症例写真

顔の脂肪を注射で溶かした後、ウルセラを行い、頬のたるみを引き締めた20代女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者で、以前に顔の余分な皮下脂肪に対して、メソシェイプフェイス(顔専用脂肪溶解注射)で溶かし、小顔になった方です。
余分な脂肪がなくなってすっきりしたのですが、年齢相応に顔がたるんでいるため、今度はたるみを改善させたいというご要望でした。
特に、こめかみ~頬~フェイスライン~顎下の二重顎の部分にたるみがあり、この部分の皮膚、皮下脂肪~筋膜を引き締める必要があったため、ウルセラを行いました。
施術後は、たるんでいた顔が全体的に引き締まり、すっきりした印象の顔になりました。
また、たるみ改善による若返り効果、アンチエイジング効果に加え、小顔効果もあり、患者様には大変満足していただきました。
小顔にするためには、顔の余分な皮下脂肪をとるだけではなく、たるんでいる組織を引き締めることも行うのが理想です。
余分な皮下脂肪をメソシェイプフェイスで除去するだけでももちろん効果はありますが、ウルセラやイタリアンリフトなどでたるみを引き締めると、より一層の効果があります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大