特徴

鼻のシリコンプロテーゼ抜き(除去)の特徴

鼻を高くしたい、形よくしたい。そう願って手術をしたけれど、仕上がりが気に入らなかったという場合があります。また時間が経ってから違和感を覚えたり、不安を感じるようになるという場合もあります。

鼻プロテーゼを抜く手術は、入れる手術に比べるととてもシンプル。手術時間も術後の腫れも少なくてすみます。

鼻の穴の中を数ミリ切開して引き出すので、手術跡が人目に触れることもありません。


鼻の中を切開するので傷跡は目立ちません

【ここがポイント!】

入れる手術に比べて短時間で終了
・数分から長くても15分程度で終了します。
但し、手術時間は入れていた期間とタイプで変わる
・一般に、プロテーゼを入れていた期間が短いほど早く抜くことができ、入れていた期間が長いほど時間がかかることが多くなります。
・シリコンプロテーゼにはI型とL型がありますが、L型のほうが抜くのに時間がかかることが多くなります。
術後の腫れやダウンタイムも入れるより軽い
・個人差はありますが、大きな腫れは1~3日程度です。
L型を入れて不安のある方へ
・当院では鼻に負担の少ない自然な仕上がりのI型シリコンプロテーゼを採用していますが、他院でL型を入れた方は、「鼻先の皮膚が薄くなって、皮膚を突き破って出てきそう」と不安を抱えている場合があります。気になっているなら、なるべく早く抜き取ってスッキリさせましょう。

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 高さや形が気に入っていない
  • プロテーゼが飛び出しそうで不安
  • なんとなく罪悪感が出てきた
  • 大切な人にとってほしいと言われた

ページトップへ戻る

症例のご紹介

■鼻のシリコンプロテーゼ抜き(除去) 隆鼻注射(ヒアルロン酸注射)も施行


(1週間後)

高須幹弥医師からのコメント
50代女性の患者様で、約20年前に他院で鼻にL型シリコンプロテーゼを入れていました。
数日前から鼻先の皮膚を突き破ってプロテーゼが飛び出ている状態であったらしく、来院時には破れた皮膚の奥からは膿が出て、悪臭を放っていました。
このまま放置すると、どんどん破れた皮膚の穴は拡がって、感染がひどくなっていくので、緊急手術でプロテーゼを抜くことになりました。
手術は局所麻酔を行い、鼻の穴の中を切開し、プロテーゼを抜きました。
プロテーゼを抜いたため、鼻根部から鼻背にかけて低くなり、また、鼻先皮膚の穴の空いた部分は塞がりはしましたが、拘縮して、鼻先が上に上がってしまいました。
プロテーゼ抜いて2ヶ月後、患者様の希望で、ヒアルロン酸を注射しています。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 2~15分
術後の腫れ 大きな腫れは1~3日
術後の通院 1回
抜糸 手術日から1週間後
※溶ける糸を使用した場合は不要
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
その他 I型シリコンプロテーゼよりも
L型シリコンプロテーゼのほうが
抜くのに時間がかかることが多い
■術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点

鼻の周囲(特に手術部位)は、1ヶ月マッサージしないようにしてください。
鼻の周囲以外の、頬、顎、フェイスラインなどの部位は、手術当日からしていただいても大丈夫です。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

鼻のシリコンプロテーゼを抜きたいと希望される方の理由は人それぞれ。若い方の場合は「新しい彼氏に、素の顔が見てみたいと言われた」とか、ご高齢の方が「棺桶に入る前に抜いてしまわないとご先祖様に顔向けできない」というようなケースもありました。入れてからの期間が短いほど抜くのは簡単ですが、年月が経っていても入れるときほどの負担はありません。丁寧な手術で経過もしっかりサポートさせていただきますので、入れていた期間や取りたい理由に関わらず、お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大