顔の施術について

理想的な目と目の間隔、比率は?目の横幅、縦幅は?黒目の大きさ、見える面積の割合は?

二重まぶた手術、目頭切開、目尻切開などの目元の手術希望の患者様のカウンセリングをしていると時々、「理想的な目と目の間隔は何cmですか?」「目の横幅と縦幅はそれぞれ何mmが理想なんですか?」「左右の目の横幅と目と目の間隔が1:1:1になるように目頭切開してください」などのご質問、ご要望をいただきます。

美しい顔の基準として、美容医学的に「美の黄金比率」というものがあります。これは、これに当てはまっている顔は美しいと、一般的にいわれている基準です。目に関しては、「顔の横幅は、目の横幅を基準に、目が横に5つ並ぶ幅が良い」というものがあります

要するに、顔を真っ正面から見たとき、顔の端(耳元の付け根)から目までの距離と、目の横幅と、目と目の間隔が、1:1:1:1:1になるのが理想ということです

また、一般的な美の黄金比率以外にも、昔からある日本の美容外科の教科書にも、日本人の目に関する計測値の平均値や、美しい基準というものがあります。

抜粋すると、

  • 〈目の縦幅〉
  • 普通人 5~8mm
    明ほう人(美人という意味らしいです) 10~12.5mm
  • 〈目の横幅〉
  • 普通人 2.3~2.8cm
    明ほう人 3~3.4cm
  • 〈黒目の出てる割合〉
  • 普通人 50~70%
    明ほう人 80%
  • 〈黒目の直径〉
  • 普通人 11mm
    明ほう人 12~13.6mm
  • 〈目の横幅に対する目と目の間隔〉
  • 普通人 1.3以上
    明ほう人 0.9~1.15

ちなみにこのデータは、1960年代に、形成外科の内田先生という方が投稿したものです。

内田先生は、目頭切開の内田法を提唱した、日本の形成外科、美容外科界のレジェンドのような先生です。目頭切開内田法は、蒙古襞をWの字に切開して、余分な皮膚を切除し、目頭をパックリと開く術式で、現在の日本でも多くの美容外科医が行っている方法です。

ちなみに、私に関しては、目頭切開をする場合、内田法で行うことはほとんどなく、主にZ法を用います。内田法で行うと、元の目とデザインによっては、西洋人のように目頭が丸く開いた形になることがあり、また、Wの字の傷跡は目立つことが多く、現代の若い男女にはあまり受けがよくないことがあるからです(むしろ、他院で内田法を受けて気に入っておらず、逆Z法で蒙古襞を作り、斜め下に尖った形に修正する手術をよくやってます)。

ここに書いてある普通人のデータは、ランダムに集めた女性の計測値だと思われます。
明ほう人のデータは、内田先生が明ほう人だと思った女性の計測値なのだと思われます。
顔の流行りは、時代によって微妙に様変わりするため、1960年代のデータが参考になるのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、現代の基準としても、データとしては、おおかた合っていると思います。
このデータの特徴を挙げると、明ほう人は普通人に比べ、全般的に目が大きいということがいえます。一般的に、顔の面積に対する目の面積が大きいほうが愛らしい印象を与えるため、このデータには一理あると思います。
また、目があまりにも大きすぎるのは違和感を感じる顔であるため、明ほう人の目の横幅3~3.4cmのように、上限もあるのだと思います。
医学の世界は、最初に偉い重鎮の先生がこのようなデータを提唱すると、それが教科書に書かれ、その後何十年間も掲載され続けるということがあります。

しかし、大事なのは、美容整形手術をする際に、このようなデータの数字にあまりにとらわれ過ぎて、数字の通りに手術しようとするのは大変危険だということです。例えば、明ほう人の目の横幅が3~3.4cmであるなら、それを黄金比率に当てはめると、理想的な目と目の間隔は3~3.4cmということになります。しかし、目と目の間隔が3.5cm以上ある人に対して目頭切開を行い、3~3.4cmにした場合、手術前より美人になる人と、手術前よりおかしな顔になる人がいます。
何故なら、顔の大きさは、人によって倍以上の面積の差があるからです。元の顔が小さい人は、目と目の間隔が2.8cmが最もバランスの良い美人であることがあり、元の顔が大きい人は、3.5cmが最もバランスが良いこともあります。
また、蒙古襞が発達して張っていることにより、目と目の間隔が広い人は、目頭切開をして、目の横幅と目と目の間隔の比率が1:1:1になると、バランスの良い整った顔になることが多いです。
しかし、蒙古襞は発達していないのに、骨格的に眼窩間の距離が離れていることにより、眼球が外側気味についていて、目と目の間隔が広い人に対して、目頭切開を行い、目の横幅と目と目の間隔の比率を1:1:1にしてしまうと、目頭側の赤い粘膜(涙丘)が丸見えになってキツい印象になる上に、黒目が外側に向いたような外斜視(ロンパリ)の目になってしまいます。
そういったこともあり、数字にとらわれ過ぎて、数字の通りに手術しようとするのは大変危険です。

人それぞれに、その人の元の顔、身体によって、最も良くなるバランスというものが必ずあるので、どんな手術をする際でも、美的センスがあって、手術の上手な医者としっかりとカウンセリングをし、コンピューターシミュレーションなどで納得してから手術を受けることが大事です

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大