特徴


CO2レーザー施術風景

CO2レーザー・切除縫縮手術の特徴

メイクでは隠しきれず、鏡を見るたび「これさえなければ」と気になっているほくろ・イボ・あざ。通常1cm以下の小さなものはCO2レーザーで、たった5分ほどの痛みも少ない治療できれいに除去できます。それ以上の大きなほくろやイボでも、メスで切除して縫い縮めることで、きれいに切除可能。また、あざは色素の状態に合わせて照射できるQスイッチレーザーで、簡単に治療することができます。


CO2レーザーに使用する機器

■施術風景、解説動画

施術する部位、レーザーと切除を選ぶポイントなどを、動画で解説します。

切除縫縮の場合

ほくろをしわに沿って切開し、細い糸で縫い合わせます。抜糸すれば、しわに沿った目立たない一本の傷になります。

CO2レーザーの場合

【施術】CO2レーザーを患部に照射 【施術直後】ほくろが除去され、患部はややくぼんだ状態 【数週間~数ヶ月】数週間から数ヶ月かけて肉が盛り上がり、収縮すると傷跡は目立たなくなります

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 細かなほくろやイボが気になる
  • 大きなほくろやイボで悩んでいる
  • 色の濃いあざをなんとかしたい
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■CO2レーザーで脂漏性角化症を除去
日下志厳医師からのコメント
施術前
皮膚のできものには悪性と良性のものがあるので、医師が診察してから除去するのが安全。今回の施術では、しみの盛り上がり(脂漏性角化症部分)をレーザーで削りました。
3週間後
レーザーで削った部分がまだ赤く、うっすらと跡になっています。全体から見るとそれほど目立つ跡ではなく、自然に赤みは引いていきます。
3ヶ月後
赤みがすっかりおさまり、施術のあとが残ることもなくきれいに仕上がりました。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約5分程度(レーザー治療の場合)
術後の通院 なし
術後の腫れ なし
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔と局所麻酔併用
■術後の洗顔について

黒子をCO2レーザーで除去した後の洗顔は、治療当日から可能です。治療直後は、黒子のあった部位は少し窪んでいて、ジュクジュクした生傷の状態になっています。特に最初の1週間くらいは、黒子のあった部位はあまり擦らないように洗ってください。
治療当日から洗顔フォーム、洗顔料、石鹸を使って洗顔していただいてかまいませんが、しばらく黒子のあった部位は窪んでいるので、洗い終わった後、窪んでいるところに洗顔料などが溜まって残らないように、しっかりすすいでください。

■術後のメイク・お化粧について

黒子をCO2レーザーで除去した直後は、黒子のあった部位は窪んでいて、ジュクジュクした生傷の状態になっています。元の黒子の大きさ、深さにもよりますが、3~7日くらいするとジュクジュクしていたところにかさぶたができて、乾いた状態になります。乾いた状態になれば黒子のあった部位にファンデーションを塗ったり、メイクしていただいても大丈夫です。
メイクした後、洗顔する際は、黒子のあった部位にファンデーション等が残らないようにしっかりとすすいで洗い流してください。かさぶたが張るまでのジュクジュクしている間に、どうしてもメイクしたい場合は、黒子のあった部位を避けてメイクしていただいても大丈夫です。
黒子のあった部位もメイクしたい場合は、黒子あった部位に専用のテープを貼って、その上からメイクすることができます。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須敬子医師

最近はエステなどでもほくろの切除を行っていますが、ほくろには悪性と良性のものがあるので、やはり医師が診察してから取るのが安心。美容整形の医師は仕上がりの美しさにとてもこだわるので、傷跡をできるだけ残さずきれいに切除することができます。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大