症例写真

こめかみリフトで顔の上半分の外側のたるみをリフトアップした症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

40代女性の患者様で、こめかみのリフトアップご希望で来院されました。
この患者様は数年前に私がミディアムリフトをしており、そのときは顔の下半分を中心にリフトアップしていて、その効果は十分に持続していました。
ミディアムリフトでもわずかにこめかみはリフトアップされるのですが、あくまで顔の下半分を中心にリフトアップさせるのが目的の手術であるため、効果が不十分でした。
今回は、こめかみや目尻のたるみをしっかりと外側上方にリフトアップしたいということでしたので、こめかみリフト手術をすることになりました。
局所麻酔下に、両側のこめかみの頭髪内を約6cmずつ皮膚切開し、浅側頭筋膜も切開し、側頭筋の固有筋膜を露出させました。
浅側頭筋膜と側頭筋の固有筋膜の間を、目尻まで指で鈍的に剥離した後、浅側頭筋膜同士を縫縮し、リフトアップしました。
皮膚の切除は行わず、皮膚を丁寧に縫合しました。
術後は、ほどよくこめかみや目尻のたるみが上がり、若々しい印象の顔になりました。
また、こめかみがリフトアップされることにより、頬のたるみも少しリフトアップされ、患者様には大変満足していただきました。
こめかみと頬は一枚の皮膚で繋がっているため、こめかみがリフトアップされると、つられて頬も少しリフトアップされます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
以前にミディアムリフトをして、顔の下半分のたるみを中心にリフトアップしています。
今回はこめかみリフトをして、顔の上半分を中心にリフトアップすることになりました。以前にミディアムリフトをして、顔の下半分のたるみを中心にリフトアップしています。
今回はこめかみリフトをして、顔の上半分を中心にリフトアップすることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、腫れの大部分は1~2日程度でほとんど引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
大きな腫れは引いています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
完全に腫れは引いています。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大