ボディの施術について

シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術後のバストバンド固定は、何のためにどれくらいの期間するのか?

シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術の術後は、一定期間、固定のためのバストバンドをしていただきます
これは、手術後に、挿入したシリコンバッグプロテーゼが正しい位置におさまるように固定するのが目的です。豊胸手術は通常、わきの下のしわに沿って数cm切開し、患者様の体形に合わせて、乳腺下or大胸筋下or筋膜下を剥離し、シリコンバッグプロテーゼを挿入します。
シリコンバッグプロテーゼを挿入するために、傷口からシリコンバッグプロテーゼを入れる位置まで広い範囲を剥離するため、手術後に、シリコンバッグプロテーゼがずれないように、一定期間固定する必要があります。私の手術に関しては、手術した日を入れて3日間、バストバンドは外さないで固定し続けていただきます
3日経つと、シリコンバッグプロテーゼが挿入された周り以外の剥離された部分はある程度癒着してくっついて、短時間ならバストバンドを外しても大丈夫になるため、シャワーを浴びるときだけバストバンドを外していただき、それ以外のときはバストバンドを着けていただくようにします。

また、術後のバストバンドは、腫れや内出血を抑える効果もあります(手術後1週間経過した後にバストバンドを装着しても、腫れや内出血を抑える効果はありません)。
シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術の後は、看護師がバストバンドの使用方法を詳しく説明させていただくので、指示通りご使用詳ください。

症例写真
■豊胸手術と乳頭縮小手術を同時に行い、バランスのとれた自然な美乳を作った症例写真


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)


(2ヶ月後)

■シリコンバッグプロテーゼに豊胸手術で、Bカップ弱からEカップまで大きくなった20代女性の症例写真


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大