顔の施術について

健康保険で眼瞼下垂の手術を受けた方の修正手術について

最近、よその一般病院や眼科の開業医などで眼瞼下垂の手術を受けて、仕上がりが気に入らないので修正希望で当院に来院される患者様が多いです。
本来、健康保険で行う医療行為というのは、病気で苦しんでいる人のために、個人、企業がみんなで大事に積み立てたお金や税金を使って行うものです。
そのため、健康保険で行う眼瞼下垂の手術は、生まれつきまぶたが開かなくて不自由な先天性眼瞼下垂の方や、老化によってまぶたが開かなくなってしまって困っている老人性眼瞼下垂の人などに行うもので、いわば、まぶたが開かなくて困っている状態の人を正常な状態に近づけて助けてあげるためのものです。

しかし、当院に来院される患者様の多くは、元々、重度の眼瞼下垂はなく、年齢相応の目だったけど、単に若々しいぱっちりとした二重になりたくて、健康保険で眼瞼下垂の手術を受けた方です。
健康保険で行う眼瞼下垂手術は、あくまで病気の人に行うことが前提で、手術を行う医者も美容を専門としている医者ではないので、綺麗で自然な二重にするとか、左右対称にするとか、傷を綺麗に仕上げるという事まで保証してくれず、開かなくて困っている目の人が開くようになれば手術は成功なのです。

当院で行っている眼瞼下垂は美容目的で行う手術なので、自然で綺麗に仕上げることや、傷を可能な限り目立たなくすることも前提で手術します
そのため綺麗になりたい、若く見られたいという目的で手術希望の方は、当院で手術することをおすすめします。


高須クリニックで眼瞼下垂の手術の場合


通常の眼瞼下垂の手術の場合

もし、他院で健康保険の眼瞼下垂手術を受けて、仕上がりが不自然で気に入らなかったら、当院で修正の手術をしなくてはならず、二度手間になるし、最初の手術の仕上がりがあまりにも悪いと修正が難しくなることもあります。
そもそも、年齢相応のまぶたの人に、美容目的だと分かってて健康保険で眼瞼下垂の手術を勧める医者にも問題はあると思いますが、良心のある医者であれば、そのような手術はしないと思います。

日本の医療費を破綻させないためにも、美容目的で健康保険の手術をするのはやめましょうね。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)


(1ヶ月後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大