顔の施術について

二重まぶた全切開法は目頭から目尻側まで長く切開すれば端から端まで綺麗に二重のラインがでるのか?

二重まぶた切開法希望の患者様のカウンセリングをしているとよく、「平行型二重にしたいのですが、目頭側や目尻側が途中で途切れるような二重は嫌で、目頭側から目尻側までしっかりと二重のラインがでるようにしたいので、目頭側から目尻側までしっかりと切開してください」と御要望いただきます。また、他院で二重まぶた切開法を受けた患者様が修正目的で私のカウンセリングにいらしたときに、「ちゃんと目頭側から目尻側まで長く切開されていないので、目を開けたときの二重のラインが途中で途切れてしまっているんです。ちゃんと目頭側から目尻側まで長く切開して、端から端まで二重のラインがでるようにしてください。」と御要望いただきます。

二重まぶた切開法は切開した線が二重のラインになるから、目頭側から目尻側まで長く切開すれば、目を開けた状態で、目頭側や目尻側が途中で途切れるような二重にならず、目頭側から目尻側までしっかりと二重のラインがでると思っている方がときどきいらっしゃいます。確かに、長く切開するほうが目を開けたときに二重のラインが端から端までしっかりとでやすいという場合はありますが、実際にはケースバイケースであり、一概にいえることではありません。元のまぶた厚み、開き具合、まぶたの窪み具合、作る二重の幅によっては、目頭側から目尻側までしっかりと長く切開しても、目を開けたときの目頭側や目尻側の二重のラインが途中で途切れてしまうことはあります。

まぶたが厚い人はラインが途中で途切れやすい

元のまぶたが厚い人は、切開して二重を作っても、厚いことによってまぶたの皮膚が折れ曲がりにくいため、二重のラインが途中で途切れやすい傾向にあります。眼窩内脂肪やROOFを切除してまぶたを薄くしても、皮膚そのものが厚い人は、元々薄い人ほどは薄くならないです。また、まぶたは上(眉毛側)にいけばいくほど厚くなるため、幅を広げれば広げるほど、上のほうの厚い皮膚が折れ曲がる二重になり、目を開けたときの二重のラインが途中で途切れやすくなります。そのため、まぶたが厚くて蒙古襞が張っているような典型的な日本人顔の人が平行型二重を望んでいる場合は、蒙古襞を乗り越えて幅の広い二重を作らないとならないため、必然的に目を開けたときの二重のラインが途中で途切れやすくなってしまいます。そのような人が途中で途切れない二重を望む場合は、平行型二重は諦めて、幅を狭くして末広型にするほうが無難で、その人に合った自然な二重になります。

まぶたの開きが悪いとラインが途中で途切れやすい

目ヂカラがなく、まぶたの開きが悪い人は、切開しても二重のラインが途中で途切れやすい傾向にあります。そのような人は眼瞼下垂手術を行い、まぶたの開きを良くすると、まぶたの皮膚がしっかりと折れ曲がるため、ラインが端から端までしっかりとでやすくなります。

まぶたが窪んでいる人はラインが途中で途切れやすい

まぶたが窪んでいる人は、切開して二重のラインを作っても、ラインの上に被さるまぶたのボリュームがないため、二重のラインが途中で途切れやすいです。そのような人は、ヒアルロン酸を注入してまぶたのボリュームをだすと、二重のラインが端から端までしっかりとでやすくなります。

二重の幅を広くするとラインが途中で途切れやすくなる

二重の幅を広くすると、まぶたを開けたときに、開く力が二重のラインに伝わりにくくなるため、目を開けたときの二重のラインが途中で途切れやすくなる傾向があります。また、まぶたは上(眉毛側)にいけばいくほど厚くなるため、幅を広げれば広げるほど、上のほうの厚い皮膚が折れ曲がる二重になり、開く力が伝わりにくくなるため、目を開けたときの二重のラインが途中で途切れやすくなります。このような理由から、二重の幅を広げれば広げるほど、目を開けたときの二重のラインが途中で途切れやすくなることが多いので、二重のラインが途中で途切れるのは嫌で、目頭側から目尻側までしっかりとラインがでることを希望する人は、極力幅を狭くするほうが良いことが多いです。ときどき、「二重の幅を広くして、尚且つ、目頭側から目尻側までしっかりとラインがでるようにしてください」と御要望される方がいらっしゃいますが、物理的に不可能である場合が多いので、どちらかを妥協していただく必要があります。理想の二重を頭に思い描き、手術すればその通りの二重になれると思い込んで、大きな期待をもって、自分のなりたい二重を御要望される方もいらっしゃいますが、美容整形は魔法ではなく、結果は極めて現実的なものなので、自分の理想が全て叶えられるわけではないのです。

二重のラインが途中で途切れてしまうのが予想されるのに、無理して切開線をのばすとどうなるのか?

様々な要因から、患者様の希望されるラインで切開すると二重のラインが途中で途切れることが予想されるのに、「目頭側や目尻側が途中で途切れるような二重は嫌で、目頭側から目尻側までしっかりと二重のラインがでるようにしたいので、目頭側から目尻側までしっかりと切開してください」と御要望される場合に、患者様の希望通りに切開線をのばすとどうなるのでしょうか?結果はやはり切開線をのばしても、目を開けた状態で二重のラインは途切れてしまうので、二重のラインがないのに傷だけがあるという非常に悲しい状態になってしまいます。そのため私は、しっかりと皮膚が折れ曲がらず、はっきりと二重のラインが出にくいと予想されるデザインの場合は、全切開法でも、目頭側から目尻側まで長く切開しないことがあります。そうしないと、目を開けた状態で切開線が二重のラインからはみ出たような不自然な二重になってしまうからです。

症例写真
■二重まぶた・全切開法

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大