症例写真

お腹回りと二の腕から脂肪吸引し、バストに脂肪注入した30代前半女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代前半の女性患者様で、脂肪吸引とバストの脂肪注入希望で来院されました。
診察させていただいたところ、全体的にやや肥満気味で、お腹や二の腕にたくさん皮下脂肪がついていました。
バストにも皮下脂肪がついており、そこそこ大きなバストをしてらっしゃいました。
お腹や二の腕に比べ、太ももやお尻にはそれほどたくさんは皮下脂肪がついていませんでした。
全身麻酔下に、お腹回り全体(上腹部、下腹部、ウエスト、背中、腰)と二の腕から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
チュームセントを用いてウェットメソッドでマルチプルレイヤーで程よく脂肪吸引し、吸引脂肪から血小板やPRPなどの成長因子を残しながら余分なトリグリセライドや水分を濾過し、注入脂肪を作成しました。
注入脂肪は300cc作成することができたので、左右のバストに150ccずつマルチプルインジェクションでこまめに満遍なく脂肪注入しました。
術後は1.5カップ程度バストが大きくなり、二の腕とお腹回りが一回り細くなって、全体的にプロポーションが良くなりました。
この患者様のように、少し太っていて皮下脂肪がたくさんついており、元のバストも大きめの人は、脂肪注入豊胸をするのに大変向いています。
注入するための脂肪がたくさんあるし、注入するためのキャパシティもあり、生着率が高くなるからです。
逆に、痩せていて、たくさん脂肪吸引することができない人や、元のバストが小さくて脂肪注入するキャパシティが少ない人は、脂肪注入豊胸が向いていないことがあります。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
お腹回り全体(上腹部、下腹部、ウエスト、背中、腰)と二の腕から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。
内出血も見られますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
まだ内出血がありますが、あと1週間くらいでほとんど引くので心配ありません。
3週間後
3週間後です。
内出血はもうありません。
まだ全体的にわずかな腫れはあります。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。
バストは大きくなり、お腹回りと二の腕は細くなって、全体的にスタイルが良くなり、バランスのとれたプロポーションになりました。

■術後の経過:背面

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
3週間後
3週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大