐らく、手術に問題があり、元に戻ってしまったのだと思います。

陥没乳頭は、乳頭(乳首)の一部の中央部分の乳管が未熟であり、短縮した状態であるため、乳頭の中央部分が引き込まれて、生じている状態です。

手術で陥没乳頭を治す場合は、短縮している乳管を解除し、引っ込んでいる乳頭を引き出し、また引っ込まないように固定する必要があります。

手術術式には、

①乳頭基部の周りに3ヶ所程度Z法を行い、引き出して固定する方法

②乳頭基部に小さな切開をし、短縮している乳管を解除し、ナイロン糸を埋没させて基部を締め付けて固定する方法

③乳頭の真ん中に割を入れ、短縮している乳管を解除して引き出し、基部を縫縮固定して縫合する方法

などがあります。

質問された方が、他院でどの術式でされたかはわかりませんが、短縮した乳管の処理が甘く、後戻りしてしまった可能性が高いです。

再手術する場合は、ある程度傷跡や瘢痕組織が成熟し、軟らかくなってから行うほうが、手術がやり易いし、血流障害で乳頭の皮膚が壊死するなどのリスクが起こりにくいので、前回の手術から6ヶ月以上経過してから行うのが望ましいです。

再手術するときは、最も確実に、短縮した乳管を直視下に解除することができる③の方法で行うことが多いです。

再手術は、初回手術と異なり、乳管の周りに硬い瘢痕組織ができており、手術が難しくなります。

特に、今後、妊娠、出産する予定がある患者様の場合は、授乳機能を残すために、出来るだけ乳管を傷つけないように温存する必要があります。

確実に後戻りしないように治そうと思うと、乳管を切離しないといけなかったり、引き出した乳頭の基部を薄くしないといけないので、授乳機能があまり残らなかったり、乳頭の尖端の皮膚が血流障害を起こして壊死したりするリスクが高くなります。

逆に、授乳機能をしっかりと残し、血流障害による壊死も起こらないようにしようと思うと、乳管の処理が甘くなり、再び後戻りして陥没してしまうリスクがあります。

そういった理由で、陥没乳頭の再手術は難しいことが多いですが、正しい手術をおこなえば、陥没乳頭は必ず治るし、再陥没することもありません。

高須クリニックには手術の上手なベテランの形成外科医が多数おりますので、良かったら一度診察にお越し下さい。

出産を控えています。授乳前に治しておきたいのですが…

森本 剛 医師

申し訳ありませんが、当院では妊娠中の手術はお受けできません。妊娠は病気ではないとはいえ、普段とは体調が異なりますし、麻酔が必要な手術のため胎児への影響も考えられます。授乳中も手術は難しいのですが、出産後にかなり安定した状態となってから再検討ください。ただそれでは授乳に間に合わないので、まずは現在の産科の担当医と相談し、対策を考えてみてください。

他院で手術したのですが、形が気に入りません。修正してもらえますか?

森本 剛 医師

修正手術が可能であるかどうかは状態によるので、診察させていただかないと何ともいえません。陥没の改善が不十分なために形が悪いのか、陥没は治っていても出ている乳首の形の問題なのかなどによって修正方法は異なってきますが、その方の状態に合わせて適切な方法をご提案させていただきます。当院では悩みの解消はもちろん、美しい仕上がりで高いご満足をいただける手術を目指しております。

手術以外に治す方法はありませんか?

鵜飼 潤 医師

当院では、手術以外の方法はご用意しておりません。また、完全に治すには、手術以外にはないというのが実状です。但し刺激すると乳首が出てくる軽度の方の場合、マッサージや吸引を繰り返して行うとある程度改善するともいわれています。改善されなかった場合には、手術を受けることを再度ご検討してみてください。

傷跡は目立ちませんか?

日下志 厳 医師

術後すぐは麻酔や切開による腫れもあり、縫合糸もついているため、どうしても手術跡は目立ってしまいます。ですが、術後7~14日ほどで行う抜糸を終える頃には切開口も治癒して腫れも引き、ぱっと見ではほとんど目立たない状態に。そして徐々に他の部分となじんでいきます。人目にわかってしまう心配は、まずないのではと思います。

術後、どれくらいで普段の生活に戻れますか?

谷 奈保紀 医師

シャワーは創部が濡れなければ手術当日からもできますので、日常生活に大きな支障はないと思います。但し、術後は1~2週間ほど腫れが出る可能性があるので、この間はアルコールや激しい運動、長湯などはできるだけ控えたほうが術後の経過がよくなります。また、術後約7~14日ほどで行う抜糸が終了するまでは、ブラジャーをソフトなものにするなど、乳頭周辺を圧迫しすぎないようご注意ください。

陥没乳頭施術と同時に乳輪縮小や乳頭縮小は可能ですか?

奥田 裕章 医師

陥没乳頭施術と乳輪縮小または乳頭縮小は、同時に行えることが可能なケースと、行うことができない場合があります。その方の乳頭や乳輪の状態によって、2回に分けなければできない場合があるのです。診察で医師がしっかりと判断して適切な方法をご提示いたします。ご希望を十分にお伝えのうえ、じっくりとご相談ください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大