その他の施術について

リストカットや根性焼き痕の治療について

高須クリニックには、リストカット痕や根性焼き痕の治療目的で来院される方が大勢いらっしゃいます。ときどき、現代の最新の医療技術だったら、完全に傷痕を消して元通りの皮膚に戻せると思っている方がいらっしゃいますが、それは不可能です。人間の皮膚というのは、一度はっきりとした傷をつけてしまうと、治療により多少傷を目立たなくすることはできても、完全に消して元通りにすることはできないのです。

ではどういう治療をするのかというと、目的としては、現在の傷痕を別の形の傷痕に作り変えるというものです。具体的にいうと、まず、切除して一本の傷に出来るくらいの幅の狭い痕の場合は、細い一本の傷にしてガラスで切って怪我をしたような傷痕にします。また、切除して縫えないくらいの幅の広い痕の場合は、CO2レーザーで面で焼いてしまって熱湯がかかって火傷したような痕にします。

【切除縫合】1本の傷に変える ・皮膚を切除して縫い合わせることで、ガラスで切ったような傷跡に。 ・手術時間は、20~30分程度。1週間後に抜糸をして終了。

症例写真
■切除縫合した場合


【アブレーション】広範囲の場合は面で治療 ・切除縫合では対応できない広範囲の場合は、専用の機器で皮膚表面を細かく剥離。 ・仕上がりは、熱湯をかぶってできた火傷のような傷跡に。 ・手術時間は範囲にもよるが、60分未満であることが多い。 ・術後しばらくは赤く盛り上がっているが、時間の経過とともに赤みが引いて平らになってくる。

症例写真
■アブレーションした場合


どちらの方法もなんらかの傷痕は残るわけで、切除して縫縮する場合は元の痕より目立たなくなることが多いのですが、CO2レーザーで焼く場合は傷痕としては元の痕と同じように目立ってしまうこともあります。

では何故このような治療をするのかというと、リストカット痕や根性焼き痕があると、社会に出て何かと不都合になったり、不利になることが多いからです。例えば、就職の面接のときにリストカット痕や根性焼き痕があると、それが原因で落とされてしまい、いい会社に就職できなかったり、就職できたとしても職場で後ろ指をさされて嫌な思いをすることがあります。しかし、ガラスで切ったような痕だったり、熱湯がかかったような火傷の痕だったらそれで通すことができるし、自分自身もそう思い込むことによって後ろめたい気持ちがなくなり自信が持てます。

それに傷痕というのは、年月が経てば経つほど目立たなくなっていくので、少しでも早い時期に治療をしておいた方が何年か経ったあとに、「あの時に治療しておいて良かった」と思えるのです。リストカット痕や根性焼き痕は何年たってもリストカット痕や根性焼き痕ですが、治療しておけば、別の痕として年々目立たなくなっていくのです。このような治療以外にも、フラクセル、パール、フラクショナルCO2レーザーなどを繰り返し照射することによって多少傷痕をぼかす治療もあるのですが、リストカット痕や根性焼き痕としてはっきりと残るので、あまり治療の意味がない場合が多いです。

高須クリニックでは、治療をする前にどの治療が最適であるのか詳しく説明させていただいてから治療させていただきます

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大