肌(美容皮膚科)の施術について

黒子のCO2レーザー治療って再発することあるんですか?


CO2レーザー施術風景

黒子の治療は、CO2レーザーによる治療と、メスで切除縫縮する方法があります。額やボディなどの大きい黒子の場合は切除縫縮することがあるのですが、その他のほとんどの黒子の場合はCO2レーザーで治療することが多いです。

切除縫縮する場合は確実に黒子を切除してしまえば、まず再発することはないのですが、CO2レーザーで治療する場合はごく稀に再発することがあります。正確にいえば、再発するのではなく、黒子の取り残しがあり、それが後から小さく現れるのです。

何故、取り残しが生じてしまうのかというと、CO2レーザーは、黒子を根っこまで焼いてしまう治療で、治療直後は黒子の大きさだけポッコリと穴があいており、数週間~数ヶ月かけて穴が縮んで平らになってゆき、目立たなくなっていくものです。

小さな穴だと、数ヶ月でほとんど跡形もなく消えてしまうのですが、大きな穴をつくってしまうと、数ヶ月経って治癒しても元々あった黒子の面積よりも一回り小さい水疱瘡の後の様なクレーター痕が残ります。もちろん、小さいクレーター痕が残っても、元々あった黒子よりも目立たない跡になるし、黒子というのは年々大きくなっていくものなので、治療することによって大きくなる心配がなくなるので治療する価値があるのです。大きな穴をレーザーであけてしまえば絶対に取り残しはないのですが、逆に痕が目立ってしまうのです。

そのため、なるべく痕が目立たないように小さな穴で治療するのですが、そうすると1/10くらいの確率でわずかな取り残しがあり、その場合は数ヶ月経って小さく黒くポツっと再発するのです。再発してしまった場合は、黒くポツっとしたところだけをCO2レーザーで焼くだけで済みます。

高須クリニックでは、万が一再発してしまった場合は診察料のみで再治療させていただきます。黒子のCO2レーザー治療で再発してしまうのは、少しでもきれいに治してあげたいという気持ちの現れなので、もし再発してしまったら面倒くさがらず再治療に来て下さいね。

症例写真
■CO2レーザーでほくろを除去


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大