顔の施術について

既に鼻にシリコンプロテーゼが入っている人が鼻先の耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることはできるのか?

よくメールの問い合わせなどで、「今、鼻にシリコンプロテーゼが入ってるんですが、鼻先に耳介軟骨移植をしたり、鼻尖形成をすることはできますか?」と御質問いただきます。

私の答えは、「高須クリニックでI型プロテーゼを入れた方は、ほとんどの場合、耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができます」「他院でI型プロテーゼを入れた方は、耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができる可能性が高いですが、稀にできないことがあります」「他院でL型プロテーゼを入れた方は、プロテーゼを入れたままでは、耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができない可能性が高い」です。

高須クリニックでI型シリコンプロテーゼを入れた方は、まずプロテーゼは鼻先まで入っていないので、鼻先の耳介軟骨移植や鼻尖形成をする場合にシリコンプロテーゼが邪魔になる可能性は低く、ほとんどの場合、問題なく耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができます。ただし、鼻尖形成に関しては、プロテーゼの形や入れ方により、プロテーゼが入っている部位と鼻尖の細くしたい部位が重なって、鼻尖形成をすることが難しいことが非常に稀にあります。

他院でI型プロテーゼを入れた方も、ほとんどの場合は問題なく耳介軟骨移植や鼻尖形成をすることができます。ただし、稀にI型プロテーゼが鼻先まで入っている場合やバード型プロテーゼが入っている場合があり、プロテーゼが邪魔になって、耳介軟骨移植や鼻尖形成ができないことがあります。

他院でL型プロテーゼを入れた方に関しては、耳介軟骨移植や鼻尖形成ができないことが多いです。L型プロテーゼは鼻先から鼻柱にかけて入っているため、鼻尖形成や耳介軟骨移植する部位と重なっており、プロテーゼが邪魔になるからです。本来、L型プロテーゼは鼻全体を高くし、鼻先を出すためのものですが、L型プロテーゼを入れた人のほとんどは鼻先が上に向いてしまい、正面から見て鼻の穴が丸見えになっています。

そのような方は、L型プロテーゼをI型プロテーゼに入れ替えるのと同時あるいは入れ替えして1ヶ月以上あけて鼻先に耳介軟骨移植をすると、鼻先が下がり、バランスのとれた美しい鼻になることが多いです。L型プロテーゼが入っている人が、鼻尖形成をして鼻先を細くしたい場合は、L型プロテーゼをI型プロテーゼに入れ替えるのと同時あるいは入れ替えして1ヶ月以上あけて鼻尖形成をすることができます。

しかし、そもそもL型プロテーゼが鼻に入っていること自体、鼻先が上がってきたり、鼻先の皮膚が薄くなったり、鼻先からプロテーゼが飛び出るなどのリスクが高いため、そのような症状がでる前に、L型プロテーゼを抜くか、I型プロテーゼに入れ替えるか、L型プロテーゼを抜いてヒアルロン酸を注射することをおすすめします

症例写真
■鼻尖形成(だんご鼻修正) 隆鼻術(シリコンプロテーゼ)も施行


■他院で入れたL型プロテーゼをI型プロテーゼへ入れ替え 耳介軟骨移植(鼻先を出す)も施行


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大