あご形成(シリコンプロテーゼ)

引っ込んだあごを前に出せば
理想の横顔バランスに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

顔が長く見えないように顎先をシャープに尖らせるように出した症例写真の術前術後画像

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、顎先を出してシャープに尖らせたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、特別顎が短い、顔が短いということはないのですが、顎先がやや四角い形をしており、かつ、やや引っ込んでいました。
患者様は、「顎が長くなったり、顔が長く見えないように顎先を出してシャープに尖らせたい」というご要望でしたので、シリコンプロテーゼで、なるべく下方向に長くならないように、斜め下方向気味に顎先を出すことになりました。
約7mmの厚みのシリコンプロテーゼを顎先がシャープに尖るようなデザインで細工し、口の中から骨膜下に留置しました。
術後は、正面から見て、少しだけ顎先が下に出るようになったため、術前に比べ、顎先がシャープに尖って見えるようになりました。
また、横から見て、引っ込んでいた顎先が前方に出たため、鼻先~口唇~顎先を結ぶEライン(エステティックライン)がほぼ一直線になり、バランスの良い横顔のフェイスラインになりました。
この患者様は、元々口元が出て、相対的に顎先が引っ込んでいたため、顎先が前方に出た分、口元が出ているのが目立たなくなりました。

術後の経過

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
顎先にシリコンプロテーゼを入れることになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔注射の影響などにより腫れていますが、必ず引くので心配ありません。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
だいぶ腫れは引いています。

1ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
大きな腫れはほとんど引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
完全に腫れは引きました。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る