隆鼻術(シリコンプロテーゼ)

きめ細やかな調整だからできる
パーフェクトな鼻筋

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

症例写真

鼻に3mmのシリコンプロテーゼを入れ、自然に鼻筋を通した症例写真

ビフォー・アフター

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、鼻を高くして、鼻筋を通したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、日本人の平均的な鼻をしており、鼻根部から鼻先の上にかけての部分がそれほど高くありませんでした。
この部分を高くするには、ヒアルロン酸注射かシリコンプロテーゼのどちらかをすることになります。
患者様は、「ヒアルロン酸だと、いつか吸収されてなくなってしまうので、効果が永久に持続する治療が良いです」ていうご要望だったので、シリコンプロテーゼを入れることになりました。
自然な範囲内で鼻筋を通したいということだったので、この患者様の鼻に合うように、3mmの厚みのI型シリコンプロテーゼを入れました。
術後は、自然な範囲内で程よく鼻筋が通り、患者様には大変満足していただきました。
この患者様の鼻の皮膚の厚みなどを考えれば(皮膚の厚みは平均くらいです)、3mmの厚みのI型シリコンプロテーゼであれば、歳をとって鼻の皮膚が薄くなってもまず問題ありません。
逆に、鼻の皮膚が薄い人などに、無理して、非常に厚みのあるI型プロテーゼや、鼻先まで入るプロテーゼや、L型プロテーゼをいれてしまうと、将来、歳をとって、皮膚が薄くなったときに(歳をとれば、必ず誰でも全身の皮膚は薄くなります)、プロテーゼの輪郭が浮き出て、不自然になり、入れ替えをしたり、抜いたりする必要がでてくることがあります。
高須クリニックでは、患者様の特別なご要望がない限り、その人の鼻に合った、無理のない最適なプロテーゼを選択させていただくため、将来、不自然になって、入れ替えする必要はまずありませんので、ご安心ください。

術後の経過

■術後の経過:正面

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
鼻根部から鼻先の上にかけて、3mmの厚みのシリコンプロテーゼを入れて、鼻を高くし、鼻筋を通すことになりました。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
麻酔の影響で強い腫れがあります。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
大きな腫れは引いています。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引きました。
自然に鼻筋が通りました。

■術後の経過:斜め

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。

■術後の経過:横

手術前

高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

1週間後

高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。

6ヶ月後

高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る