にきびの基礎知識

ニキビは5段階で進行し、最終段階ではニキビ跡となっていきます。

にきびの段階

第1段階:正常な場合

第1段階は、ニキビ予備軍で毛穴周囲の角化異常の状態です。
毛穴の周りの角質が厚くなり、分泌過剰となった皮脂と古い角質が混ざり合い、「コメド(面皰)」と呼ばれる「角栓」を形成していきます。このコメドが毛穴を詰まらせてニキビとなります。

第2段階:白ニキビ、黒ニキビ

第2段階は、毛穴にコメドが詰まり皮脂が貯まった状態です。
市販の化粧品に「ノンコメドジェニック」と書かれていたら、“コメドができにくい処理方法をとっている化粧品”ということになります。
この段階には、毛穴が閉じて皮脂が白くポツポツともり上がって見える白ニキビ(閉鎖面皰)と、毛穴が開いて黒くポツポツと見える黒ニキビ(開鎖面皰)があります。
まだ炎症は起きてはいませんので、洗顔や日常生活の改善など、この段階での早目のケアが勝負となります。

第3段階:赤ニキビ

第3段階は「アクネ菌による炎症」で、白ニキビや黒ニキビが悪化した状態です。皮脂が大好物のアクネ菌が異常増殖して炎症を起こし、赤ニキビと呼ばれる炎症ニキビを作ります。

第4段階:膿ニキビ

第4段階は「ブドウ球菌による炎症」で、赤ニキビがさらに悪化し、アクネ菌だけでなくブドウ球菌による炎症が加わり、大きく腫れて膿んだ状態で「膿疱(のうほう)」と呼ばれます。腫れて熱を帯び膿があるため、腫れの中心が白く見えます。ここで潰してしまうとニキビ跡になりますので、絶対に潰さないこと。やがて、「膿疱」から「膿腫(のうしゅ)」に変わり、固くしこりのようなニキビになります。触れると痛みが生じ、ここまでくると治療にもかなりの時間がかかります。

第5段階:色素沈着、クレーター

第5段階は「ニキビ跡の形成」で、強い炎症が長く続くと、ニキビが治った後も色素沈着やクレーターなどのニキビ跡となります。

白ニキビについて

白ニキビは、古い角質が蓄積され毛穴が詰まり、出る場所のなくなった皮脂がスムーズに排泄されず、毛穴が徐々に大きくなって皮膚がふくらんでいる状態のニキビです。

「閉鎖面皰(へいさめんほう)」とも呼ばれ、毛穴のところにプクッと白く腫れたものがあり、つぶすと白いものが出てくることが多く、膿が白く透けて見えることから白ニキビと呼ばれています。毛穴のもり上がっているところが閉じているため、皮脂は空気に触れずにすむため、黒ニキビのように黒く酸化することがないので白く見えるわけです。

白ニキビは、ニキビの初期段階ですが、皮脂や角質が詰まって毛穴の入口が閉じた状態ですので、アクネ菌が繁殖し炎症を起こしやすく、やがて赤ニキビへと悪化します。また、白ニキビを潰すと毛穴が広がり、そこからまたアクネ菌が繁殖してしまいますので潰すのは厳禁。この段階での早目のケアが大切です。

白ニキビ対策のポイント

毛穴をいつもやわらかい状態で保ち、余分な皮脂を取り出すことがポイントとなります。毛穴の奥に貯まった皮脂の取り出し方には、熟練した技術が必要なので、自宅でできるセルフケアとしては、食生活も含めた生活習慣などを見直すことが大切です。また、洗顔の際には、その後の保湿もしっかりと行ってください。
生理前に白ニキビができやすいのは、主にホルモンバランスの崩れが原因となります。生理のときは、とくに睡眠をたっぷり取るようにしましょう。生理が終われば、ホルモンバランスも正常に戻り、白ニキビも改善されてきます。
白ニキビは、直径が1~3mm程度で、目で見てもわからないものも多く、知らないうちに悪化してしまうため、ニキビができやすい人は、定期的なチェックと日常生活の見直しが大切になります。

黒ニキビについて

白ニキビが別名「閉鎖面皰」と呼ばれるのに対して、黒ニキビは「開鎖面皰(かいさめんほう)」と呼ばれています。

白ニキビとは逆に、毛穴が開いてしまい、皮脂が空気に触れて酸化し、黒くなった状態のニキビです。また、黒く見える部分の皮脂にメラニン色素が集まってできたという説もあります。

よく毛穴の黒ずみが気になるといいますが、毛穴が黒いだけなら、単なる毛穴の汚れともいえます。しかし、最初に白ニキビができていたなら、白ニキビが変化して黒ニキビになり、黒ずんで見える可能性は高いでしょう。白ニキビと同様はやめのケアが大切です。

黒ニキビ対策のポイント

黒ニキビも白ニキビと同様、毛穴をやわらかく保ち、皮脂の分泌が正常に行われ、皮脂の質が悪くならないよう、食生活を含めた生活習慣の見直しが大切です。ただし、初期段階なので、洗顔など普段のケアで治すことも可能です。くれぐれも白ニキビ同様、黒ニキビを無理に潰すのはやめましょう。
毛穴の黒ずみを取り除くパックが人気になっていますが、これは一時的にさっぱりした気分になるだけのこと。パックでは黒ニキビを完全に取り除くことは難しいのです。かえって毛穴の周りの角質を剥ぎ取ることになり、この部分の皮膚がさらに厚くなり、皮脂の分泌も正常に行われなくなります。つまり、黒ずみを取るためのパックで、さらに黒ずみを作ってしまうということです。
毛穴の黒ずみが汚れではなくニキビなら、洗顔のときに黒ずんだ部分を一生懸命に押し出そうとすることで、逆にそれが刺激となり、皮膚が厚くなって黒ニキビが増えてしまう結果になりかねません。また、黒ずみを無理に取るとニキビ跡になったり、取った後に雑菌が入って化膿してしまうこともありますので、無理に取るのはおススメできません。

赤ニキビの特徴

思春期ニキビと違い、赤ニキビは顔全体に勢いよく広がることが多く、皮膚に「丘疹」と呼ばれる赤いブツブツが出て繁殖し、炎症が起きた状態をいいます。

加齢により肌のターンオーバー(肌サイクル)が乱れることで、今までは洗い流せていたホコリや余分な皮脂、ファンデーションなどの汚れや古い角質などが毛穴に詰まりやすくなるともいわれています。

白ニキビや黒ニキビのケアを怠ると、皮脂が大好物のアクネ菌や表皮ブドウ球菌などが、毛穴の中で繁殖し炎症を起こして悪化し赤ニキビとなります。いったん炎症が起きると、白血球がニキビ菌を攻撃するため、周囲の組織が傷害され、凹凸や赤み、色素沈着などのニキビ跡につながっていきます。さらに、この状態が進むと、赤みが増して大きくなり、膿をもってかなりの重症となります。このような状態を「化膿ニキビ」とも呼びます。

赤ニキビ対策のポイント

赤ニキビは清潔にし、手で触ったり刺激を与えないことが大切です。髪の毛も雑菌が多いので、ニキビに触れないように注意が必要です。赤ニキビは触れると熱を持っていたり、炎症を起こしているので、洗顔とスキンケア以外は触らないこと。
赤ニキビになってしまうと、肌がきれいに戻るかどうか微妙なところです。白ニキビ、黒ニキビの段階でいかに早く、適切に対応できるかが重要となります。
また、赤ニキビはストレスにも関係しています。ストレスを過剰に受けていると、男性ホルモンによく似た黄体ホルモンが分泌され、首やアゴなどにニキビができやすくなりますので、上手にストレス発散すること。赤ニキビになってしまうと、ケミカルピーリングやイオン導入など、美容外科の治療が有効ですが、白ニキビや黒ニキビの段階でケアすることが一番です。

大人ニキビについて

大人ニキビは、思春期ニキビと違い20歳以降に発生します。

季節に関係なく一年中できることが多く、治りにくくできやすいのも大人ニキビの特徴です。肌の質にはあまり関係なく、アゴや頬だけでなく、背中や胸、お尻、首、頭皮などに出ることもあります。

大人ニキビの原因は、思春期ニキビと違い多岐にわたっています。思春期のニキビと同様、皮脂の分泌が多いことに加え、食生活を含めた生活習慣の乱れやストレスなどが影響し、皮脂の質の変化や角質の衰えが原因となります。

大人ニキビ対策のポイント

まずは睡眠をとりましょう。
大人ニキビに悩む20~30代の患者様たちの平均睡眠時間は5時間程度だったので、6時間以上睡眠を取るようにアドバイスしたところ、多くの人にニキビの改善がみられたという調査結果もあります。
また、便秘も大人ニキビに関係してきます。肌によいとされるビタミンは、腸内細菌により合成されますが、便秘をすると腸内でビタミンが作られなくなってしまうため、ニキビができやすくなります。便秘解消には、朝食をきちんと摂りカラダを動かすことが大切です。くれぐれも水分の摂り過ぎは、腸を冷やし便秘が悪化しやすいので気をつけましょう。
また、思春期ニキビと違い、大人ニキビはメイク汚れがきちんと落ちていないことも要因となります。治りづらくできやすいので、日常生活の見直しがとても重要です。また、なかなか治らない場合は、皮膚科や美容外科で治療を受けることも大切です。くれぐれも自己流の判断で放っておけば悪化するだけですので気をつけましょう。
生理のときにニキビができやすいのは、男性ホルモンの影響が大きいものの、ストレスも原因の一つとなります。しかし、生理が終わればおさまりますので、あまりイライラして焦らずリラックスして過ごしましょう。

ニキビ跡について

肌に凹凸があるのは、女性のみならず男性でも気になるもの。ニキビ跡は、炎症性ニキビの最終段階となり、ニキビ跡として一生残ってしまうこともありますが、赤ニキビの段階で、適切なケアを行っておけば、ニキビ跡になる確率はかなり低く抑えることができます。ただし、第4段階の膿疱や膿腫になってしまうと、専門家の治療を受けなければきれいに治すことは難しくなります。

ニキビ跡は、皮脂が詰まって炎症を起こしもり上がっていた皮膚が、ニキビ跡になると凹んでしまいますが、その状態はニキビができる部位にもより違います。もり上がっていた皮膚が凹むのは、ニキビができたときに周りの皮膚細胞も一緒に破壊しているからだといわれています。

ニキビ跡には、肌の黒ずみだけでなく、赤みが残る「赤ら顔」や色素沈着などがあります。色素沈着には、メラニンとヘモグロビンが関係し、ニキビ跡に独特な紫がかった色素沈着があるときはヘモグロビンの仕業です。このヘモグロビンによる色素沈着がおさまってくると、今度はメラニンによる茶色っぽいシミのような色素沈着になります。さらに、皮膚が陥没するクレーターや、皮膚が隆起して硬くケロイドとなることもあり、一番厄介なのがクレーターだといわれています。

ニキビ跡を作らないためには

ニキビ跡を作らないためには、今できているニキビを治し、さらにニキビができなようにすることです。それには、食生活も含めた生活習慣を見直したり、正しい洗顔方法で洗いすぎないこともニキビ跡の予防となります。
ニキビを潰すと、真皮層の毛細血管が破れて出血してしまうので、ニキビ跡を「いずれ治るだろう」などと甘く見てはいけません。ニキビ跡を自分で治すのは難しいので、ピーリングやポラリスなどの美容整形が一番です。

高須の美容皮膚科

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックが、きめ細かなカウンセリングと確かな技術で応えます。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大