その他の施術について

多汗症にボトックス・ボツリヌストキシン注射をした後、注射してない部位の汗が増えることはありません。


手のひらボトックス・ボツリヌストキシン施術風景

ボトックス・ボツリヌストキシン注射は、主にシワ取りや小顔、ふくらはぎの美脚などに用いますが、多汗症患者様の汗の量を減らすのにも使用します。皮膚の浅い部位に注射すると、その部位の汗の量をかなり減らすことができます。ワキ、手のひら、足の裏、額などに用いることが多いですが、基本的に汗の多い部位にはどこでも注射することができます

多汗症患者様のカウンセリングをしているとよく、「例えば、ワキにボトックスを注射してワキの汗の量が減ると、そのぶん他の部位の汗の量が増えることはありますか?」と質問されます。

私の答えは、「心配しているようなことはまずないので大丈夫」です。

本来、汗の役割は、体温が上昇したときに発汗して、汗が気化するときに体の表面の熱を奪い、体温を下げるというものです。そのため、「一部分の汗の量が減れば、そのぶん他の部位の汗の量が増えるのでは?」と考える人がいるのだと思いますが、多汗症でボトックス・ボツリヌストキシンを注射する人は、ある部位だけ異常に汗の量が多い人なので、その部位に関しては、本来の体温調節目的以上に発汗しているのです。そのため、注射した部位の汗の量が減っても、他の部位の汗が増えることはなく、汗が減ったぶん体温調節が上手く働かず、体温が下がらないこともありません。

私が今まで治療した患者様に関しても、多汗症ボトックス・ボツリヌストキシン注射をして、他の部位の汗の量が増えた方は一人もいらっしゃいませんので、ご安心ください

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大