ボディの施術について

ヒアルロン酸豊胸の後マンモグラフィー乳癌検診を受けて、ヒアルロン酸が流れたりすることはあるのか?

マンマリーヒアル(高須クリニックのヒアルロン酸豊胸)希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「バストにヒアルロン酸を注射した後、乳癌検診のマンモグラフィーを受けると、ヒアルロン酸が流れたり、変形したりしませんか?」「マンマリーヒアルをした後、マンモグラフィーを受けると、ヒアルロン酸の位置が移動したりすることはありませんか?」などのご質問をいただきます。

私の答えは、「高須クリニックのマンマリーヒアルは、マンモグラフィーを受けても、ヒアルロン酸が流れたり変形したり、位置が移動したりすることはないので、心配ありません」です。

マンマリーヒアルをバストに注入すると、2~3日程度で、注入した位置に定着するため、バストを揉んだり、動かしても、ヒアルロン酸が流れたり、変形したり、位置が移動することはありません

乳癌検診で行うマンモグラフィーは、バストを2枚の板で強い圧力をかけて縦に挟み、レントゲン撮影するX線検査です。マンモグラフィーの強い圧力がかかっても、注入したヒアルロン酸が流れたり、変形したり、位置が移動したりすることはありません。マンモグラフィーによる乳癌検診は、マンマリーヒアル注入後、1ヶ月も経てば、受けていただいて大丈夫です

他の施術との比較

  豊胸手術
(プロテーゼ挿入)
(マルチプルインジェクション法)・脂肪注入 プチ豊胸術
(マンマリーヒアル®
マンモグラフィ検査 △※プロテーゼが挿入されていると行わない施設が多い
効果の持続 半永久 生着した脂肪は半永久に残る 約3年
感触 自然 自然 自然
術後の痛み ++ (強い筋肉痛の様な痛み) + (軽度の痛み) ほとんどない
術後の通院 1~4回程度 1回 なし
大きさ 1~5cupのサイズup可 (取る脂肪によって、限界がある) 0.5~2cup 0.5~2cup程度
値段 ¥1,000,000 ¥300,000
(脂肪吸引を除く)
10cc ¥70,000
30cc×2で0.5cup程度アップ
安全性 高い 高い 高い
麻酔 全身麻酔と局所麻酔併用 全身麻酔or局所麻酔 クリーム+局所麻酔
施術時間 40~60分 1~2時間 約10分
術後の腫れ 1~2週間(個人差あり) 1~2週間(個人差あり) 極くわずか
1日でほとんど引きます。
入院の必要性 なし なし なし

症例写真
■マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術) 左右30CCずつ


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大