症例写真

20代男性にウルセラを行い、顔のたるみを引き締めた症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター
Before After(3ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、顔のたるみの引き締めを希望されていました。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔全体が老化しており、こめかみ~頬~フェイスラインにかけてたるんでいました。
また、肌も年齢相応に張りがなくなっていました。
たるみを改善させる若返り治療には、ウルセラやサーマクールなどの照射引き締め系治療、イタリアンリフトやイタリアンリフトファインなどの糸のリフトアップ治療、ミニリフトやフルフェイスリフトなどの切開するリフトアップ手術などがあります。
この患者様に関しては、切る治療をするほど大きなたるみはなく、また、肌の引き締めにターゲットを向けたいこともあり、照射引き締め系治療の中で最もリフトアップ効果が大きいウルセラをすることになりました。
特にたるみが目立つ、こめかみ~頬~フェイスラインにかけて重点的に照射しました。
治療後は、顔全体の皮膚が引き締まり、たるみもリフトアップされ、キリッと締まりのある顔になりました。
サーマクール、ポラリス、イタリアンリフト、イタリアンリフトファインなどを行うと、また違った効果が相乗効果を出し、更に引き締めることもできます。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大