ボディの施術について

バストの脂肪注入豊胸をすると、しこりができて乳癌と間違えられることはあるのか?

バストの脂肪注入豊胸希望の患者様のカウンセリングをしていると稀に、

バストの脂肪注入をすると、しこりができて、乳癌と間違えられることがあるってネットに書いてあったんですが、本当ですか?

バストの脂肪注入をすると、乳癌ができやすくなるって人に聞いたんですが本当ですか?

などのご質問をいただきます。

まず、バストの脂肪注入豊胸をして、乳癌ができやすくなることは絶対にありません

脂肪注入豊胸は、お腹回りや太もも、お尻などの余分な皮下脂肪を吸引し、バストに注入するものです。

自分の脂肪細胞を移動させるだけであり、一切異物は残りません

乳癌になりやすくなることはありえないし、世界中にそのような報告もないので、一切心配する必要はありません。

脂肪注入をすると、しこりができて、乳癌と間違えられることがあるのか?」というご質問に関しては、まず、手術の上手な医者が正しい脂肪注入豊胸をした場合は、一切心配はありません

バストの脂肪注入豊胸は、良質な濃縮脂肪を細かく丁寧に無理しない範囲内の量を注入した場合は、しこりができることはまずありません。

そのため、手術の上手なベテランの医者が、無理しない範囲内の量で正しい脂肪注入豊胸を丁寧に行えば、しこり自体ができないので心配ありません。

ただし、手術の下手な医者、未熟な医者がいい加減な脂肪注入豊胸をした場合や、元のバストのキャパシティーに合わない必要以上の大量の脂肪を注入した場合などは、脂肪細胞が上手く生着することができず、しこりができてしまうことがあります

その場合、手術を受けた人が自分の胸を触るとしこりが触れるので、乳癌のしこりがあるような錯覚になり、不安になるかもしれません。

性行為のときに、相手の男性に胸を揉まれたときに、「しこりがあるけど、ひょっとしたら乳癌なんじゃない?」などと言われたら余計に不安になってしまうでしょう。

そのような場合は、乳癌検診を受けるか、乳腺科を受診すれば、マンモグラフィーや超音波などの検査を受けることにより、乳癌を否定してもらうことができる可能性が高いです。

いずれにせよ、一番大切なのは、最初からバストにしこりが残らないように、無理して大量に脂肪を注入しないように、丁寧で正しい脂肪注入をすることです。

高須クリニックでは、手術経験の豊富なベテランの医者が正しい手術を丁寧に行わさせていただきますので、ご安心ください。

症例写真
■授乳して萎んで垂れたバストに200ccずつ脂肪注入した症例写真

Before After
Before After
Before After

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大